『ドラゴンボール』『Dr.スランプ』編集者「マシリト」こと鳥嶋和彦氏と電ファミ編集長TAITAIの出会いをマンガで振り返る! 「最強ジャンプ」5月特大号に掲載へ、あの電ファミインタビューの“裏話”も

 4月4日(月)に発売される「最強ジャンプ」5月特大号に、弊誌・電ファミニコゲーマーの平信一(TAITAI)編集長へのインタビューマンガが掲載。インタビューでは、弊誌過去記事での裏話も披露される。

 鳥嶋氏はかつて「週刊少年ジャンプ」にて編集者を務め、鳥山明氏とのタッグで『Dr.スランプ』『ドラゴンボール』などの名作を世に送り出してきた。特に『Dr.スランプ』においては、登場キャラクター「Dr.マシリト」のモデルとなったことでも知られている。

 90年代には同雑誌の編集長を担い、『ONE PIECE』『NARUTO』『テニスの王子様』などの作品を軸にジャンプを王座に返り咲かせるなど、漫画史における最重要人物のひとりとも言える存在である。

「マシリト」鳥嶋和彦氏の伝説の電ファミインタビューの裏話がマンガ化_001

 弊誌インタビュー記事は2016年の4月に公開されたもの。鳥嶋氏と当時のカドカワ会長・佐藤辰男氏を中心に『ドラゴンクエスト』『ファイナルファンタジー』『クロノ・トリガー』といった数々の名作にまつわるエピソードが語られている。

 弊誌インタビュー記事の中では、堀井雄二氏や千田幸信氏、坂口博信氏、松野泰己氏、宮本茂氏、中村光一氏など、ゲーム業界の重鎮らの名前も数多く登場。当時の「ジャンプ」の実情や鳥嶋氏自身が目指した体制づくり、そしてひとりの編集者としての考え方にも触れていく内容で、Twitter上では1万8000件のリツイートを集めるなど大きな話題となった。

今回、マンガを手がけたのは漫画家のカサイユージ氏。平信一編集長と鳥嶋氏の出会いや交流、インタビューを希望した際に前もって面談を行うことになったなど、弊誌記事では語られなかった裏話的なエピソードも明かされるようだ。

「マシリト」鳥嶋和彦氏の伝説の電ファミインタビューの裏話がマンガ化_002
『遊☆戯☆王』シリーズの特集や新連載も掲載する「最強ジャンプ」5月特大号

 「最強ジャンプ」5月特大号は4月4日(月)の発売を予定、価格は630円(税込)となる。

ライター
1998年生まれ。静岡大学情報学部にてプログラマーの道を志すも、FPSゲーム「Overwatch」に熱中するあまり中途退学。少年期に「アーマード・コア」「ドラッグ オン ドラグーン」などから受けた刺激を忘れられず、プログラミング言語から日本語にシフト。自分の言葉で真実の愛を語るべく奮闘中。「おもしろき こともなき世を おもしろく」するコンピューターゲームの力を信じている。道端のスズメに恋をする乙女。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

新着記事

新着記事

ピックアップ

連載・特集一覧

カテゴリ

その他

若ゲのいたり

SNSで更新情報をお届け!

カテゴリーピックアップ