小島秀夫監督が率いるコジマプロダクションは今後も独立系の制作スタジオとして継続。ツイート発端でファンも注目したPlayStation Studios入りは否定

【更新 4月15日13時32分】 小島監督は今回のツイートの画像について触れ、今後も独立系の制作スタジオとして継続することを明らかにした。これにともない、当初は「コジマプロダクションがPlayStation Studiosの傘下入りか」としていた当記事の見出し、内容などに事実ベースの加筆・修正を加えています。


【原文 4月15日13時45分】 コジマプロダクションを率いる小島秀夫氏は、自身のTwitterアカウントで一枚の画像を投稿。このイメージから、同スタジオがPlayStation Studiosの傘下入りを果たしたことを示しているのではないかと、ファンより注目を集めている。

 PlayStation StudiosはSIE傘下のゲーム開発スタジオの総称。日本国内では『グランツーリスモ』シリーズのポリフォニー・デジタルや、海外では『Marvel’s Spider-Man』のInsomniac Games、『Horizon Zero Dawn』のGuerrilla Gamesなどが所属している。

 記事執筆時点では詳細なプレスリリースなどは存在しないため、正確な状況は把握できていない状況だが、先日には突然スタジオの引っ越しなども伝えていた小島監督。今後の動向に注目したい。

編集
ニュースから企画まで幅広く執筆予定の編集部デスク。ペーペーのフリーライター時代からゲーム情報サイト「AUTOMATON」の二代目編集長を経て電ファミニコゲーマーにたどり着く。「インディーとか洋ゲーばっかりやってるんでしょ?」とよく言われるが、和ゲーもソシャゲもレトロも楽しくたしなむ雑食派。
Twitter:@ishigenn
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

新着記事

新着記事

ピックアップ

連載・特集一覧

カテゴリ

その他

若ゲのいたり

SNSで更新情報をお届け!

カテゴリーピックアップ