陣内智則氏が『四八(仮)』に挑戦する動画が公開。肩すかしのような物語の結末にツッコミが炸裂し、最終的には「陣内お墨付きクソゲー」に認定

 お笑いタレントの陣内智則氏は4月23日(土)、自身のYouTubeチャンネルにてゲーム『四八(仮)』に挑む動画を公開した。

 陣内氏は、以前からゲームにまつわる動画を複数投稿してきた。特に近日では「クソゲーをやってみよう」と題して『人生ゲーム ハッピーファミリー』『プロゴルファー猿』などの作品に挑戦、ゲームの仕様にツッコミを入れながらプレイする様子が人気を呼び、数十万回の再生数を記録している。

 そして今回の動画では、数多くのリクエストがあったという『四八(仮)』をプレイ。本作は2007年に発売されたホラーアドベンチャーゲームで、日本全国の47都道府県を題材とした怪談を読み進めていくといった内容だ。シナリオの中には『ゲゲゲの鬼太郎』水木しげる氏や『富江』伊藤潤二氏など、著名なホラー作家が協力したものもある。

 しかし、ゲーム進行を不可能にする多数のバグや一部シナリオの薄さはユーザーの間で酷評の対象となった。5ちゃんねる(当時の2ちゃんねる)にて定められる「クソゲー・オブ・ザ・イヤー」の2007年度の大賞に選ばれ、それに関連した研究発表「四八ショックとは何だったのか」が日本デジタルゲーム学会にて発表されるなど、大きな影響を残した作品である。

 陣内氏もパッケージを見た当初こそ「クソゲーとは思わない」と発言していたものの、最初にプレイしたシナリオ「水槽」の唐突な終わり方や、わずか1分ほどで終わってしまった「ヒバゴン」には思わず唖然としてしまう

 その後も肩すかしのようなゲームの進行にあきれ、最終的には「陣内お墨付き クソゲー」「俺はもうやりたない」などといったコメントを寄せている。

陣内智則氏が『四八(仮)』に挑戦する動画が公開1
(画像はYouTube動画「クソゲー界の衝撃作に陣内が挑む!」より)

 陣内氏は今後もいわゆる「クソゲー」への挑戦を続けていくらしく、動画の最後では「やって欲しいクソゲー」を募集している。イチオシの作品がある方は、YouTubeのコメントなどから提案されてみてはいかがだろうか。

ライター
1998年生まれ。静岡大学情報学部にてプログラマーの道を志すも、FPSゲーム「Overwatch」に熱中するあまり中途退学。少年期に「アーマード・コア」「ドラッグ オン ドラグーン」などから受けた刺激を忘れられず、プログラミング言語から日本語にシフト。自分の言葉で真実の愛を語るべく奮闘中。「おもしろき こともなき世を おもしろく」するコンピューターゲームの力を信じている。道端のスズメに恋をする乙女。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Amazon売上ランキング

集計期間:2023年2月4日07時~2023年2月4日08時

新着記事

新着記事

ピックアップ

連載・特集一覧

カテゴリ

その他

若ゲのいたり

SNSで更新情報をお届け!

カテゴリーピックアップ