今年の夏はオフラインでも!RTAイベント「RTA in Japan Summer 2022」8月11日から15日までの5日間に開催決定。走者とゲームの募集は5月7日にスタート

【更新 2022/05/02 21:00】イベントの走者・ゲーム応募について、公式Twitterアカウントから「オンライン参加も含めたイベントにする」との告知が出されたため、記事本文に追記を実施しました。

 一般社団法人RTA in Japanは、ゲームのリアルタイムアタック(RTA)を通じたチャリティイベント「RTA in Japan Summer 2022」8月11日(木)から8月15日(月)までの5日間にオフラインで開催すると発表した。会場はnote株式会社が運営する東京・渋谷区のイベントスペース「note place」となる予定。メインイベントとしてのオフライン開催は2019年末の「RTA in Japan 2019」以来、およそ2年半ぶりとなる。

 なお、本イベントの期間中にTwitchチャンネルで発生した収益およびスポンサーシップについては、税金を除いて国境なき医師団へ寄付される。

 RTAは「Real Time Attack」の頭文字からとった略称で、海外では「Speedrun(スピードラン)」とも呼ばれる遊び方だ。英語名になぞらえて“走者”と呼ばれるプレイヤーたちは、さまざまなルールが課されたカテゴリのもと、指定された区間を“実時間”でいかに早くクリアするかを競う。本イベントはもともと、世界最大級のRTAイベント「Games Done Quick(GDQ)」を参考に開かれており、同様のチャリティイベントを日本でも開きたいとの思いから実施されている。

 2021年の締めくくりとして開催された「RTA in Japan Winter 2021」では『クロノ・トリガー』を筆頭に計94タイトルのRTAが披露され、目隠しの『スーパーマリオ64』RTA走者のふぃすさんが大トリを務めた『ファイナルソード』の挑戦が話題となった。また、2022年2月には、福岡eスポーツ協会が開催するゲームコミュニティイベント「GATE」の一環として出張イベント「RTA in Japan ex #1」も実施。コロナ禍以来、ひさびさとなるオフライン開催を実現していた。

夏のRTAイベント「RiJ Summer 2022」は5日間オフライン開催_001
(画像は「RTA in Japan」公式サイトより)

 今回の「RTA in Japan Summer 2022」については、5月7日(土)から21日(土)へかけて走者とゲームの登録を受け付けるという。定員を超えた場合は抽選制となるのでイベントへの参加が確定するものではないが、オンライン参加での応募も可能となっているため、RTAに興味のあるプレイヤーはふるって応募しておくとよいだろう。

「RTA in Japan Summer 2022」オフラインで8月11日から15日まで開催決定
(画像はRTA in Japan公式Twitterアカウント(@RTAinJapan)より)

ライター
2019年11月加入。小学生の時に『ラグナロクオンライン』に出会ったことがきっかけでオンラインゲームにのめり込む。 コミュニケーション手段としてのゲームを追い続けている。好きなゲームは『アクトレイザー』『モンスターファームアドバンス2』『新・世界樹の迷宮2』など。
Twitter:@fuyunoyozakura
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

新着記事

新着記事

ピックアップ

連載・特集一覧

カテゴリ

その他

若ゲのいたり

SNSで更新情報をお届け!

カテゴリーピックアップ