クラウドサービス『Pokémon HOME』が近日中のアップデートで『ポケモン BD・SP』や『Pokémon LEGENDS』のポケモンを保管・引き出しできるように

 株式会社ポケモンはNintendo SwitchiOSAndroidへ向けて配信中のクラウドサービス『Pokémon HOME』について、Nintendo Switch用ソフト『ポケットモンスター ブリリアントダイヤモンド・シャイニングパール』(以下、ポケモン BD・SP)『Pokémon LEGENDS アルセウス』(以下、Pokémon LEGENDS)の連携を可能にするアップデート「Ver.2.0.0」の配信を近日中に実施すると発表した。

 本サービスには30日/360円からのプレミアムプラン(有料)とフリープラン(無料)が用意されており、プレミアムプランでは預けられるポケモンの数が30匹から6000匹に増加するほか、最大20人でポケモンを交換する「グループ交換」やポケモンの能力を確認する「ジャッジ機能」などの拡張機能も利用できるようになる。

『Pokémon HOME』近日中の大型アップデートで新作2作品に対応_001

 『Pokémon HOME』は、Nintendo Switch用ソフト『ポケットモンスター Let’s Go! ピカチュウ・Let’s Go! イーブイ』(以下、ポケモン ピカ・ブイ)や位置情報ゲーム『Pokémon GO』、ニンテンドー3DS向けサービス『ポケモンバンク』で保有するポケモンをNintendo Switchの対応タイトルへ連れていける保管サービスである。今回の発表によると、アップデート後は『ポケモン ソード・シールド』に『ポケモン BD・SP』と『Pokémon LEGENDS』を加えた計3タイトルでポケモンを預けたり、引き出したりする相互連携が可能になるという。

 なお、各ソフトと『Pokémon HOME』の連携はNintendo Switch版で設定する必要があるほか、各タイトルに対応した「リージョンフォーム」のポケモンは対応タイトルでしか引き出せない。はるか昔の世界を舞台とする『Pokémon LEGENDS』とのやり取りについても、ほかの対応タイトルからポケモンを連れてきた場合、もしくは『ポケモン BD・SP』へポケモンを連れていく場合に「ストレンジボール」へ入った状態で表示される。

各ソフト間の連携について
『ポケモン BD・SP』でのストレンジボールの表示

 また、各タイトルではポケモンのわざが引き継がれず、引き出したタイトルでレベルに対応したわざを覚えるようだ。ほかのソフトへ連れていったポケモンのレベルを上げてから元のソフトへ戻した際は、元々覚えていたわざに戻されるという。上記のほかにも追加の表示項目がタイトル別で異なるほか、『ポケモン BD・SP』や『ポケモン ピカ・ブイ』からポケモンを預ける際に制限がかかる場合もあるため、利用する際に注意が必要となる。

 更新にあわせて、『ポケモン BD・SP』や『Pokémon LEGENDS』とサービスを連携させてポケモンを預けるとiOS、Android版で各タイトルに対応した最初のポケモン、いわゆる“御三家”をプレゼントとしてもらえるようだ。iOS、Android版では捕まえたタイトルにおける図鑑の表示や実績・シールなどの要素も追加されるようなので、興味があればアップデート後にチェックしておくとよいだろう。

プレスリリースの全文は以下のとおり。


『Pokémon HOME』が近日アップデート!
『ポケットモンスター ブリリアントダイヤモンド・シャイニングパール』
『Pokémon LEGENDS アルセウス』と連携可能に! 

株式会社ポケモン(東京都港区、代表取締役社長:石原恒和)は、「すべてのポケモンが集まる場所」をコンセプトとしたクラウドサービス『Pokémon HOME』について、近日中にVer.2.0.0へのアップデートを行うことをお知らせいたします。今回のアップデートの詳細は、以下のとおりです。

1.連携できるソフトの追加

1-1. 各ソフト間の連携について
1-2.『ポケットモンスター ブリリアントダイヤモンド・シャイニングパール』との連携について
1-3.『Pokémon LEGENDS アルセウス』との連携について
1-4. ソフトを連携させて特別なポケモンを受け取ろう

2.スマートフォン版の追加機能について

2-1. ソフト図鑑
2-2. 実績・シールの追加

1.連携できるソフトの追加

1-1.各ソフト間の連携について(1/3)

各ソフト間の連携について(Ver.2.0.0時点)

『Pokémon HOME』Ver.2.0.0では、従来の『ポケットモンスター Let’s Go! ピカチュウ・Let’s Go! イーブイ』(略称:『ポケモンピカ・ブイ』)『ポケットモンスターソード・シールド』(略称:『ポケモンソード・シールド』)『Pokémon GO』との連携に加え、新たに『ポケットモンスターブリリアントダイヤモンド・シャイニングパール』(略称:『ポケモン Bダイヤモンド・Sパール』)と『Pokémon LEGENDS アルセウス』(略称:『Pokémon LEGENDS』)との連携が可能になります。

『ポケモンソード・シールド』『ポケモン Bダイヤモンド・Sパール』『Pokémon LEGENDS』は相互連携が可能で、それぞれのソフトからポケモンを預けたり、引き出したりすることができます。

(例:『ポケモンソード・シールド』で捕まえたピカチュウを『ポケモン Bダイヤモンド・Sパール』や『Pokémon LEGENDS』に連れて行くことができます。)

※『Pokémon HOME』と各ソフトの連携は、Nintendo Switch版で行うことができます。
※各ソフトに連れて行くことができるポケモンは、各ソフトに登場するポケモンに限ります。
(例:ガーディ(ヒスイのすがた)は『ポケモン ソード・シールド』や『ポケモン Bダイヤモンド・Sパール』に連れて行くことができません。)
※各ソフトに連れて行くことができるポケモンは、スマートフォン版『Pokémon HOME』のヘルプより詳細をご確認いただけます。

1-1.各ソフト間の連携について(2/3)

■「ストレンジボール」について

『Pokémon LEGENDS アルセウス』は、はるか昔のポケモンの世界が舞台となっており、これまでの『ポケットモンスター』シリーズで登場したモンスターボールが存在しません。
『ポケモンソード・シールド』や『ポケモン Bダイヤモンド・Sパール』で捕まえたポケモンを『Pokémon LEGENDS』に連れて行くと、「ストレンジボール」に入った状態で表示されます。

また、『Pokémon LEGENDS』で登場するモンスターボールも、これまでの『ポケットモンスター』シリーズでは存在しません。
『Pokémon LEGENDS』で捕まえたポケモンを『ポケモン Bダイヤモンド・Sパール』に連れて行った場合にも、「ストレンジボール」に入った状態で表示されます。

『ポケモン BD・SP』でのストレンジボールの表示

※「ストレンジボール」は『ポケモン Bダイヤモンド・Sパール』と『Pokémon LEGENDS』上での表示となり、『Pokémon HOME』内では元の捕まえたボールが確認できます。
※『Pokémon LEGENDS』で捕まえたポケモンを『ポケモン ソード・シールド』に連れて行った場合、全てのポケモンが「モンスターボール」に入った状態で表示されます。
※『ポケモン Bダイヤモンド・Sパール』と『ポケモン ソード・シールド』との間で、捕まえたポケモンを預けたり引き出したりする場合は、「ストレンジボール」ではなく、元の捕まえたボールで表示されます。

1-1.各ソフト間の連携について(3/3)

■ポケモンのわざについて

『ポケモンソード・シールド』『ポケモン Bダイヤモンド・Sパール』『Pokémon LEGENDS』の各ソフトでポケモンが覚えられるわざは、他のソフトで覚えられるわざと異なるため、他のソフトに連れて行った際には反映されません。ポケモンが初めて行くソフトに連れ出す場合、ポケモンのレベルに応じて使えるわざが決定します。

(例:『ポケモンソード・シールド』で捕まえたレベル20のピカチュウを『Pokémon LEGENDS』に連れて行くと、『Pokémon LEGENDS』でのレベル20相当のわざを覚えます。)

捕まえたソフトから他のソフトに連れて行き別のわざを覚えたとしても、元のソフトに戻した際には、元々覚えていたわざを覚えている状態に戻ります。

(例:『ポケモンソード・シールド』で捕まえたレベル20のピカチュウを『Pokémon LEGENDS』に連れて行き、レベル50にして『ポケモンソード・シールド』に戻しても、『ポケモンソード・シールド』で元々覚えていたわざに戻ります。このピカチュウを、今度は『ポケモン Bダイヤモンド・Sパール』に連れて行くと、『ポケモン Bダイヤモンド・Sパール』でのレベル50相当のわざを覚えます。)

※このわざ覚えは『ポケモン ソード・シールド』『ポケモン Bダイヤモンド・Sパール』『Pokémon LEGENDS』のソフト連携を行った際に発生します。
※『ポケモン ピカ・ブイ』で捕まえたポケモンを『ポケモン ソード・シールド』に連れて行くと、『ポケモン ピカ・ブイ』で覚えていたわざを引き継ぐ点はそのままです。
※『ポケモン ピカ・ブイ』で捕まえたポケモンを『ポケモン Bダイヤモンド・Sパール』『Pokémon LEGENDS』に連れて行くと、そのポケモンのレベルに応じたわざを覚えます。
※『ポケモン ピカ・ブイ』で捕まえたポケモンを『ポケモン ソード・シールド』『ポケモン Bダイヤモンド・Sパール』『Pokémon LEGENDS』に一度でも連れて行くと、『ポケモン ピカ・ブイ』に戻すことはできなくなります。

1-2.『ポケットモンスターブリリアントダイヤモンド・シャイニングパール』との連携について

■ポケモン詳細情報で確認できること

『ポケモン Bダイヤモンド・Sパール』から『Pokémon HOME』に預けたポケモンは、これまでのポケモン詳細情報に加え、コンディションが確認できるようになります。

Nintendo Switch版でのコンディション表示
iOS、Android版でのコンディション表示

■ポケモンを預ける際の注意点

『ポケモン Bダイヤモンド・Sパール』と『Pokémon HOME』の連携には、以下の注意点があります。

1. 通常のプレイで1匹しか入手できない特別なポケモンは、各セーブデータから1匹までしか『Pokémon HOME』に預けることができません。
(例:『ポケモン Bダイヤモンド・Sパール』のセーブデータから、伝説のポケモン「ディアルガ」を『Pokémon HOME』に預けた場合、以降そのセーブデータから同じ『Pokémon HOME』のアカウントに「ディアルガ」を預けることはできません。)
2. 本来意図されていない方法や、不正な改造などで入手した一部のポケモンは『Pokémon HOME』に預けることができません。
3. その他、ポケモン自体に何かしらの問題がある場合は『Pokémon HOME』に預けることができません。

1-3.『Pokémon LEGENDS アルセウス』との連携について

■ポケモン詳細情報で確認できること

『Pokémon LEGENDS』から『Pokémon HOME』に預けたポケモンは、これまでのポケモン詳細情報に加え、がんばレベルが確認できるようになります。

Nintendo Switch版でのがんばレベル表示
iOS、Android版でのがんばレベル表示

■『Pokémon HOME』の全国図鑑の図鑑説明テキストについて

『Pokémon LEGENDS』では、はじめての「ポケモン図鑑」をつくることが目的です。
その為、『Pokémon HOME』の全国図鑑は、連携する『Pokémon LEGENDS』のセーブデータの図鑑完成状況をもとに、図鑑説明テキストが更新されます。
『Pokémon LEGENDS』側で図鑑が完成していない場合は、『Pokémon HOME』側でも『Pokémon LEGENDS』の図鑑説明テキストを確認することができません。

1-4.ソフトを連携させて特別なポケモンを受け取ろう

『Pokémon HOME』の『ポケットモンスターブリリアントダイヤモンド・シャイニングパール』『Pokémon LEGENDS アルセウス』との連携を記念して、各ソフトとの連携を行うと、『Pokémon HOME』に特別なポケモンがプレゼントされます。

■『ポケットモンスターブリリアントダイヤモンド・シャイニングパール』連携

『ポケモン Bダイヤモンド・Sパール』からNintendo Switch版『Pokémon HOME』にポケモンを預けると、スマートフォン版『Pokémon HOME』の「ふしぎなおくりもの」に、隠れ特性の「ナエトル」「ヒコザル」「ポッチャマ」がプレゼントされます。
隠れ特性のポケモンたちを仲間にして、シンオウ地方での冒険をさらに楽しみましょう。

『ポケモン BD・SP』連携特典のナエトル

■『Pokémon LEGENDS アルセウス』連携

『Pokémon LEGENDS』からNintendo Switch版『Pokémon HOME』にポケモンを預けると、スマートフォン版『Pokémon HOME』の「ふしぎなおくりもの」に、がんばレベルが最大の「モクロー」「ヒノアラシ」「ミジュマル」がプレゼントされます。
強力なポケモンたちと、ヒスイ地方での冒険をさらに楽しみましょう。

『Pokémon LEGENDS』連携特典のヒノアラシ

※『Pokémon HOME』の「ふしぎなおくりもの」は、スマートフォン版(iOS/Android対応)限定の機能です。
※『Pokémon HOME』 と『ポケモン Bダイヤモンド・Sパール』『Pokémon LEGENDS』との連携はNintendo Switch版限定の機能です。
※事前準備として、『Pokémon HOME』のNintendo Switch版とスマートフォン版の連携を完了させてください。
※端末やOSのバージョンによっては、一部機能がご利用いただけない場合がございます。
※これらは予告なく変更になる可能性がございます。予めご了承ください。

2.スマートフォン版の追加機能について

2-1.ソフト図鑑

これまで『Pokémon HOME』のポケモン図鑑は、「全国図鑑」のみでしたが、 Ver.2.0.0から『ポケットモンスター』シリーズ各ソフトの図鑑が追加されます。
(例:『ポケットモンスターソード・シールド』のガラル図鑑、『ポケットモンスターブリリアントダイヤモンド・シャイニングパール』のシンオウ図鑑など。)

各ソフト図鑑は「そのソフトで捕まえたポケモン」しか図鑑登録することができません。
(例:『ポケモンソード・シールド』で捕まえたイーブイを『Pokémon HOME』に預けると、『Pokémon HOME』の「全国図鑑」と、ソフト図鑑の「ガラル図鑑」にイーブイが登録されます。
「シンオウ図鑑」など、ほかのソフト図鑑のイーブイは登録されません。「シンオウ図鑑」のイーブイを登録するためには、『ポケモン Bダイヤモンド・Sパール』で捕まえたイーブイを『Pokémon HOME』に預ける必要があります。)

ソフト図鑑は『Pokémon HOME』Ver.2.0.0以降にボックスにいるポケモンが登録されます。
Ver.2.0.0以前に持っていたポケモンであっても、交換などで手元のボックスに存在しない場合、登録はされません。

スマートフォン版に追加されるソフト図鑑

2-2.実績・シールの追加

スマートフォン版『Pokémon HOME』では、特定の条件で実績を達成することで、シールが入手できます。

Ver.2.0.0以降、『ポケットモンスターブリリアントダイヤモンド・シャイニングパール』『Pokémon LEGENDS アルセウス』にちなんだ実績やシールが、新たに追加されます。
入手したシールはプロフィールの編集で使うことができるので、実績を達成して自分だけのプロフィール画面を作ってみましょう。

■商品情報

・タイトル:『Pokémon HOME』
・対応ハード:Nintendo Switch版
:スマートフォン版(iOS/Android対応)
・ジャンル:ユーティリティ
・プレイ人数:1人
・通信機能:インターネット通信
・配信開始日:2020年2月12日
・利用料:一部サービスの利用は有料(ダウンロード無料)
・対応言語:日本語・英語・スペイン語・フランス語・ドイツ語・イタリア語・韓国語・中国語(繁体字)・中国語(簡体字)

<公式サイト> https://www.pokemon.co.jp/ex/pokemonhome/

■対応環境について

スマートフォン版『Pokémon HOME』と『Pokémon GO』の対応OSはiOS/Androidですが、端末や OSのバージョンによっては、プレイできない場合がございます。
過去のアップデートにより変更となった対応OS / 端末についてはこちらをご確認ください。
https://www.pokemon-support.com/news/s/article/000002418

■権利表記

©2020 Pokémon. ©1995-2020 Nintendo/Creatures Inc. /GAME FREAK inc. ©2022 Pokémon. ©1995-2022 Nintendo/Creatures Inc./GAME FREAK inc.『ポケットモンスターブリリアントダイヤモンド』『ポケットモンスターシャイニングパール』 are developed by ILCA,Inc.©2022 Niantic, Inc. ©2022 Pokémon. ©1995-2022 Nintendo/Creatures Inc. /GAME FREAK inc. ポケットモンスター・ポケモン・Pokémonは任天堂・クリーチャーズ・ゲームフリークの登録商標です。
ニンテンドー3DSのロゴ・ニンテンドー3DSは任天堂の商標です。
Nintendo Switchのロゴ・Nintendo Switchは任天堂の商標です。
画面は開発中のものです。

●appendix:Nintendo Switch版とスマートフォン版の違いについて

『Pokémon HOME』はNintendo Switch版とスマートフォン版でいくつかの使用できる機能が異なります。

Nintendo Switch版/スマートフォン版

Nintendo Switchのソフトとの連携
〇/×

『ポケモンバンク』から『Pokémon HOME』へのポケモンのひっこし
〇/〇

『Pokémon HOME』でのポケモン交換
×/〇

ふしぎなおくりものの受け取り
×/〇

バトルデータの確認
×/〇

お知らせの確認
×/〇

「Pokémon HOMEポイント」のBP(バトルポイント)への変換
〇/×

『Pokémon GO』から『Pokémon HOME』への転送
〇/〇

※『Pokémon GO』から『Pokémon HOME』へポケモンを送り出すには、スマートフォン版『Pokémon HOME』のチュートリアルを終えている必要があります。

●appendix:フリープランとプレミアムプランについて

『Pokémon HOME』はプレミアムプラン(有料)に加入することによって、一部の機能の追加と拡張をすることができます。

■フリープランとプレミアムプランの違いについて

フリープラン

『ポケモンバンク』から『Pokémon HOME』へのポケモンのひっこし機能:使用不可
『Pokémon HOME』に預けられるポケモンの数:30匹
同時にミラクルボックスに預けられるポケモンの数:3匹
同時にGTSに預けられるポケモンの数:1匹
グループ交換:参加のみ可能
ジャッジ機能:使用不可
『Pokémon GO』との連携:使用可能

プレミアムプラン

『ポケモンバンク』から『Pokémon HOME』へのポケモンのひっこし機能:使用可能
『Pokémon HOME』に預けられるポケモンの数:6000匹
同時にミラクルボックスに預けられるポケモンの数:10匹
同時にGTSに預けられるポケモンの数:3匹
グループ交換:参加・開催共に可能
ジャッジ機能:使用可能
『Pokémon GO』との連携:使用可能

■プレミアムプランの料金について

期間

価格(税込)

1か月(30日)

360円

3か月(90日)

600円

12か月(365日)

1950円

※『Pokémon HOME』の利用には、Nintendo Switch Online(有料)への加入は不要です。


ライター
2019年11月加入。小学生の時に『ラグナロクオンライン』に出会ったことがきっかけでオンラインゲームにのめり込む。 コミュニケーション手段としてのゲームを追い続けている。好きなゲームは『アクトレイザー』『モンスターファームアドバンス2』『新・世界樹の迷宮2』など。
Twitter:@fuyunoyozakura
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

新着記事

新着記事

ピックアップ

連載・特集一覧

カテゴリ

その他

若ゲのいたり

SNSで更新情報をお届け!

カテゴリーピックアップ