高橋名人、伝説の「十六連射スイカ割り」を地上波の生放送で披露。63歳の誕生日で出演、ゲーム対決で45歳年下の乃木坂46「清宮レイ」を全力で完封

 高橋名人は5月23日、63歳の誕生日を迎えた。

 同日にTBS系の情報番組「ラヴィット!」は高橋名人の誕生日を記念し、高橋名人と出演タレントとのゲーム対決企画を放送した。番組はTVerにて5月30日(月)午前7時59分まで無料で視聴可能だ。

 番組放送後、Twitterでは「ゲーム」のトレンドに「高橋名人」がランクインしており、放送された名人の活躍が話題を呼んだ。

高橋名人、伝説の「十六連射スイカ割り」を地上波の生放送で披露_01
高橋名人、伝説の「十六連射スイカ割り」を地上波の生放送で披露_02
(画像は高橋名人さんはTwitterを使っています: 「レベル63になりました ⇒ https://t.co/XUbt6rPq3v #アメブロ @ameba_officialより」 / Twitterより)

 高橋名人は1980年代のファミコン全盛期に、ハドソン所属の「ファミコン名人」として活躍した人物であり、活動の中でも1秒間にゲーム機のコントローラのボタンを16回押す特技「16連射」でファミコンブームを牽引した。

 番組の冒頭では高橋名人が当時の人気を切掛に制作された高橋名人の楽曲『RUNNER』や漫画『ファミコンランナー』、ファミリーコンピュータ向けソフト『高橋名人の冒険島』、映画『GAME KING 高橋名人VS毛利名人 激突!大決戦』など、当時の高橋名人の人気が伺える企画作品が紹介された。

 中でも高橋名人の『GAME KING 高橋名人VS毛利名人 激突!大決戦』は名人の連写速度を象徴するカットが複数存在しており、映画冒頭の「豚カツ屋にて机を高速で連打し、テーブル奥のソースを手前に引き寄せる」カットと「指の拘束連打でスイカを割るシーン」が紹介された。

高橋名人、伝説の「十六連射スイカ割り」を地上波の生放送で披露_03
(画像はVC 高橋名人の冒険島より)

 紹介を経て、高橋名人はスイカと共に入場する。本番組では高橋名人の16連射スイカ割りが生放送で実演されたのだ。

 登場したスイカは固定すべく黒い什器に支えられており、比較的アップで撮影されたカットを確認しても亀裂は入っていない。高橋名人はスイカ上面の手前側からスイカを連射し、徐々に上に位置をズラしてスイカを刺激した。やがてスイカの頂点にたどり着く頃、手を振り上げて最後の一発を打ち込むと、空気が引き裂ける音をあげ、スイカはふたつに断裂した。

 なお、高橋名人のスイカ割りと誕生日を共に祝う拍手が収まるころ、お笑いコンビ「おいでやすこが」おいでやす小田が「仕掛けを隠した」、「怪しい」と指摘したが、真相を追求すべく確認したスローモーションの映像では仕掛にあたるものは確認できなかった。筆者の視聴時、実演後のスイカの根本には黒い管の様なものが見受けられたと記憶していたが、記憶違いだろう。

高橋名人、伝説の「十六連射スイカ割り」を地上波の生放送で披露_04
(画像は「高橋名人」と16連射でスイカを割る‐ニコニコインフォより)

 また、63歳を迎える高橋名人の実力検証として、1987年にハドソンから発売された連射能力測定機能付きの時計「シュウォッチ」を使用した高速連写の実演と測定が行われた。

 高橋名人はブログにて、「残念ながらHPやMPは、減少傾向にある」と述べていたが、測定の結果1秒間で12連射とまだまだ現役の高速連射を見せた。同時に連射速度を測定したお笑いコンビ「麒麟」の川島が1秒に6連打であることからも、名人の連射速度の驚異的な速度は自明と言えよう。

高橋名人、伝説の「十六連射スイカ割り」を地上波の生放送で披露_05
(画像は【アニキ冬号】伝説のアイテム『シュウォッチ』コロコロアニキ限定版、応募者全員有料サービス実施大決定!! | コロコロオンライン|コロコロコミック公式より)

 本企画の最後では本番組の出演者たちと高橋名人の対決が執り行われた。本企画は参加タレントが高橋名人に勝利し得るゲームのタイトルを指定し、名人と対決し、総合的な戦績で勝敗が決定する。

 対決の最初のタイトルはお笑いカルテット「ぼる塾」のメンバーきりやはるか『マリオパーティスーパースターズ』収録の連打ゲー「れんだでサンボ」で挑戦するはずが、不具合から見送られ高橋名人がもっとも得意とする連射が使用できず、タレントのチームにハンデを与える運びとなった。

 しかしながら、おいでやす小田が提案するPCエンジン向けゲーム『ボンバーマン’94』では各キャラクターに適切な間合いをとりつつ的確なタイミングでボムを設置し見事に完封した。続いてぼる塾のメンバー田辺が提案する『スーパーストリートファイターII ザ ニューチャレンジャーズ』では、未プレイながらエドモンド本田百裂張り手で春麗を撃ち倒し、高橋名人の根本的なゲームの上手さを知らしめた。

 その後、アイドルグループ乃木坂46のメンバー清宮レイは持ち前の運動能力の高さを活かすべく『Nintendo Switch Sports』のチャンバラで挑む。連射実演時すでに「持久力がなくなった」という名人は本タイトルでの対戦に「最悪のタイミングできた」と弱気なコメント。しかしながら名人は見事な高速の連劇で手早く二本を先取し、圧倒的な勝利。

 清宮レイは2003年生まれの18歳ということもあり、63歳の高橋名人へ清宮レイは「大人気ない」とかなり悔しそうな表情でコメントしたが、名人は「何でも全力ですよ」と述べ、名人のビデオゲームへの姿勢が伺えた。

 最後の試合ではロバートの馬場が提案する『ぷよぷよテトリス2』にて、馬場が展開する大連鎖に敗れたが、総合成績は3勝一敗で見事に勝利を収めた。63歳で現役のゲームプレイを見せる高橋名人の今後の活躍も期待して止まない。

ライター
ゲームアートやインディーゲームの関心を経て、ニュースを中心にライターをしています。こっそり音楽も作っています。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

新着記事

新着記事

ピックアップ

連載・特集一覧

カテゴリ

その他

若ゲのいたり

SNSで更新情報をお届け!

カテゴリーピックアップ