『GOD EATER』に携わった開発者がマルチプレイアクション『Project Shaz』 を制作している。『パタポン』のディレクターらによるリズムアクションも開発中

 アクションRPG『GOD EATER』シリーズで知られるゲームクリエイターの保井俊之氏は、自身が代表を務める株式会社TVTの本格的な始動にともない、ベテランのクリエイターらを集めて開発中のリズムアクションゲーム『Project JabberWocky』とマルチプレイアクションゲーム『Project Shaz』を発表した。あわせて、両タイトルで活用しているゲーム開発エンジン「Theory Engine」の研究・開発も明らかにされている。

『パタポン』『GOD EATER』の開発者らが新作2タイトルを制作中_001

 発表によると『Project JabberWocky』は、PSP用のリズムアクションRPG『パタポン』でディレクターを務めた⼩⾕浩之氏とサウンドクリエイターの⾜⽴賢明氏が制作に携わっている作品である。可愛いキャラクターたちを中心に独特な世界設定で描かれる本作では、『DELTARUNE』に登場する3人組のキャラクター「Sweet_Cap’n_Cakes」を手がけたNelnal氏がメインアーティストを担当。ゲームサーバーなしでのマルチプレイを実現するタイトルとして制作されているという。

 もう一方の『Project Shaz』は、保井氏をはじめとする『GOD EATER』の開発スタッフによって開発中のようだ。本作のシナリオは『メタルギアソリッド』で脚本やストーリー上のスクリプトなどを手がけた福島智和氏が担当しているほか、『.hack//G.U.』で知られる中舎健永氏もディレクターとして参画。アートディレクターとして、アーケードゲーム『LORD of VERMILION』で知られる輪くすさが氏も参加しているようだ。

『パタポン』『GOD EATER』の開発者らが新作2タイトルを制作中_002
『Project JabberWocky』のキャラクターデザイン

 開発に用いられている「Theory Engine」には大規模なネットワークゲームの開発を⽬的に作られたミドルウェア技術が活用されており、リアルタイム性の⾼いMOアクションゲームを制作できるという。今後はフラッグシップとなる両タイトルの制作に加えて、外部へのライセンス事業も視野に⼊れて研究および開発を進めていくそうだ。

 なお電ファミニコゲーマーでは、今回の発表へ至る経緯についてのインタビュー記事を掲載中。はたしてTVTがどのような考えのもと動いているのか気になる方は、チェックしてみてほしい。

プレスリリースの全文は以下のとおり。


株式会社TVT本格始動および新規プロジェクトのお知らせ
『パタポン』『GOD EATER』の開発者が集まり新規ゲームを開発中!

『GOD EATER』シリーズや『フリーダムウォーズ』に携わったクリエイター・保井俊之が代表取締役を務める株式会社 TVTは2019年に創業いたしました。
『Tokyo Virtual Theory』という⾔葉の頭⽂字が社名の由来となった株式会社TVTは、2022年5⽉からいよいよ本格始動していくことをここに宣⾔いたします。

【進⾏中プロジェクト】
オリジナルエンジン『Theory Engine』の研究開発と、内外のベテランクリエイターを集結させた2本のプロジェクトが進⾏中です。

『Theory Engineの研究開発』

⾃社で研究開発を⾏っている『Theory Engine』は⼤規模なネットワークゲームの開発を⽬的に開発したミドルウェア技術です。リアルタイム性の⾼いMOアクションゲームを作れるオープンプラットフォームなネットワークエンジンであり、このエンジンを使⽤することで、「より速く」、「より多⼈数」で、「ゲームサーバーレスで快適」な環境を提供することが可能となりました。このエンジンのフラッグシップモデルとなる⾃社開発のゲーム作品はもちろん、外部へのライセンス事業も視野に⼊れたビルドアップを引き続き⾏ってまいります。

リードエンジニア:佐⽵克⼀(『GOD EATER』)
エンジニア:榎村⼤典(『GOD EATER』/『SKY GUNNER』)
エンジニア:髙橋俊成

『パタポン』『GOD EATER』の開発者らが新作2タイトルを制作中_003

『Project JabberWocky』

本タイトルは『パタポン』のディレクター⼩⾕浩之とサウンドクリエイター⾜⽴賢明による新作リズムアクションです。可愛いキャラクターたちが織りなす独特な世界観を持つ作品となります。
Theory Engineのゲームサーバーレスによるマルチプレイを実現するタイトルとして開発中です。
ディレクター:⼩⾕浩之(『パタポン』/『XI[sai]』/『ブラボーミュージック』/『SKY GUNNER』)
プロデューサー:坂尻⼀⼈(『THE EYE OF JUDGMENT』/『禍つヴァールハイト』)
サウンド:⾜⽴賢明(『パタポン』/『LocoRoco』/『グランツーリスモ』)
メインアーティスト:Nelnal(Twitter: https://twitter.com/nelnalium

『Project Shaz』

本タイトルは『GOD EATER』の開発スタッフによる最新マルチプレイアクションゲームです。保井俊之と福島智和の『フリーダムウォーズ』のタッグで作り出される新たな物語にご期待ください。
Theory Engineの多⼈数マルチプレイを実現するタイトルとして開発中です。

プロデューサー:保井俊之(『GOD EATER』/『フリーダムウォーズ』)
シナリオ:福島智和(『METAL GEAR SOLID』/『フリーダムウォーズ』)
ディレクター:中舎健永(『.hack//G.U.』/『ジョジョの奇妙な冒険オールスターバトル』)
アートディレクター:輪くすさが(『LORD of VERMILION』/『Fate/Grand Order』)

【会社概要】

■株式会社TVT(英語表記:TVT Co. Ltd.)
設⽴:2019年1⽉17⽇
代表取締役:保井俊之※
取締役:⼤⽵秀和(COO)/佐⽵克⼀(CTO)/坂尻⼀⼈/榎村⼤典
事業内容:コンシューマー、PC、スマートフォンでのデジタルゲームの企画・開発、コンテンツの企画・開発。

※保井俊之 プロフィール
主な作品に『GOD EATER』シリーズ、『フリーダムウォーズ』など。2003年にゲームデザイナーとして株式会社シフトに⼊社。ディレクター、シナリオライターとして開発全般にかかわる傍ら、開発統括として制作部⾨の陣頭指揮を執った。その後ドワンゴを経て2019年に株式会社TVTを設⽴。クラウドゲームやXRコンテンツにも精通し、多種多様なゲーム企画を⼿掛けている。

■TVT公式メディア
<WEBサイト> https://tvt.jp

■スタッフ募集について
現在、株式会社TVTでは各プロジェクトを共に推進してくれるスタッフを募集しています。主な募集はプログラマー、グラフィッカー、モーションデザイナーなど。詳細は下記リクルーティングサイトよりご確認ください。
https://tvt.jp/recruit/


ライター
2019年11月加入。小学生の時に『ラグナロクオンライン』に出会ったことがきっかけでオンラインゲームにのめり込む。 コミュニケーション手段としてのゲームを追い続けている。好きなゲームは『アクトレイザー』『モンスターファームアドバンス2』『新・世界樹の迷宮2』など。
Twitter:@fuyunoyozakura
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

新着記事

新着記事

ピックアップ

連載・特集一覧

カテゴリ

その他

若ゲのいたり

SNSで更新情報をお届け!

カテゴリーピックアップ