位置情報ゲーム『テクテクライフ』とともに北海道・網走市を巡る観光デジタルスタンプラリー「テクテク網⾛めぐり 2022」がスタート。ホテル宿泊券や⽑ガニが当たるチャンスも

 テクテクライフ株式会社とマーケティングサービス事業を展開する株式会社CDGは同社がiOS、Androidへ向けて配信中の位置情報ゲーム『テクテクライフ』内にて、北海道・網走市の名所や施設・飲⾷店をめぐるデジタルスタンプラリーイベント「テクテク網⾛めぐり 2022」を6月1日(水)に開始した。期間は11月30日(水)まで。

位置情報ゲーム『テクテクライフ』の観光イベントが北海道・網走市で開催_001

 『テクテクライフ』は、“街を訪れながらまっさらな地図を塗りつぶしていく”遊びを楽しめる作品である。ゲーム内では各地の名所や施設・店舗が「スポット」として設定されており、ゲーム内で“チェックイン”すると歴史やおすすめポイント、公式のWEBサイトなどの情報にアクセスできるという。また、作中に存在するいくつかのスポットデジタルスタンプラリーの対象としてまとめられており、対象のスポットをすべて訪れるとゲーム内アイテムや実物の景品が当たる仕組みも用意されている。

 今回の「テクテク網⾛めぐり」は昨年に続き2度目の開催で、ゲーム内には合計52ヶ所のスポットと歴史・⽂化やグルメ、アクティビティなどテーマ別に用意されたと7つのデジタルスタンプラリーが登場。各スポット画⾯から網⾛市や各店舗の公式WEB サイトを確認できるほか、今回はふるさと納税サイト「ふるぽ」へのリンクも設置しており、返礼品によって継続的な網⾛市とのつながりを持つ“関係⼈⼝”の創出も⽬的となっているようだ。

 スタンプラリー各編をクリアするとその場の抽選で網⾛・オホーツクへの移動⼿段に使える「ピーチポイント」や網⾛市内ホテルの宿泊券、「ケダマ(⽑ガニ全部盛り)」などの賞品が当たるようなので、興味があればチェックしておくとよいだろう。

プレスリリースの全文は以下のとおり。


網⾛市でスマートフォン向け位置情報ゲーム『テクテクライフ』を
使った観光施策「テクテク網⾛めぐり 2022」開始︕ 

北海道網⾛市内の名所や施設、飲⾷店をめぐるデジタルスタンプラリーで、新型コロナウイルスにより落ち込んだ地域経済の回復、観光促進を⽬指す。さらに、ふるさと納税との連携で関係⼈⼝の創出を⽬的に。

網⾛市(市⻑︓⽔⾕ 洋⼀)と、幅広いマーケティングソリューションを提供する株式会社 CDG(本社︓⼤阪市北区、代表取締役社⻑︓⼩⻄ 秀央)と、インターネットゲームサービスを⾏うテクテクライフ株式会社(本社︓東京都中央区、代表取締役︓⽥村 寛⼈)は、新型コロナウイルスの拡⼤により急激に落ち込んだ地域経済の回復を⽬的として、網⾛市に来訪する観光客等の市内回遊の促進を⽬指し、スマートフォン向け位置情報ゲーム『テクテクライフ』のデジタルスタンプラリー機能を活⽤した「テクテク網⾛めぐり 2022」を 2022 年 6 ⽉ 1 ⽇(⽔)〜2022 年 11 ⽉ 30 ⽇(⽔)の期間、展開します。

2021 年度、網⾛市の商業や観光などの事業者で構成する「テクテク網⾛めぐり実⾏委員会」と実施した最初の「テクテク網⾛めぐり」では様々な実証結果が得られました。その知⾒とデータをもとに新たに企画した「テクテク網⾛めぐり 2022」は、網⾛市内の観光名所、施設や地元で⼈気の飲⾷店など合計 52 スポットを歴史⽂化、グルメ、アクティビティなどテーマ別に7つのデジタルスタンプラリーにしました。各スポット画⾯からは、網⾛市や各店舗の公式 WEB サイトにリンクし、より詳しい魅⼒的な情報を知ることができます。

『テクテクライフ』は、“街を移動しながら地図を塗る”という独⾃のコンセプトで、幅広い層のプレイヤーにお楽しみいただいています。ゲーム内では「スポット」として設定された名所・施設・店舗等をプレイヤーが実際に訪れ、チェックインすると歴史やおすすめポイントなどの情報が⽰されます。さらに各スポットが様々な WEB サイトにハイパーリンクでき、既にある観光・店舗情報の活⽤も可能です。複数のスポットはデジタルスタンプラリーとなっており、すべて訪れるとゲーム内アイテムや、実物の景品が当たる仕組みもあります。

さらに新たな試みとして、株式会社 JTB ふるさと開発事業部が運営する ふるさと納税サイト「ふるぽ」「テクテク網⾛めぐり 2022」の各スポットからリンク。『テクテクライフ』で網⾛市をめぐりながら、ふるさと納税返礼品を取り扱う店舗のスポット画⾯から「ふるぽ」サイトへ遷移し、返礼品が確認できます。これは観光しながら、そして旅から帰った後も ふるさと納税ができ、網⾛市とつながりを持ち続ける関係⼈⼝の創出も⽬的としています。

位置情報ゲーム『テクテクライフ』の観光イベントが北海道・網走市で開催_004

●『テクテク網⾛めぐり 2022』の概要

名所、施設、飲⾷店など 52 スポットを 7 つのデジタルスタンプラリー化
オホーツク流氷館、博物館網⾛監獄をはじめとする観光スポットや店舗などを絶景編、歴史⽂化編、グルメ物産編、アクティビティ編、天空の⾥編、交通要所編、アート編とテーマ別にスタンプラリー化。スポットごとに⾒所が分かり、さらに詳しい公式サイトにハイパーリンクします。また、⾏ったスポットの“SNS シェアボタン”で網⾛の思い出をその場でも、後からでも SNS 投稿できます。

スタンプラリークリアで応募できる地元産品のプレゼント企画
各編ごとにスタンプラリーをクリアするとその場で、網⾛やオホーツクへの移動⼿段として使える「ピーチポイント(5,000 円分、⼤阪(関⻄)/東京(成⽥)ー⼥満別路線限定)」、網⾛市内ホテルの宿泊券、網⾛⾃慢の⽑ガニを堪能できる「ケダマ(⽑ガニ全部盛り)」など豪華賞品が当たります。

スポット画⾯から“ふるさと納税返礼品”をチェック
対応した店舗ではスポット画⾯から店舗ごとの“ふるさと納税返礼品”の⼀覧に遷移し、その場でも、また後からでもチェックできます。

位置情報ゲーム『テクテクライフ』の観光イベントが北海道・網走市で開催_011

◆実施期間︓2022 年 6 ⽉ 1 ⽇(⽔)〜11 ⽉ 30 ⽇(⽔)

◆「テクテク網⾛めぐり 2022」特設サイト
https://www.tekutekulife.com/abashiri-meguri2022/

●『テクテクライフ』について

“地図塗り”で訪れた⾜跡を残す!
・実際に⾏った場所で地図の街区(道路に囲まれた区画)を塗りつぶす“現地ぬり”
・現地に⾏けなくてもポイントを使って塗り拡げられる“となりぬり”
“スタンプラリー”でめぐり、“看板”で思い出を残す!
・各地の駅、史跡や名所、様々な店舗などに設置した”スポット“にチェックインし、スタンプラリーを楽しみながら、その場所の由来やエピソード、情報もゲット
・思い出の場所に、写真と⽂章が残せる“看板”機能

◆対応 OS:iOS/Android
◆価格:基本無料(ゲーム内課⾦有)
◆パブリッシャー:テクテクライフ株式会社
◆著作権表記:©テクテクライフ
◆公式サイト https://www.tekutekulife.com/

網⾛市について
網⾛市は、世界⾃然遺産にも登録されている知床や阿寒摩周、⼤雪⼭の 3 つの国⽴公園に囲まれた、網⾛国定公園の中⼼に位置する北海道東部オホーツク海沿いの⼈⼝約 34,000 ⼈の都市。オホーツク海の恵みである新鮮な⿂介類、郊外地区に広がる豊かな畑作地帯、毎年2⽉になるとアムール川から到来する流氷の絶景が望める他、オホーツク流氷館や博物館網⾛監獄など7つの特⾊あるミュージアムが存在する農業、漁業、観光が主要産業の街。
公式サイト https://www.city.abashiri.hokkaido.jp/index.html

位置情報ゲーム『テクテクライフ』の観光イベントが北海道・網走市で開催_012

株式会社 CDG について
店頭からオンラインまでをつなぐプロモーショナル・マーケティング(IP×デジタル×リアルを軸としたマーケティング領域)の企画⽴案・実施をはじめ、クライアント企業の営業促進に向けた幅広い販促ソリューションサービスを提供。消費者起点で⽴案・実施する効果の⾼いソリューションは、各業界のトップブランドを含む 21 業種以上の企業に導⼊いただいている。1974 年⼤阪で創業、2022 年 3 ⽉度連結売上⾼ 11,261 百万円、グループ従業員数 268 名(2022 年 3 ⽉末現在)。⼤阪本社とともに、千代⽥区有楽町に東京本社を構える。東証上場(証券コード 2487)。
公式サイト https://www.cdg.co.jp

位置情報ゲーム『テクテクライフ』の観光イベントが北海道・網走市で開催_013

テクテクライフ株式会社について
前作『テクテクテクテク』(ドワンゴ)を引き継ぎ、『テクテクライフ』を開発、運営。『かまいたちの夜 2』などのプロデューサーを務めた⽥村寛⼈と、『弟切草』や『かまいたちの夜』、『⾵来のシレン』シリーズなど、数々の名作を⼿掛けたゲームデザイナー⿇野⼀哉が率いる。公式サイト https://www.tekutekulife.com

位置情報ゲーム『テクテクライフ』の観光イベントが北海道・網走市で開催_014

この事業はサマージャンボ宝くじの収益⾦を活⽤して実施しています。

位置情報ゲーム『テクテクライフ』の観光イベントが北海道・網走市で開催_015

ライター
2019年11月加入。小学生の時に『ラグナロクオンライン』に出会ったことがきっかけでオンラインゲームにのめり込む。 コミュニケーション手段としてのゲームを追い続けている。好きなゲームは『アクトレイザー』『モンスターファームアドバンス2』『新・世界樹の迷宮2』など。
Twitter:@fuyunoyozakura
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

新着記事

新着記事

ピックアップ

連載・特集一覧

カテゴリ

その他

若ゲのいたり

SNSで更新情報をお届け!

カテゴリーピックアップ