『呪術廻戦』の世界をモチーフにした「呪術廻戦 人生ゲーム」が2022年7月に発売。領域展開を体験、ルーレットで呪霊を祓いながらゴールを目指す

 タカラトミーは2022年7月、『呪術廻戦』の世界をモチーフにした「呪術廻戦 人生ゲーム」を発売する。

「呪術廻戦 人生ゲーム」が2022年7月に発売_001
画像は「呪術廻戦 人生ゲーム」より

 『呪術廻戦』は、2018年3月より「週刊少年ジャンプ」にて芥見下々が連載しているバトル漫画。人間の負の感情によって生まれる「呪い」をモチーフとしたダークな世界観が特徴で、その中で戦う呪術師を描く作品。

 特級呪物である「両面宿儺」を食らった主人公・虎杖悠仁は、個性豊かな仲間たちと共に呪術師を育てる専門学校・都立呪術高専にて戦いに身を投じていくこととなる。

 『人生ゲーム』で『呪術廻戦』の世界観を楽しむことができる本作では、虎杖悠仁/伏黒恵/釘崎野薔薇/禪院真希/狗巻棘/パンダの6名からひとりを選んでスタートし、コマを進めながら「呪力ポイント」を貯めていく。

呪術廻戦 人生ゲーム
画像は「呪術廻戦 人生ゲーム」より

 両面宿儺の「伏魔御厨子」や五条悟の「無量空処」、真人の「自閉円頓裹」などの「領域展開ボード」が大きな特徴で、特定のマスに止まることで「領域展開」が発動。ボードごとのルールに従って脱出を目指す。

 このほかにも「入学テスト」や「対決!両面宿儺戦」、「京都姉妹校交流会開催」、「呪術甲子園」といった物語に沿ったコーナーが楽しめる。

 また、タッグを組むことができるパートナーカードとして五条悟や七海建人など都立呪術高専の面々のほか、一時的に力を貸してくれる「かもしれない」ライバルカードとして京都校の東堂葵や西宮桃などが登場する。

 さらに、アニメの名シーンをモチーフとした「記憶カード」やルーレットを用いた「呪霊バトル」も盛り込まれており、『呪術廻戦』の世界を友人や家族と楽しむことができるゲームとなっている。

 価格は税込4950円。2022年7月の発売を予定している。

ライター
ベヨネッタとロリポップチェーンソーでゲームに目覚めました。 3D酔いと戦いつつゲームをする傍ら、学生をしています。
Twitter:@d0ntcry4nym0re
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

新着記事

新着記事

ピックアップ

連載・特集一覧

カテゴリ

その他

若ゲのいたり

SNSで更新情報をお届け!

カテゴリーピックアップ