悪魔にとりつかれた自称探偵が謎を解くメトロイドヴァニア『The Last Case of Benedict Fox』発表。ラヴクラフト、ノワール・パルプフィクションに影響を受けた作品

 Rogue Gamesは6月13日に実施された配信イベント「Xbox & Bethesda Games Showcase 2022」にて、メトロイドヴァニア『The Last Case of Benedict Fox』を発表した。対応プラットフォームはXbox Series X|SとPC、発売は2023年となっている。

 『The Last Case of Benedict Fox』はラヴクラフトノワール・パルプフィクション20世紀初頭のジャズ音楽にインスパイアされた作品で、悪魔と戦いつつ、亡くなった人の潜在意識を探り、精巧なパズルを解くメトロイドヴァニア。

 主人公は自称探偵のベネディクト・フォックス。悪魔の仲間にとりつかれているフォックスは、悪魔との絆を頼りに、亡くなった人々の潜在意識に入り込み、若いカップルの殺人事件とその子供の失踪現場となった巨大な老朽化した屋敷の謎を探る。

 「証言」を得るために、記憶や感情、トラウマが物理的な形として姿を現す超現実的な世界へ飛び込むこととなる。

 ラヴクラフトやメトロイドヴァニア好きにはたまらない世界。気になる方はぜひウィッシュリストに登録していただきたい。

ライター
『プリパラ』、『妖怪ウォッチ』ありがとう。黙々とゲームに没頭する日々。こっそりと同人ゲーム、同人誌を作っています。ネオ昭和ビジュアルノベル『ふりかけ☆スペイシー』よろしくお願いします。
Twitter:@zombie_haruchan
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

新着記事

新着記事

ピックアップ

連載・特集一覧

カテゴリ

その他

若ゲのいたり

SNSで更新情報をお届け!

カテゴリーピックアップ