最大4人で協力して吸血鬼やカルト信者に立ち向かうFPS『Redfall』最新映像が公開。テレキネシスやロボットを活用する、キャラクターごとの個性を活かした戦闘が楽しめる

 6月13日(月)開催の「Xbox & Bethesda Games Showcase 2022」にて、『Redfall』の最新ゲームプレイ映像が公開された。

 本作は『ディスオナード』『Pray』といった作品で知られるゲームスタジオ、Arkane Austinの手がける新作FPS。マサチューセッツ州の風光明媚な島に位置する街「レッドフォール」を舞台に吸血鬼たちとの戦いを繰り広げる、最大4人での協力プレイを軸とした作品だ。

 オープンワールドで表現された街には、かつてはにぎわいを見せたダウンタウンや呪われた森、大きな被害を受けたという海辺の通りなどさまざまなロケーションが登場。化学実験の失敗によって生み出されてしまったバンパイアや、それを崇拝する人間の信者たちなどを相手に戦闘を繰り広げる。

Xbox Series X|S、PC向けの協力型FPS『Redfall』最新映像が公開1
(画像はYouTube「Redfall – Official Gameplay Reveal」より)

 今回公開された映像では、銃やガジェットを手に吸血鬼に立ち向かっていくゲームプレイの様子が明らかにされた。単純な射撃戦だけでなく、敵の背後を取るステルスプレイやオレンジ色の弱点部分が露出した敵に近接攻撃でとどめを刺したりと、多彩なアクションが楽しめることが見て取れる。

 また、サポートロボットと共に戦う「Remi De La Rosa」テレキネシスのシールドで敵の攻撃を防ぐ「Layla Ellison」など、キャラクターごとの強力なアビリティを使ったプレイの模様も収録。協力プレイ時にはお互いの能力をうまく活用できるよう、連携して戦うことも重要になりそうだ。

Xbox Series X|S、PC向けの協力型FPS『Redfall』最新映像が公開2
(画像はYouTube「Redfall – Official Gameplay Reveal」より)

 『Redfall』はXbox Series X|SとPC(Windows 10)向けに2023年の発売を予定しており、発売日からGame Passにも対応するとのこと。本作の詳細については公式サイトなども参照されたい。

ライター
1998年生まれ。静岡大学情報学部にてプログラマーの道を志すも、FPSゲーム「Overwatch」に熱中するあまり中途退学。少年期に「アーマード・コア」「ドラッグ オン ドラグーン」などから受けた刺激を忘れられず、プログラミング言語から日本語にシフト。自分の言葉で真実の愛を語るべく奮闘中。「おもしろき こともなき世を おもしろく」するコンピューターゲームの力を信じている。道端のスズメに恋をする乙女。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

新着記事

新着記事

ピックアップ

連載・特集一覧

カテゴリ

その他

若ゲのいたり

SNSで更新情報をお届け!

カテゴリーピックアップ