『リックアンドモーティ』のクリエイターによる不条理ギャグシューティング『High on Life』が発表。「しゃべる銃」でぷにぷにの宇宙人をグちゃグちゃに蹂躙するFPS

 Squanch Gamesは6月13日、「Xbox & Bethesda Games Showcase 2022」にて、『High on Life』を発表した。対応プラットフォームはXbox Series X|S、Xbox One、PC(Steam、Epic Gamesストア)Xbox Game Passにも対応する。

 発売日は10月を予定している。

『リックアンドモーティ』のクリエイターによる不条理ギャグシューティング『High on Life』が発表。「しゃべる銃」でぷにぷにの宇宙人をグちゃグちゃに蹂躙するFPS_01
(画像はHIGH ON LIFE Official Game Trailer – YouTubeより)

 『High on Life』は「喋る宇宙人の銃」を駆使してエイリアンのドラッグカルテルと戦うFPSだ。

 本作の主人公は高校を卒業したものの、仕事も野心も無い女の子。人類は、人間をドラッグとして利用しようと企む宇宙人「ガーマントゥース」とその一味に脅かされているため、喋る銃のパートナーとしてドラッグカルテルを滅ぼし、宇宙一の賞金稼ぎとして世界を救うこととなる。仕事も野心も無い少女がなぜ地球を救うのかは不明だ。

 本作は残虐な不条理ギャグとハイコンテクストなSFが並走するアニメ『リック・アンド・モーティ』や『ソーラー・オポジット』の監督および主要キャラクターの声優として知られるジャスティン・ロイランド氏によるもの。

 公開されたティーザー映像には、同氏が手がけるアニメーション作品を想起させるカートゥーンらしいキャラクターたちとグロテスクなゴア表現、荒唐無稽だがクスっと笑ってしまうコミカルなセリフが確認できるだろう。

 また「喋る宇宙人の銃」の詳細も不明だが、トレーラーでは様々な個性を持った銃たちが登場している。なかには上面がタコ焼き機に似た形状の粘膜になっており、自らの子を敵に射出する銃も登場する。

 ゲームの舞台は「ジャングルの楽園から、宇宙の中心である小惑星の中に作られた都市まで」とされており、荒唐無稽な世界観をじっくりと味わえそうだ。

 本作を手がけるジャスティン・ロイランド氏の代表作『リック・アンド・モーティ』はNetflixで、『ソーラー・オポジット』はディズニー+にて視聴可能だ。

 興味がある読者はジャスティン・ロイランド氏のTwitterをフォローして続報を待とう。

『リックアンドモーティ』のクリエイターによる不条理ギャグシューティング『High on Life』が発表_06
(画像はHIGH ON LIFE Official Game Trailer – YouTubeより)
ライター
ゲームアートやインディーゲームの関心を経て、ニュースを中心にライターをしています。こっそり音楽も作っています。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

新着記事

新着記事

ピックアップ

連載・特集一覧

カテゴリ

その他

若ゲのいたり

SNSで更新情報をお届け!

カテゴリーピックアップ