イカダの上で漂流生活を送るオープンワールドサバイバルゲーム『Raft』正式リリース。新たな3種のロケーションをはじめ、交易所にジューサーなど新要素満載のアップデートが配信

 開発元のRedbeet Interactiveは日本時間の6月21日(火)、『Raft』をPC(Steam)向けに正式リリースした。

 『Raft』は小さなイカダから始まるオープンワールドサバイバルクラフトゲーム。Steamでは2018年から早期アクセス版を配信してきたが、今回ついに正式リリースへと至った形である。

 本作は海上がおもな舞台となっており、プレイヤーは「フック」を使って海に浮かぶ漂流物を集め、自らの拠点となるイカダを拡張していく。サバイバルゲームらしく空腹喉の渇きといった要素が採用されているため、生き延びるためには釣りをして食料を集めたり、清浄器を作って飲料水を確保したりといった工程が欠かせない。

 襲い来るサメの脅威から身を守るために武器を作り、イカダを強化して身を守る。最初はほんの小さなイカダの上で過ごすことになるが、素材を集めて拡張していけば立派な拠点となる。作物を育てるためのプランター調理器をそろえ、より便利に生活を送れるよう建築を進めていこう。

Steam向けオープンワールドサバイバルゲーム『Raft』正式リリース1
(画像はSteam『Raft』販売ページより)

 今回、正式リリースにあたってはこれまでで最大となるアップデートが行われ、ストーリーはついに完結を迎えるという。かつては富裕層が暮らしていたという「Varuna Point」と雪に覆われた「Temperance」という新たなロケーションが登場。さらに、もうひとつ目的地となる場所が実装されているとのことだが、こちらについての情報は伏せられている。

Steam向けオープンワールドサバイバルゲーム『Raft』正式リリース2
(画像はSteam『Raft』販売ページより)

 ツール面では、食材からスムージーを作る新たな「ジューサー」が登場し、特定の料理と組みあわせることでバフを得られるとのこと。また、主要な島に新たに配置された交易所では、不要な資源をさまざまなアイテムと交換することが可能となった。このほかにも既存アイテムの上位版など、非常に多くのアイテムや機械設備、装飾品が追加されている。

 プレイアブルキャラクターも4名が追加され、豊富な新コスチュームも収録。「アンコウ」「ホッキョクグマ」といった新たなエネミーも実装されており、既存プレイヤーの方も新鮮な冒険が楽しめそうだ。くわえて、バグの修正やユーザーインターフェースの刷新、ゲームの最適化などもなされているとのことである。

Steam向けオープンワールドサバイバルゲーム『Raft』正式リリース3
(画像はSteam『Raft』販売ページより)

 『Raft』は現在、フルリリース版をPC(Steam)向けに配信中。価格は定価で1980円(税込)となるが、7月8日(金)までの期間限定で15%オフ1683円で販売中だ。正式リリースでさらに豊富なコンテンツを収録した本作を、この機会に楽しんでみてはいかがだろうか。

ライター
1998年生まれ。静岡大学情報学部にてプログラマーの道を志すも、FPSゲーム「Overwatch」に熱中するあまり中途退学。少年期に「アーマード・コア」「ドラッグ オン ドラグーン」などから受けた刺激を忘れられず、プログラミング言語から日本語にシフト。自分の言葉で真実の愛を語るべく奮闘中。「おもしろき こともなき世を おもしろく」するコンピューターゲームの力を信じている。道端のスズメに恋をする乙女。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

新着記事

新着記事

ピックアップ

連載・特集一覧

カテゴリ

その他

若ゲのいたり

SNSで更新情報をお届け!

カテゴリーピックアップ