薬剤師として村人を救うスローライフの錬金術シミュレーションRPG『Potion Permit』(ポーション パーミット)が9月22日に発売決定。閉鎖的な村で薬剤師として働き、村人の心を開いていく

 株式会社Phoenixxは、錬金術シミュレーションRPG『Potion Permit』を日本・アジア向けに9月22日に発売すると発表した。

 対象プラットフォームはPS4、PS5、Nintendo Switch。なおPQubeからXbox、PC(Steam、Epic Games Store)でも展開する。

スローライフの錬金術シミュレーションRPG『Potion Permit』が9月22日に発売へ_001

 『Potion Permit』(ポーション パーミット)は、薬剤師として村人を救うスローライフの錬金術シミュレーションRPG。

 舞台は、最先端の医術を拒み伝統的な治療法に頼ってきた閉鎖的な村ムーンベリー」。プレイヤーはここに派遣された薬剤師として、体調不良を訴える村人の治療を行うことになった。

スローライフの錬金術シミュレーションRPG『Potion Permit』が9月22日に発売へ_002
スローライフの錬金術シミュレーションRPG『Potion Permit』が9月22日に発売へ_003
スローライフの錬金術シミュレーションRPG『Potion Permit』が9月22日に発売へ_004

 ゲームは村の周りを冒険し、治療に必要な素材を採取していく。しかし外には危険なモンスターとの戦闘も待ち受けている。特効薬を調合・錬金して治療をしていくと、警戒心が強い村人たちから徐々に信頼されていくようになっていく。

 錬金術で武器を強化したり、集めた材料を大釜で混ぜ合わせて調合・錬金して薬を作っていこう。

スローライフの錬金術シミュレーションRPG『Potion Permit』が9月22日に発売へ_005
スローライフの錬金術シミュレーションRPG『Potion Permit』が9月22日に発売へ_006

 村の名士になることや恋人を作って家庭を持つこともできるので、自分のスタイルで悠々自適なスローライフを楽しもう。

 錬金術シミュレーションRPG『Potion Permit』は9月22日に発売予定だ。

ライター
85年生まれ。大阪芸術大学映像学科で映画史を学ぶ。幼少期に『ドラゴンクエストV』に衝撃を受けて、ストーリーメディアとしてのゲームに興味を持つ。その後アドベンチャーゲームに熱中し、『この世の果てで恋を唄う少女YU-NO』がオールタイムベスト。最近ではアドベンチャーゲームの歴史を掘り下げること、映画論とビデオゲームを繋ぐことが使命なのでは、と思い始めてる今日この頃。
Twitter:@fukuyaman
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事に関するタグ

新着記事

新着記事

ピックアップ

連載・特集一覧

カテゴリ

その他

若ゲのいたり

SNSで更新情報をお届け!

カテゴリーピックアップ