最大4人で遊べる建設シミュレーターゲーム『Construction Simulator』9月20日に発売決定。ショベルカーやクレーンなど実在する70種類以上の建設機械が自分の手で動かせる

 販売元のastragon Entertainmentは建設シミュレーターゲーム『Construction Simulator』9月20日(火)に発売すると発表した。

 本作は最大4人までのマルチプレイにも対応した建築シミュレーター。同名シリーズではおなじみとなっていたAtlas社やCaterpillar社などのブランドにくわえ、新たにDAF社、Doosan社といった新たなパートナーと提携しており、ゲーム中では70を超える実在の建設機械を操ることができる。

 これまでに登場していた重機もそれぞれグラフィックを刷新し、細部まで入念にこだわって再現されているとのこと。新たにライセンスパートナーとして参加したEngelbert Strauss社の協力により、プレイヤーキャラクターに装備する個人用保護具も実在の製品を身につけられるようになった。

Steam向けシミュレーターゲーム『Construction Simulator』9月20日に発売決定1
(画像はSteam『Construction Simulator』販売ページより)

 ゲーム中にはアメリカとドイツをベースとした、ふたつの巨大なマップを収録。それぞれで異なるキャンペーンが進行し、計90個以上のタスクに挑むことになるという。

 最初はゼロからのスタートとなるが、ゲームを進めていくうちに湾岸エリアを改装したり、都市のインフラ向上に貢献したりといった大規模かつやりがいある仕事も受けられるようになっていく。その中で会社は成長し、プレイヤーが使える建設機械の種類も増えていく。

 なお、大がかりなミッションのほかにも、手に入れた機材を次々に試せるような多彩な仕事が用意されているとのこと。手に入れた重機を使って街を駆け巡り、自分の仕事の成果を見直してみよう。

Steam向けシミュレーターゲーム『Construction Simulator』9月20日に発売決定2
(画像はSteam『Construction Simulator』販売ページより)

 『Construction Simulator』はPC(Steam)向けに9月20日(火)の発売を予定しており、価格は3600円(税込)となる。日本語の字幕とインターフェースにも対応するとのことなので、気になる方はウィッシュリストに登録しておこう。

ライター
1998年生まれ。静岡大学情報学部にてプログラマーの道を志すも、FPSゲーム「Overwatch」に熱中するあまり中途退学。少年期に「アーマード・コア」「ドラッグ オン ドラグーン」などから受けた刺激を忘れられず、プログラミング言語から日本語にシフト。自分の言葉で真実の愛を語るべく奮闘中。「おもしろき こともなき世を おもしろく」するコンピューターゲームの力を信じている。道端のスズメに恋をする乙女。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

新着記事

新着記事

ピックアップ

連載・特集一覧

カテゴリ

その他

若ゲのいたり

SNSで更新情報をお届け!

カテゴリーピックアップ