ゲーム会社の経営シミュレーションゲーム『Mad Games Tycoon』のNintendo Switch版が発売開始。大ヒットゲームを制作して超一流のゲームスタジオを目指す

 Sticky Rice Gamesは、ゲーム会社の経営シミュレーションゲームMad Games Tycoon』のNintendo Switch版を発売開始した。

 価格は税込3980円。PC(Steam)版で展開していたNintendo Switch移植版となる。

 『Mad Games Tycoon』は、ゲーム制作スタジオを運営する経営シミュレーション。

 舞台はゲーム業界黎明期の1980年代初頭。自宅の小さなガレージとわずかな資金、限られた機材しかない主人公は、小さいながらもゲーム制作スタジオをはじめる。

 ゲームのコンセプトを決めて、スタッフを集めたら、大ヒットゲームの開発にとりかかろう。新しい技術を取り入れ開発スタッフを育て、より大きくてより良いゲームスタジオにしていくのが目的だ。

ゲーム会社の経営シミュレーションゲーム『Mad Games Tycoon』のNintendo Switch版を発売開始_001
(画像はMy Nintendo Storeより)
ゲーム会社の経営シミュレーションゲーム『Mad Games Tycoon』のNintendo Switch版を発売開始_002
(画像はMy Nintendo Storeより)
ゲーム会社の経営シミュレーションゲーム『Mad Games Tycoon』のNintendo Switch版を発売開始_003
(画像はMy Nintendo Storeより)
ゲーム会社の経営シミュレーションゲーム『Mad Games Tycoon』のNintendo Switch版を発売開始_004
(画像はMy Nintendo Storeより)

 ゲーム開発に取り掛かるためには、まずターゲットとなる年齢層や、開発するゲームジャンルを決めよう。アーケード、アクション、RPG、アドベンチャーゲーム、格闘ゲーム、戦略シミュレーション、パズル、版権ゲームなど、多彩なジャンルから予算にあわせて制作をはじめることができる。

 超一流のゲームデザイナーを雇ったり、オフィスを拡充すると、それだけゲームのクオリティをあげることができる。プラットフォームの移り変わりに対応したり、自分のスタジオで市販ゲームエンジンや次世代ゲーム機を作ることもできる。お金さえあれば、他社のゲーム会社を買収することも可能だ。

 ゲーム業界の経営シミュレーション『Mad Games Tycoon』のNintendo Switch版は発売中だ。

ライター
85年生まれ。大阪芸術大学映像学科で映画史を学ぶ。幼少期に『ドラゴンクエストV』に衝撃を受けて、ストーリーメディアとしてのゲームに興味を持つ。その後アドベンチャーゲームに熱中し、『この世の果てで恋を唄う少女YU-NO』がオールタイムベスト。最近ではアドベンチャーゲームの歴史を掘り下げること、映画論とビデオゲームを繋ぐことが使命なのでは、と思い始めてる今日この頃。
Twitter:@fukuyaman
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Amazon売上ランキング

集計期間:2023年2月3日14時~2023年2月3日15時

新着記事

新着記事

ピックアップ

連載・特集一覧

カテゴリ

その他

若ゲのいたり

SNSで更新情報をお届け!

カテゴリーピックアップ