イシイジロウ氏が『TIME TRAVELERS』発売10周年にあわせて思い出を語るスペースを開催予定、7月12日(火)19時開始

 ゲームクリエイターのイシイジロウ氏は、アドベンチャーゲーム『TIME TRAVELERS』(タイムトラベラーズ)の10周年を記念して、Twitterのスペースで北島行徳氏飯野歩氏坂本英城氏と当時の思い出を語るイベントを開催すると発表した。

 開催時期は7月12日(火)19時。なおオフィシャル企画ではないという。

 『TIME TRAVELERS』は、2012年にPS Vita、ニンテンドー3D、PSP向けに発売されたアドベンチャーゲーム。

 舞台は2031年。18年前に起きた「ロストホール」と呼ばれる甚大なる被害をもたらした謎の爆発。そして現代では東京湾に全高2000メートルの「宇宙エレベーター」が天高くそびえ立ち、街の通りには、ホログラムの看板が賑やかに浮かぶ。

 一見平和して希望に満ちた日常だが、世界を変える運命の時間は刻一刻と近づいていた。

 ゲームは立場も目的も違う5人の男女のそれぞれ視点から「時間」をテーマにした物語が描かれる。

イシイジロウ氏が『TIME TRAVELERS』発売10周年にあわせて思い出を語るスペースを開催予定、7月12日(火)19時開始_001
(画像はYouTubeより)
イシイジロウ氏が『TIME TRAVELERS』発売10周年にあわせて思い出を語るスペースを開催予定、7月12日(火)19時開始_002
(画像はYouTubeより)
イシイジロウ氏が『TIME TRAVELERS』発売10周年にあわせて思い出を語るスペースを開催予定、7月12日(火)19時開始_003
(画像はYouTubeより)
イシイジロウ氏が『TIME TRAVELERS』発売10周年にあわせて思い出を語るスペースを開催予定、7月12日(火)19時開始_004
(画像はYouTubeより)

 本作はレベルファイブが発売・開発をしており、『428 〜封鎖された渋谷で〜』のディレクターのイシイジロウ氏、シナリオの北島行徳氏が携わっている。

 今回はイシイジロウ氏に加えて、シナリオの北島行徳氏、演出の飯野歩氏、音楽の坂本英城氏が思い出話に話を咲かせるという。

 『TIME TRAVELERS』のスペースは7月12日(火)19時にイシイジロウ氏のTwitterアカウントにて開始予定だ。

ライター
85年生まれ。大阪芸術大学映像学科で映画史を学ぶ。幼少期に『ドラゴンクエストV』に衝撃を受けて、ストーリーメディアとしてのゲームに興味を持つ。その後アドベンチャーゲームに熱中し、『この世の果てで恋を唄う少女YU-NO』がオールタイムベスト。最近ではアドベンチャーゲームの歴史を掘り下げること、映画論とビデオゲームを繋ぐことが使命なのでは、と思い始めてる今日この頃。
Twitter:@fukuyaman
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

新着記事

新着記事

ピックアップ

連載・特集一覧

カテゴリ

その他

若ゲのいたり

SNSで更新情報をお届け!

カテゴリーピックアップ