『ファイナルファンタジーXIV』にて、同じ地域上の別ワールド群にいるプレイヤーと遊べるようにする「データセンタートラベル」が実装。日本・欧州向けのワールド拡張も実施

【更新 2022/07/06 01:20】ゲーム内へのアクセス集中により、7月5日(火)19時20分ごろからデータセンタートラベル機能を利用できない障害が発生していたため、同機能は一時的に停止されました。続報については公式プレイヤーズサイト「The Lodestone」からチェック可能です。

 スクウェア・エニックスは7月5日(火)、同社が開発・運営するオンラインRPG『ファイナルファンタジーXIV』にて、同じ地域の倫理データセンター(以下、ワールド群)内にあるワールドを自由に移動できるようにする「データセンタートラベル」の実装を含めたアップデートパッチ6.18を公開した。本発表にあわせて日本向けのデータセンターでは新たなワールド群「Meteor」が開設されたほか、欧州向けのデータセンターでも4つのワールドを追加している。

 なお、別のワールド群へ移動中はフリーカンパニー(ギルド)のチャットをはじめ一部の機能を利用できなくなるため、該当の機能を利用する場合は自身のホームワールド(所属するワールド)へ戻る必要がある。

 本作はPS5/PS4、Windows、macOS向けに拡張パッケージ費用+月額制で配信中。本作を初めて遊ぶ人へ向けて、RPG1本分のバトルコンテンツをひとりで進行できるようにするアップデートRPG2本分の内容を無料で楽しめるフリートライアルサービスも提供されている。

 全世界で累計2500万以上のアカウント数を記録した『ファイナルファンタジーXIV』は、スクウェア・エニックスを代表するRPG『ファイナルファンタジー』シリーズの14作目にあたる作品である。作中ではひとりから最大24人まで楽しめるバトルと対人戦のほか、装備・家具を制作するクラフト要素やハウジング、カジノや麻雀など多岐にわたるアクティビティを楽しめる。

『ファイナルファンタジーXIV』にて、同じ地域上の別ワールド群にいるプレイヤーと遊べるようにする「データセンタートラベル」が実装。日本・欧州向けのワールド拡張も実施_001

 プレイヤーコミュニティも活発に機能しており、過去には自身の正体を隠して60歳を超えるゲーム好きの父と本作を遊んだ親子コロナ禍で失われたプレイヤーを追悼する行進1万3800個もの卵をゲーム内で食す挑戦が大きな話題となった。本作を楽しむ芸能人らによる公式ラジオ番組も企画されており、現実の世界にも大きな影響を及ぼしてきた。

 作中では2019年4月に同一のワールド群内で往来できる「ワールド間テレポ」を実装していたが、ほかのワールド群に居るプレイヤーと交流するためには、該当するワールド群での新たなキャラクター作成が必要であった。今回のアップデートにより、新規にキャラクターを作成せずともほかのワールド群にいるプレイヤーとの共闘・交流を楽しめるようになった形だ。

『ファイナルファンタジーXIV』にて、同じ地域上の別ワールド群にいるプレイヤーと遊べるようにする「データセンタートラベル」が実装。日本・欧州向けのワールド拡張も実施_002
移動するワールド群およびワールドの選択画面
(画像は6.18パッチノート公開! | FINAL FANTASY XIV, The Lodestoneより)

 作中では後日、日本向けデータセンターの拡張にともない、所属ワールドの変更サービスを無料で提供する施策も開始日から約2週間にわたって実施される。所属ワールドの変更にはメリットや注意点がそれぞれ存在するため、興味のある人は事前によく検討しておくとよいだろう。

プレスリリースの全文は以下のとおり。


『ファイナルファンタジーXIV』最新アップデートでデータセンター拡張に加え、新機能「データセンタートラベル」を公開!

株式会社スクウェア・エニックスが開発・運営するオンライン RPG『ファイナルファンタジーXIV(以下、FFXIV)』は本日 7 月 5 日(火)のアップデートでデータセンターを拡張すると同時に、データセンターの壁を超えて他プレイヤーと交流ができる「データセンタートラベル」を公開しました。

FFXIV は最新のアップデートパッチ 6.18 でデータセンターを拡張しました。今回拡張したのは日本と欧州地域のデータセンターで、なかでも、日本のプレイヤーに向けては既存の 3 つのデータセンター(Elemental、Gaia、Mana)に加えて、「Meteor」データセンターを新設。より多くのプレイヤーが同時にログインできるようになりました。今後、北米・欧州地域に向けてはさらなるデータセンターの拡張を予定しており、引き続き運営拡大を図っていく予定です。

なお、今回のアップデートにより日本のデータセンターでプレイしている一部の方については、ホームワールドが既存のデータセンターから新設の「Meteor」に変更となります。これに付随する注意点やホームワールド変更の無料化施策などについては、プレイヤーズサイトのお知らせページ(https://sqex.to/VjFfM)をご覧ください。

さらに、本日公開の新機能「データセンタートラベル」によって、データセンターの壁を越えて別データセンターのワールドへ遊びに行くことが可能になりました。日本のデータセンターでプレイしている方は、同じ日本のデータセンターである Elemental・Gaia・ Mana・Meteor にあるワールドを行き来し、移動先のワールドでパーティを組んだり、コンテンツを楽しんだりすることができます。より多くの冒険者との交流をお楽しみください。

『ファイナルファンタジーXIV』にて、同じ地域上の別ワールド群にいるプレイヤーと遊べるようにする「データセンタートラベル」が実装。日本・欧州向けのワールド拡張も実施_003

今後とも FFXIV をよろしくお願いいたします。

ファイナルファンタジーXIV について

『ファイナルファンタジーXIV』はオンライン上の広大な世界を舞台に、世界中のプレイヤーと共に冒険ができる RPG です。キャラクターをカスタマイズし、物語の主人公として世界へ降り立てば、『ファイナルファンタジー』シリーズらしい重厚な世界観や魅力的なキャラクターたち、そして、まだ見ぬ冒険者たちとの出会いが待っています。ひとりで冒険に出かけるもよし、仲間とともに強敵に挑むもよし。家を建ててフレンドと一緒にのんびりしたり、美しい景色のなかで釣りをしたり、ときには遊技場でオンライン麻雀に明け暮れることも……楽しみ方は無限大です!

RPG2 本分のストーリーが無料の「フリートライアル」もあり、まずは多くの冒険者たちが集うこの世界を体験するだけでも、感動や驚きが待っているはず。さあ、この世界の主人公となり、あなただけの冒険へ旅立ちましょう!

【ファイナルファンタジーXIV 公式サイト】
●「ファイナルファンタジーXIV」プロモーションサイト https://sqex.to/oRZf0
●RPG 2 本分の物語が無料で遊べる!「ファイナルファンタジーXIV フリートライアル」 https://sqex.to/0excD
●最新拡張パッケージ「ファイナルファンタジーXIV: 暁月のフィナーレ」 https://sqex.to/8sakn

【商品概要】
タイトル:ファイナルファンタジーXIV
ジャンル:MMORPG(オンラインゲーム)
権利表記:© 2010 – 2022 SQUARE ENIX CO., LTD. All Rights Reserved.


ライター
2019年11月加入。小学生の時に『ラグナロクオンライン』に出会ったことがきっかけでオンラインゲームにのめり込む。 コミュニケーション手段としてのゲームを追い続けている。好きなゲームは『アクトレイザー』『モンスターファームアドバンス2』『新・世界樹の迷宮2』など。
Twitter:@fuyunoyozakura
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

新着記事

新着記事

ピックアップ

連載・特集一覧

カテゴリ

その他

若ゲのいたり

SNSで更新情報をお届け!

カテゴリーピックアップ