6人協力プレイが可能なFPS『Killing Floor 2』Epic Games Storeで無料配布スタート。強烈なスプラッター表現とスローモーション演出が生み出す高い爽快感が魅力

 Epic Games Storeにて『Killing Floor 2』『Ancient Enemy』の2作品が7月15日(金)までの期間限定で無料配布中だ。

 『Killing Floor 2』はTripwire Interactiveが開発したFPSで、最大6人までの協力プレイモードを中心とする作品だ。「ホージン・バイオテック社」の実験の失敗から放たれてしまった軍事用クローン「Zed」に、人類の存亡をかけて立ち向かうという物語を描く。Steamでは2016年に正式リリースされ、その後2020年にEpic Games Store版も発売された形である。

『Killing Floor 2』がEpic Games Storeで無料配布。7月15日まで1
(画像はEpic Games Store『Killing Floor 2』販売ページより)

 前作『Killing Floor』以上に強化された独自の流血表現プログラムを組み込むなど、強烈なスプラッター表現が特徴のひとつ。押し寄せる敵の内臓をえぐり出し、手足を切断し、おびただしい量の血を噴き出させながらプレイヤー達は前進していく。

 さらに時間の進みがスローになる「Zed Time」と呼ばれるシステムを採用しており、アクション映画のヒーローさながらの体験を味わえる。こちらの発動中は画面がモノトーン風になり、ほとばしる鮮血の赤色が一層際立つ絵作りも印象的だ。ユニークな近接武器も多数登場し、爽快感あふれるゲームプレイを楽しめる。

 また、メインとなる協力プレイモードのほかにも最大12人で人間と「Zed」に分かれて戦う独特のPvPモードを収録。無料プレイとなるこの機会に、ぜひフレンドを誘って遊んでみてはいかがだろうか。

『Killing Floor 2』がEpic Games Storeで無料配布。7月15日まで2
(画像はEpic Games Store『Killing Floor 2』販売ページより)

 もうひとつの『Ancient Enemy』はカードバトルを軸に進行していくRPG。『ダーケストダンジョン』『Slay the Spire』などに影響を受けた作品で、「ソリティアスタイル」を名乗る独特のターン制バトルを特徴としている。

 ゲーム中では「悪」が勝利した荒廃した世界を舞台に暗い伝承的なストーリーを描き、登場するロケーションは数十種におよぶとのこと。難易度も3段階が用意されており、高いものでは「悪夢的」な体験を楽しめるという。

『Killing Floor 2』がEpic Games Storeで無料配布。7月15日まで3
(画像はEpic Games Store『Ancient Enemy』販売ページより)

 『Killing Floor 2』と『Ancient Enemy』は7月15日(金)までEpic Games Storeにて無料配布中。同日からは、入れ替わる形で『Idle Champions of the Forgotten Realms』『Wonder Boy: The Dragon’s Trap』の2作品が配布対象となることが予定されている。各タイトルの詳細については、ストアページなども参照されたい。

ライター
1998年生まれ。静岡大学情報学部にてプログラマーの道を志すも、FPSゲーム「Overwatch」に熱中するあまり中途退学。少年期に「アーマード・コア」「ドラッグ オン ドラグーン」などから受けた刺激を忘れられず、プログラミング言語から日本語にシフト。自分の言葉で真実の愛を語るべく奮闘中。「おもしろき こともなき世を おもしろく」するコンピューターゲームの力を信じている。道端のスズメに恋をする乙女。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

新着記事

新着記事

ピックアップ

連載・特集一覧

カテゴリ

その他

若ゲのいたり

SNSで更新情報をお届け!

カテゴリーピックアップ