いま読まれている記事

廃墟となった日本の村を探索するホラーゲーム『廃村巡り』が発売。じめじめとした不気味な村で恐怖体験。マルチエンディングで実況も歓迎

article-thumbnail-220718f

 個人ゲーム開発者のとらんぽ氏は7月16日、ホラーゲーム『廃村巡り』Steamにて発売した。

 価格はいずれも税込みで310円となっており、7月23日まではスペシャルプロモーションとして279円で販売される。

ホラーゲーム『廃村巡り』が発売_001
(画像はSteam:廃村巡り | Haisonmeguriより)

 『廃村巡り』は2000年代の日本の廃村を舞台に、巻き起こる恐怖を描くJホラーウォーキングシミュレーターだ。

 主人公「香織(かおり)」は、学生時代の旧友、麻衣(まい)から「次の土曜日、心霊写真撮りに行こうよ!」という留守電を受ける。昔から”視える”体質の香織は不安を感じながらも、麻衣と共に廃村を訪れることとなる。

 本作の最大の特徴は、なまなましく山奥の風景を描く巧みなレベルデザインだ。テクスチャの解像度やモデルの造形は高精細ではないものの、起伏の激しい土地のいびつなコンクリートや錆びたトタンの小屋、廃墟に配置されたモチーフが演出する僅かな生活の痕跡は、舞台設定にならった不気味さを視覚的に表現している。

 スクリーンショットにクリーチャーやお化けに該当する存在は登場していないものの、梅雨入り前のじめじめとした景色からは、本作がホラーゲームであることを鮮明に物語っている。

 ゲームプレイの詳細は明かされていないが、Steamストアページの操作方法の項目を参照すると、アイテムの確認やアクションのキーが用意されているため、アドベンチャーゲームやサバイバルゲームのようなシステムも実装されている可能性が高いだろう。

 ゲームの想定プレイ時間は30分とされており、3つのエンディングが用意されたマルチエンディング形式となる。ビジュアルは恐怖演出のため明度が低く設定されており、部屋を暗くし、ヘッドホンを使用してゲームをプレイすることが推奨されている。

ホラーゲーム『廃村巡り』が発売_006
(画像はSteam:廃村巡り | Haisonmeguriより)

 このほかに、Steamストアページには配信のガイドラインも記載されている。

 ガイドラインは以下のとおり

歓迎します。事前連絡は不要です。
もしよろしければ、配信ページの概要欄等に本ストアページURLを記載していただけますと幸いです。

 比較的お手頃な価格で購入できるため、興味がある読者はぜひ本作をプレイしてみよう。

ライター
ゲームアートやインディーゲームの関心を経て、ニュースを中心にライターをしています。こっそり音楽も作っています。

本ページはアフィリエイトプログラムによる収益を得ている場合がございます

Amazon売上ランキング

集計期間:2024年6月18日03時~2024年6月18日04時

新着記事

新着記事

ピックアップ

連載・特集一覧

カテゴリ

その他

若ゲのいたり

カテゴリーピックアップ

インタビュー

インタビューの記事一覧