ドラマシリーズ『Fallout』の撮影が開始。グール役の出演俳優が報告。『ウエストワールド』のクリエイターやカイル・マクラクラン氏が出演する期待の実写化

 俳優のウォルトン・ゴギンズ氏は7月18日、Amazon StudiosとBethesdaによるTVドラマシリーズ『Fallout』に関して、本作の撮影が開始したことを自身のInstagram上で明らかにした。

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

Walton Goggins(@waltongogginsbonafide)がシェアした投稿

 ドラマ『Fallout』の原作であるビデオゲームの『Fallout』シリーズはポストアポカリプスの世界をレトロフューチャーなスタイルで描くRPGだ。シリーズのナンバリング2作目まではInterplayが手がける見下ろし視点の作品となっている。その後、2007年にベセスダ・ソフトワークスが知的財産権を獲得し、その後は人気アクションRPGとして展開を開始した。

 ドラマシリーズの『Fallout』の詳細は未だ明らかにされていないが、制作にはドラマシリーズ『ウエストワールド』を手がけるKilter Filmsが携わるという。

 Kilter Filmsはバットマンの実写映画作品である『ダークナイト』三部作や『TENET テネット』で知られるクリストファー・ノーラン監督の弟「ジョナサン・ノーラン」氏とリサ・ジョイ氏夫妻が率いる映像制作会社であり、ドラマシリーズの第一話はジョナサン・ノーラン氏が監督を務める。

 ドラマシリーズの制作は原作の開発元であるベセスダ・ゲーム・スタジオも参加し、製作総指揮はゲームシリーズのディレクターであるトッド・ハワード氏が担当する。

 さらに、出演者として『ツイン・ピークス』にて主人公のデイル・クーパー特別捜査官を演じるカイル・マクラクラン氏をはじめ、マリファナの販売店がモチーフのシチュエーションコメディ『ハイ・ライフ』に出演するアーロン・モートン氏、ゼリア・メンデス-ジョーンズ氏、エラ・パーネル氏がキャストとして発表されている。

 ソースは不明ながら、Twitterでは『Fallout3』でおなじみのロケーション「スーパーデューマーケット」の撮影セットの画像も流通しており、今後の正式な情報解禁に期待したい。

ドラマシリーズ『Fallout』の撮影が開始_001
(画像は『Fallout』がKilter Films TeamsおよびAmazon Studios制作でドラマシリーズ化より)
ライター
ゲームアートやインディーゲームの関心を経て、ニュースを中心にライターをしています。こっそり音楽も作っています。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

新着記事

新着記事

ピックアップ

連載・特集一覧

カテゴリ

その他

若ゲのいたり

SNSで更新情報をお届け!

カテゴリーピックアップ