天空に浮かぶ島々を渡りパズルに挑戦するオープンワールドゲーム『Project S』(仮称)が発表。『DbD』のBehaviourが他スタジオと共同開発。パズルと旅が世界の起源を解き明かす

 カナダのトロントを拠点とするLunarch Studiosと『デッドバイデイライト』の開発元であるBehaviour Interactiveは8月4日、Behaviour Interactiveの創業30周年を記念するイベント「Behaviour Beyond」にて、新作のパズルゲームとして『Project S』(仮称)を発表した。ゲームのテキストは日本語に対応する。

 対応プラットフォームはPC(Steam)で、発売時期は2023年を予定している。

 『Project S』はオープンワールドの世界で展開するパズルゲームだ。詳細は不明だが、Steamストアページによると本作の舞台は天空に浮かぶ島々で構成された神秘の世界。プレイヤーはソロおよびマルチプレイで島々を渡り、旅をしながらマップ上に配置されたパズルを解き明かしていく。

 パズルはマップ上に有機的に配置されており、パズルの種類はグリッドベースのものや3D迷路など、さまざまな種類が用意されている。パズルを解き進めることで様々なクエストが発生し、クエストをこなすことで冒険に役立つアビリティが獲得できるようだ。

 また、王道なファンタジーを想起させるアートワークに伴い、本作のシナリオは「知識と啓蒙の魅力的な神話」を解き明かす物語となる。ゲームを進行していくことで、奇妙なパズルの世界の起源や主人公に命を与えた存在の正体が明かされ、スケールの大きな世界観を楽しめそうだ。

 今後の発表にて、ゲームの正式タイトルをはじめとした更なる情報や、開催を予定しているクローズドベータテストに関する情報がアナウンスされる。そのため、興味がある読者はBehaviour Interactiveの公式Twitterや本作のSteamストアページをチェックして続報を待とう。

ライター
ゲームアートやインディーゲームの関心を経て、ニュースを中心にライターをしています。こっそり音楽も作っています。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

新着記事

新着記事

ピックアップ

連載・特集一覧

カテゴリ

その他

若ゲのいたり

SNSで更新情報をお届け!

カテゴリーピックアップ