『セインツロウ』『Goat Simulator 3』のパブリッシングを務めるKoch Mediaが社名を「PLAION(プレイオン)」に改名。企業が国際化するにあたり、理想的な名前に1年がかりで変更

 パブリッシャーのKoch Mediaは8月4日、同社の社名を変更し、新たに「PLAION(プレイオン)」としてスタートすると発表した。

パブリッシャーのKoch Mediaが社名を「PLAION(プレイオン)」に改名_001
(画像はPLAION PICTURESより)

 Koch Mediaはオーストリアに本社を置くパブリッシャーだ。同社は1994年に設立され、2018年にスウェーデンのビデオゲーム持株会社THQ Nordic AB(後のEmbracer Group)の子会社となる。

 傘下には『セインツロウ』『デッドアイランド』のパブリッシングを務めるDeep Silverや2018年にリリースされた『Kingdom Come: Deliverance』を開発するチェコのデベロッパーのWarhorse Studios、『Screamer』『MotoGP』をはじめとするレースゲームを手掛けてきたMilestoneなど、さまざまなデベロッパーとパブリッシャーを抱えている。また、同社はゲームのパブリッシングのほか、ヨーロッパでの映画の流通も手がけている。

 海外のゲームメディアGamesBeatによるPLAIONのグローバルセールス&マーケティング担当のフランク・ウェーバー氏へのインタビューによると、改名は「会社としてグローバルになることでKoch Mediaという名前が国際的に理想的ではないことが判明したため、ブランディングやネーミングの観点から1年がかりで実施した」という。

 PLAIONは今後、8月23日に『セインツロウ』を発売予定であり、このほかにも『Payday 3』や『Goat Simulator 3』、『The Chant』などの発売を控えている。

ライター
ゲームアートやインディーゲームの関心を経て、ニュースを中心にライターをしています。こっそり音楽も作っています。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

新着記事

新着記事

ピックアップ

連載・特集一覧

カテゴリ

その他

若ゲのいたり

SNSで更新情報をお届け!

カテゴリーピックアップ