PS5用の新型コントローラ「DualSense Edge」発表。スティックやトリガーの入力調節が可能に、背面ボタンも追加

 ソニー・インタラクティブエンタテインメントは8月24日(水)に開催された「2022 gamescom Opening Night LIVE」にて新型コントローラDualSense Edge」を発表した。

 「DualSense Edge」は特定のボタン入力の再マッピングや非アクティブ化、スティックの感度やデッドゾーンの調整といった機能を有する。

 くわえて各トリガーの感度とデッドゾーンも調整が可能となり、トリガーの感度を高めて入力を高速化したり、デッドゾーンを減らしてレースゲームでのスロットルコントロールをより正確に行うことができる。

PS5用新型コントローラ「DualSense Edge」発表1
(画像は「DualSense Edge」に関するPS.Blog記事より)

 スティックは別売りの「スティック モジュール」を購入することで交換できるようになり、さらに3種類の交換可能なスティックキャップを搭載。グリップと安定性を維持しながら、長く快適にゲームを楽しむことが可能となる。

 背面には新たにふたつのボタンが用意され、こちらは他のボタン入力としてマッピングが行える。あわせて「Fn」ボタンでは事前にセットアップしておいたコントローラプロファイルをすばやく選択し、ゲーム内のアクションに集中しながら操作系の変更ができるという。

 今回の発表にあわせて公開された国内版PlayStation.Blogでは、DualSense Edgeのデザインをリードしたアートディレクターの栗原大輔氏から以下のようなコメントが公開されている。

「DualSense Edge ワイヤレスコントローラーを開発する機会をいただけたことは、私たちのチームにとって夢のような出来事でした。私たちは、PlayStation®の象徴的なコントローラーのレガシーを礎に、競技志向のゲーマーの皆さんや、より多くのカスタマイズ性を好むプレイヤーの皆さんなど、それぞれが独自のプレイスタイルに合わせて、要素を試したりカスタマイズしたりできるコントローラーを作りたかったのです。DualSense Edge ワイヤレスコントローラーには、DualSense コントローラーからインスピレーションを得た白と黒のカラーリングや、タッチパッドとトリガーの表面にあしらったユニークなPlayStationシェイプス(△〇×☐)の模様など、プレイヤーの皆さんに楽しんでいただけるようなデザイン上の工夫が施されています。

コントローラーのデザインに対するフィードバックを提供していただいた、多くのゲーマーの皆さん、プロのeスポーツプレイヤーの皆さん、そしてソフトウェアメーカー各社の皆さんに感謝いたします」

– 栗原大輔、アートディレクター

PlayStation.Blogより引用)

PS5用新型コントローラ「DualSense Edge」発表_001
PS5用新型コントローラ「DualSense Edge」発表_002
PS5用新型コントローラ「DualSense Edge」発表_003
PS5用新型コントローラ「DualSense Edge」発表_004
PS5用新型コントローラ「DualSense Edge」発表_005
PS5用新型コントローラ「DualSense Edge」発表_006
PS5用新型コントローラ「DualSense Edge」発表_007

※キャプションの無い画像はすべて配信中の映像からキャプチャしたものです。

ライター
1998年生まれ。静岡大学情報学部にてプログラマーの道を志すも、FPSゲーム「Overwatch」に熱中するあまり中途退学。少年期に「アーマード・コア」「ドラッグ オン ドラグーン」などから受けた刺激を忘れられず、プログラミング言語から日本語にシフト。自分の言葉で真実の愛を語るべく奮闘中。「おもしろき こともなき世を おもしろく」するコンピューターゲームの力を信じている。道端のスズメに恋をする乙女。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Amazon売上ランキング

集計期間:2023年2月3日14時~2023年2月3日15時

新着記事

新着記事

ピックアップ

連載・特集一覧

カテゴリ

その他

若ゲのいたり

SNSで更新情報をお届け!

カテゴリーピックアップ