JR東日本公式の鉄道運転シミュレータ『JR東日本トレインシミュレータ』のSteamストアページ公開。実際にJR東日本の運転士が訓練で使用している業務用シミュレータがみんなの家に

 JR東日本は『JR東日本トレインシミュレータ(JR EAST Train Simulator)』のSteamストアページを公開した。発売は9月20日となっている。

JR東日本公式の鉄道運転シミュレータ『JR東日本トレインシミュレータ』のSteamストアページ公開_001
(画像はSteam『JR EAST Train Simulator』より)

 『JR東日本トレインシミュレータ』は鉄道運転シミュレータで豊富な実績のある音楽館とJR東日本がタッグを組んで制作された公式のゲーム。実際にJR東日本の運転士が訓練で使用している業務用シミュレータを家のPCで体験することができるそうだ。

 シミュレータで発せられる車両や線路からの音は、JR東日本で実際の車両を用いて収録したものを使用。運転士が運転しても違和感のない、リアルな走行音を体感することができる。

JR東日本公式の鉄道運転シミュレータ『JR東日本トレインシミュレータ』のSteamストアページ公開_002
(画像はSteam『JR EAST Train Simulator』より)
JR東日本公式の鉄道運転シミュレータ『JR東日本トレインシミュレータ』のSteamストアページ公開_003
(画像はSteam『JR EAST Train Simulator』より)

 また、計器パネルには速度計などが実際の車両と同じように表示され、運転操作や速度などに応じて忠実に動作。音声や計器パネルの表示は、体験する車両の形式が変わるとその車両のものに切り替わるそうだ。

 本作は早期アクセスとしてのリリース予定で、リリース後は「八高線(キハ110系) 上り 高崎~倉賀野間(約4分 4.4km)」「京浜東北線(E233系1000番台) 南行 大宮~浦和間(約5分 2.7km)」の2区間を遊ぶことができる。今後のアップデートやDLCによって遊べる区間が増えていくそうだ。

 実際の現場でも使われているJR東日本のシミュレータが突如Steamに登場。鉄道ファンはもちろんのこと、JRを使ったことのある多くのゲーマーにとっては必見の作品となるだろう。

ライター
『プリパラ』、『妖怪ウォッチ』ありがとう。黙々とゲームに没頭する日々。こっそりと同人ゲーム、同人誌を作っています。ネオ昭和ビジュアルノベル『ふりかけ☆スペイシー』よろしくお願いします。
Twitter:@zombie_haruchan
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

新着記事

新着記事

ピックアップ

連載・特集一覧

カテゴリ

その他

若ゲのいたり

SNSで更新情報をお届け!

カテゴリーピックアップ