『ポータル』を最新技術でリマスターした『ポータル with RTX』が11月に無料DLCとして配信決定。レイトレーシングに対応し、高解像度テクスチャとともに名作パズルアクションが新生

 NVIDIAは9月21日(水)、『Portal with RTX』を発表した。

 『Portal』はValveから2007年に発売されたパズルアクションゲーム。プレイヤーは撃った場所の空間を繋げる「ポータルガン」を駆使してパズルを解き、ゲームを進めていく。Valveの代表的な作品のひとつであり、『ハーフライフ2』などで知られるゲームエンジン「Source Engine」のうち「Source Engine 2007」を採用している。

 ただし、今回の『Portal with RTX』を開発するのはNVIDIA Lightspeed Studios。2007年発売の『Portal』を最新技術を使ってリマスターするという形だ。

『Portal with RTX』が11月に配信決定。『ポータル』のリマスター作1
(画像はSteam『Portal with RTX』配信ページより)

 照明や反射、光学効果などがよりリアルに表現されるレイトレーシングにより、ゲーム中ではポータル越しの光も描かれる。くわえて高解像度のテクスチャ高品質になった新たな3Dモデルにより、さらにリアリティや没入感の高まった『Portal』を楽しむことができるようになる。

 本作は同日に発表されたNVIDIAの最新GPU「GeForce RTX 40」シリーズにあわせてお披露目されたもの。NVIDIA DLSS 3など、同シリーズに搭載される機能にも対応するようだ。なお「GeForce RTX 40」シリーズに限らず、レイトレーシングに対応したすべてのGPUと互換性を持つ。

『Portal with RTX』が11月に配信決定。『ポータル』のリマスター作2
(画像はSteam『Portal with RTX』配信ページより)

 『Portal with RTX』はオリジナル版『Portal』を所持するプレイヤーに向けた無料のコンテンツとして、11月にリリース予定。インストールすると、ゲーム起動時にオリジナル版の『Portal』をプレイするか、『Portal with RTX』をプレイするかを選択できるようになるという。興味を持たれた方は、ウィッシュリストに登録して配信を待とう。

ライター
1998年生まれ。静岡大学情報学部にてプログラマーの道を志すも、FPSゲーム「Overwatch」に熱中するあまり中途退学。少年期に「アーマード・コア」「ドラッグ オン ドラグーン」などから受けた刺激を忘れられず、プログラミング言語から日本語にシフト。自分の言葉で真実の愛を語るべく奮闘中。「おもしろき こともなき世を おもしろく」するコンピューターゲームの力を信じている。道端のスズメに恋をする乙女。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

新着記事

新着記事

ピックアップ

連載・特集一覧

カテゴリ

その他

若ゲのいたり

SNSで更新情報をお届け!

カテゴリーピックアップ