とあるユーザーの「グラフィックはゲーム開発の最初に完成する」発言に多くのクリエイターが反論。開発初期のゲーム映像、画像が投稿されて大喜利状態に

 とあるTwitterユーザーが「Graphics are the first thing finished in a video game(グラフィックはゲーム開発の最初に完成する)」という旨の発言をし、多くのゲーム開発者が実際の映像や画像を見せながら反論するムーブメントが話題となっている。

 先日『グランド・セフト・オート』新作の開発中の映像がリークしてしまったニュースが話題になったが、その映像に対してグラフィックの悪さを指摘するユーザーが多く存在していた。そして、上記のTwitterユーザーもそのひとりだった。

 ゲーム開発の仕組みが少しでもわかる方であれば、開発中のゲームのグラフィックは仮のものであるということは知ってるはず。しかし、今回の件を見てみると意外とその考えは浸透していないかもしれないと感じる。

 ともあれ、この発言を発端にさまざまなゲーム開発者がTwitterに開発中の映像や画像を投稿し始めたのは興味深い事である。

 まずは『CONTROL』のリードデザイナーであるPaul Ehreth氏の投稿を見てみよう。『CONTROL』は数多くのグラフィックに関する賞を受賞していることで知られる作品で、投稿された映像はその開発初期のものだ。

 映像を見ればわかるように、オブジェクトやキャラクター、ギミックなど見覚えのあるものもあるのだが、我々がプレイしたものとは大きくかけ離れた見た目をしている。「THROW ME」という箱を超能力でコントロールしているシーンは何ともシュールだ。

 つい最近配信が開始した『IMMORTALITY』に関しては、最初の2年の間はAIと戦闘ゲームバランスを整える事を重視し、グラフィックに関しては以下の画像の通り、全くの仮であると投稿した。

 いや、よく考えれば『IMMORTALITY』は『Her Story』のサム・バーロウが開発した実写選択方式アドベンチャーであるため、AIと戦闘ゲームバランスは存在しない。このムーブメントにのっかり、ジョークツイートを投稿する開発者も現れて、大喜利状態だ。

 『Crypt of the NecroDancer』のスピンオフで現在開発中の『Rift of the NecroDancer』のヨガのミニゲームの開発初期モックアップ映像もなかなか面白い。

 他には『Cult of the Lamb』『Horizon: Zero Dawn』など人気作品の開発初期段階の様子を見ることができるので、気になる方は「Graphics are the first thing finished in a video game」で検索していただきたい。

 話は最初に戻るが、『GTA』のようなAAA級のタイトルのゲームの映像がリークされて一般のユーザーの目に届くことは滅多になく、そのようなタイトルは我々の知らないところでコツコツと制作されていると考えるのが当然だ。

 開発中の映像を見ただけで、そのゲームのが良いか悪いかなんて判断することはできない。一連の騒動は、そういう考えがしっかりと世に広がるきっかけとなったひとつの出来事になるだろう。

ライター
『プリパラ』、『妖怪ウォッチ』ありがとう。黙々とゲームに没頭する日々。こっそりと同人ゲーム、同人誌を作っています。ネオ昭和ビジュアルノベル『ふりかけ☆スペイシー』よろしくお願いします。
Twitter:@zombie_haruchan
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

新着記事

新着記事

ピックアップ

連載・特集一覧

カテゴリ

その他

若ゲのいたり

SNSで更新情報をお届け!

カテゴリーピックアップ