キュートな動物たちが暮らす村で生活しつつ、カルトの残した魔法の塔を探索して破滅を回避する異色のゲーム『Lonesome Village』11月1日に発売決定

 開発元のOgre Pixelは10月4日(火)、『Lonesome Village』を11月1日(火)に発売すると発表した。

 本作はキュートなイラスト風のグラフィックが目を引く、生活シミュレーションゲーム。舞台となるのは、かつては「ウブラ」という名で知られ、今は「ロネム」と呼ばれる静かな村だ。プレイヤーは主人公のコヨーテ「Wes」を操作し、農業をしたり、釣りをしたり、自らの家をカスタマイズして生活を送っていく。

 しかしこの土地は、かつてカルトが世界をコントロールするために企てた陰謀のひとつが実行された場所でもあったのだ。その影響から、突如として魔法の塔が現れ、村人たちが消えてしまうという事件が発生する。Wesは迫りくる破滅から村を守るべく、その隠された過去の真実を見つけ出すための冒険に臨む。

『Lonesome Village』11月1日に発売決定。生活シミュレーション&パズルゲーム1
(画像はSteam『Lonesome Village』販売ページより)

 このように不穏な影も見え隠れする作品だが、ストアページには「戦闘なし」と明記されている。ゲームの中核となるのは、上で挙げたような生活シミュレーションの要素と「パズル」にまとまっているようだ。

 Wesは「魔法の虫メガネ」を所持しており、こちらを使うことで通常の視点では見えないものも見えるようになる。隠されたキーオブジェクトを見つけ出したり、ひとつの像でも大きく異なる姿で映し出されたりと、本作の謎解きにおける重要な要素となることがうかがえる。

 もちろん生活シミュレーション的な面でも充実した内容となっており、上述した農業や釣り、家のカスタマイズのほかにも、村人たちとの関係を深めたり宝探しをしたりと、豊富なアクティビティが用意されている。魔法の塔の探索と村での生活、両方を楽しめる点が本作の最大の特徴ということなのだろう。

『Lonesome Village』11月1日に発売決定。生活シミュレーション&パズルゲーム2
(画像はSteam『Lonesome Village』販売ページより)

 『Lonesome Village』は11月1日(火)にNintendo Switch、Xbox One、Xbox Series X|S、PC(Steam)向けに発売予定。Steamストアページの表記によれば日本語の字幕、音声、インターフェースに対応するようだ。すでに無料体験版が公開されているので、興味を持たれた方はこちらからでも触れてみてはいかがだろうか。

ライター
1998年生まれ。静岡大学情報学部にてプログラマーの道を志すも、FPSゲーム「Overwatch」に熱中するあまり中途退学。少年期に「アーマード・コア」「ドラッグ オン ドラグーン」などから受けた刺激を忘れられず、プログラミング言語から日本語にシフト。自分の言葉で真実の愛を語るべく奮闘中。「おもしろき こともなき世を おもしろく」するコンピューターゲームの力を信じている。道端のスズメに恋をする乙女。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

新着記事

新着記事

ピックアップ

連載・特集一覧

カテゴリ

その他

若ゲのいたり

SNSで更新情報をお届け!

カテゴリーピックアップ