『SCP財団』から着想を得た超能力アクションゲームの続編『CONTROL 2』が開発中であると正式に発表。「Heron」と呼ばれていたプロジェクトの実態は『CONTROL』の続編。前作以上に開発規模を拡大

 Remedy Entertainmentは11月11日、超能力アクションゲーム『CONTROL』の続編『CONTROL 2』を開発中であると正式に発表した。

 本作の対応プラットフォームはPS5、Xbox Series X|S、PCで発売時期は明かされていない。

 本作は『CONTROL』から派生した開発規模の大きな作品として「Heron」というコードネームで発表されていた。しかし、この度の発表により「Heron」は正式な続編である『CONTROL 2』であると明かされた。

 前作の『CONTROL』は超常現象を取り扱う政府の秘密機関にて、新任の指揮官として戦うTPSだ。主人公が所属する機関が超常現象の封印に失敗したため、プレイヤーは人類滅亡の危機を阻止すべく暴走した超常現象を追って奔走する。作品の設定は『SCP財団』の影響を受けている。

 ゲームプレイはTPSアクションを基調としているが、歪な物理現象が発生する環境や、超能力を駆使した浮遊感のあるスタイリッシュな戦闘が特徴となっている。

 今回の発表によると本作はRemedy Entertainmentとパブリッシャーである505 Gamesの契約の下で開発される。初期開発予算は5000万ユーロで、『CONTROL』以上に開発規模は拡大している。

 なお、開発は発表時点で初期段階にあるため、本作の発売までしばらく待つ必要があるだろう。興味がある読者はRemedy Entertainmentの公式Twitterウェブサイトをチェックして発売を待とう。

ライター
ゲームアートやインディーゲームの関心を経て、ニュースを中心にライターをしています。こっそり音楽も作っています。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Amazon売上ランキング

集計期間:2023年1月28日08時~2023年1月28日09時

新着記事

新着記事

ピックアップ

連載・特集一覧

カテゴリ

その他

若ゲのいたり

SNSで更新情報をお届け!

カテゴリーピックアップ