依頼者の記憶を改変し、人生の最期を望むままに書き換えるゲーム『Finding Paradise』Nintendo Switchとスマホ版が発売開始。孤独や成長について考えさせられる深みある物語を描く

 X.D. Networkは11月18日(金)、『Finding Paradise』をNintendo Switchとスマートフォン(iOS、Android)向けに配信開始した。

 『Finding Paradise』の前作にあたる『To the Moon』は、2011年にGameSpotのベストストーリー賞、iOS版では110か国にてEditor’s Picksを獲得した高評価作品だ。記憶を改変する技術が発明された世界を舞台に、ふたりのドクターが死の床にあるクライアントの記憶を改ざんし、臨終間際に望むままの人生を送れるよう手助けするといった物語を描いた。

 そんな前作から引き続き、『Finding Paradise』でも同様の設定に基づいた物語をつづる。しかし、記憶を一直線に進むような『To The Moon』とは異なり、今作の主人公「コリン」の場合は幼少期と黄昏期を往復しながら、ミニゲームなどを通じて物語を味わう形となるようだ。

 ストーリーの展開にともない、プレイヤーは徐々にキャラクターの経験に共感するようになっていくという。作品全体を通じて孤独や仲間意識、成長について探求する「心の奥底への発見の旅」のような体験を得られると謳っている。

『Finding Paradise』Nintendo Switchとスマホ版が発売開始1

 本作は2017年からPC(Steam)向けに発売されていたが、こちらは記事執筆時点にいたるまで日本語への対応が行われていない。一方で、今回発売となるNintendo Switchとスマートフォン版では日本語に対応し、グラフィック面もより美しく仕上げられているそうだ。

 『Finding Paradise』は11月18日(金)より、Nintendo Switchとスマートフォン(iOS、Android)向けに発売中。『To The Moon』と同様に、過去作品をプレイしなくても楽しめる内容となっているそうなので、興味を持たれた方はこの機会にプレイしてみてはいかがだろうか。

プレスリリースの全文は以下のとおり。


『To The Moon』の続編、『Finding Paradise』Switch版&モバイル版 本日配信開始

 一生をかけたアドベンチャーゲーム『Finding Paradise』本日配信開始、日本語にも初対応します。

 販売価格はNintendo Switchでは1,200円(税込); スマホではiOS 800円(税込)、GooglePlay 720円(税込)。

世界が認める名作『To The Moon』の続編

 『Finding Paradise』の前に、前作『To The Moon』を紹介します。『To The Moon』は2011年でGameSpotのベストストーリー賞を受賞しており、iOSでは110国からEditor’s Picksを獲得しており、平均9点以上の好評を獲得しています。

 このゲームシリーズでは、人々は記憶を改変する技術を発明しました。二人のドクターはその技術を駆使して、死の床にあるクライアントの記憶を改ざんし、臨終間際に望むままの人生を送れるように手助けをするという物語です。

 背景から考えると、このシリーズの物語は、人々の後悔や心の底からの欲望を中心に展開されると考えやすいです。『To The Moon』で主人公の願望の正体を探すために、プレイヤーは直近の記憶から若い頃の記憶をたどっていくことで、隠された切ない真実を発見していきます。最終的には真実と夢の選択を迫られ、物語の悲喜交々を味わうことになります。

『Finding Paradise』では、また『To The Moon』と異なる醍醐味を体験

 『To The Moon』は異なり、『Finding Paradise』の主人公コリンの要望はより曖昧的で、記憶に触れずに理想的な生活を送れるように、記憶を変えてほしいです。また前作のように、直近の記憶から若い頃の記憶まで一直線に遡るではなく、プレイヤーはコリンの幼少期と黄昏期を往復して、その中で遭遇するストーリーもミニゲームも満載です。

 物語の展開に伴い、プレイヤーは段々とゲームの主人公と似たような経験を共感するように気づきます。それは人々が孤独に対して同じように感じているためです。共感できると、ゲームは画面に閉じこもったものではなくなり、ゲームを通じて自分自身に話しかけてみようとする気持ちが湧いてきて、孤独感から前に進む力を得ることができるようになります。

 『To The Moon』をスクリーン上の恋愛映画を見ていたに例えるなら、『Finding Paradise』は、プレイヤーが主人公の深層心理にダイブし、孤独や、仲間意識、成長について探求する「心の奥底への発見の旅」をしていくことができます。

 前作とは異なる方向性の物語を楽しむことができますし、ゲームを通じて、成長の本当の意味を学ぶことができます。

前作に続く感動を再現

前作をリリースしたX.D. Network Inc.より、100に近いシーン、原画、アイテムをリメイクし、アートをより美しく仕上げ、任天堂スイッチとスマホで名作の感動を再現しています。

 日本語対応のリメイク版がスマホで楽しめるので、いつでもどこでも簡単に物語を楽しむことができます。

 人間は生きていると様々な悩みや葛藤がありますが、本作をプレイすることで、主人公を俯瞰して見れたり、自分と重ね合わせたり、リアルに没入感高く遊べるので、主人公の深い自己探求の旅に同行してみてはいかがでしょうか。

*本作は『To the Moon』と同様、シリーズの過去作をプレイしていなくても楽しめます。

ライター
1998年生まれ。静岡大学情報学部にてプログラマーの道を志すも、FPSゲーム「Overwatch」に熱中するあまり中途退学。少年期に「アーマード・コア」「ドラッグ オン ドラグーン」などから受けた刺激を忘れられず、プログラミング言語から日本語にシフト。自分の言葉で真実の愛を語るべく奮闘中。「おもしろき こともなき世を おもしろく」するコンピューターゲームの力を信じている。道端のスズメに恋をする乙女。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

新着記事

新着記事

ピックアップ

連載・特集一覧

カテゴリ

その他

若ゲのいたり

SNSで更新情報をお届け!

カテゴリーピックアップ