いま読まれている記事

ゲームクリエイターの中裕司氏が『ドラゴンクエスト』『ファイナルファンタジー』関連作の内部情報をめぐるインサイダー取引事件に関して起訴内容を認める。東京地裁で初公判

article-thumbnail-230302z

 スクウェア・エニックスが展開す『ドラゴンクエスト』『ファイナルファンタジー』内部情報をめぐるインサイダー取引事件に関して、3月2日(木)に開かれた東京地裁での初公判にて、金融商品取引法違反の罪へ問われているゲームクリエイターの中裕司被告が起訴内容を認めた。国内メディアのTBS NEWS DIGやNHKニュースが本話題を報じている。

ゲームクリエイターの中裕司氏が『ドラクエ』『FF』関連作のインサイダー取引事件をめぐって起訴内容を認める_001
(画像はTwitter「Yuji Naka / 中 裕司(@nakayuji)」より)

 スクウェア・エニックスの元社員である中被告は2020年以降、Aimingと共同開発していたタクティカルRPG『ドラゴンクエストタクト』や、エイチームと共同開発するバトルロイヤル型アクションゲーム『ファイナルファンタジーVII ザ ファーストソルジャー』に関する公表前の情報をもとに、各企業の会社の株を買い付けた罪に問われている。国内メディアの報道によると、公判のなかで中被告は「公表前にゲームについての事実を知り、株を買ったことは間違いありません」と供述し、起訴内容を認めたという。

 中被告は1984年から2006年にかけてセガへ所属しており、同社の代表作『ソニックシリーズ』における開発の中心人物として活躍。ファンの間では同シリーズを世界へ送り出した“生みの親”とも称されていた。しかし、自身の設立した株式会社プロペでの活動を経て、アクションゲーム『バランワンダーワールド』の開発ディレクターとして2018年にスクウェア・エニックスへ移籍すると状況が一変。2022年4月にはスクウェア・エニックス側に対し、公表禁止の業務命令に関する失効の確認を含めて「発売の半年前にディレクターを外された」とする訴訟を提起していた。

【更新 2022/03/02 21:05】記事初版にて「中被告は1984年から2016年にかけてセガへ所属」と記載しておりましたが、正しくは株式会社プロペを設立した「2006年」までとなります。訂正のうえお詫び申し上げます。

ライター
2019年11月に電ファミへ加入。小学生の時に『ラグナロクオンライン』に出会ったことがきっかけでオンラインゲームにのめり込む。コミュニケーション手段としてのゲームを追い続けている。好きなゲームは『アクトレイザー』『モンスターファームアドバンス2』『新・世界樹の迷宮2』など。
Twitter:@fuyunoyozakura

本ページはアフィリエイトプログラムによる収益を得ている場合がございます

Amazon売上ランキング

集計期間:2024年6月17日15時~2024年6月17日16時

新着記事

新着記事

ピックアップ

連載・特集一覧

カテゴリ

その他

若ゲのいたり

カテゴリーピックアップ

インタビュー

インタビューの記事一覧