いま読まれている記事

ABD戦法は使えない?大会禁止チップ「ダークインビジ」はどうなる?ネットバトラーの疑問に答える『ロックマンエグゼ アドバンスドコレクション』公式ブログが公開

article-thumbnail-230310p

 カプコンは3月10日、『ロックマン』シリーズの公式コミュニティサイト「ロックマンユニティ」にて、本作でディレクターをつとめる江口名人こと江口正和氏へのインタビューを公開した。

 インタビューでは、公式大会で禁止コンボ・チップに指定されていた「プリズムコンボ」「ダークインビジ」のほか、ABD(オートバトルデータ)戦法に関しての詳細も江口氏の口から語られた。

公式大会で禁止コンボ・チップの調整情報など、ネットバトラーの疑問に答える『ロックマンエグゼ アドバンスドコレクション』公式ブログ_001
(画像は改造カードあり!新情報公開!『ロックマンエグゼ アドバンスドコレクション』江口名人に聞く!~アドコレのすべてをお伝え編~より)

 『ロックマンエグゼ』はインターネットが発達したネットワーク社会を舞台に、主人公“光 熱斗”(ひかり ねっと)とそのネットナビ“ロックマン”の活躍を描くデータアクションRPG。

 カードバトルの戦略性とアクションの楽しさが融合したゲーム性と等身大の主人公を描いた物語、さらに玩具やコミック、TVアニメとのメディアミックス展開が人気を呼んだ。第1作の発売から20年が過ぎた現在も、たくさんのプレイヤーに愛されているシリーズだ。

 今回『アドバンスドコレクション』として発売されるにあたって新たに通信対戦や「ランクマッチ」が実装される。そこで問題になったのが、当時大会を脅かしていた凶悪なチップやコンボの存在だった。

 とくに有名なのが「プリズムコンボ【※】」と「ABD戦法」で、インタビュー内でも話題に上がっている。

※プリズムコンボは、『ロックマンエグゼ2』で登場するバトルチップである「プリズム」と「フォレストボム」を組み合わせたコンボで“チップの効果が切れるまで何度でも攻撃を拡散させる”「プリズム」と、“数秒間攻撃判定が出続ける”「フォレストボム」の仕様を組み合わせた凶悪なもの。
相手に無敵を発生させずに削り切るという冷酷無比な技となっていたが、『アドバンスドコレクション』の発売に当たって発生時間の短縮やダメージリアクションの変更など、通信対戦の追加を考慮した調整が実施されることが発表されていた。

 

公式大会で禁止コンボ・チップの調整情報など、ネットバトラーの疑問に答える『ロックマンエグゼ アドバンスドコレクション』公式ブログ_002
(画像は改造カードあり!新情報公開!『ロックマンエグゼ アドバンスドコレクション』江口名人に聞く!~アドコレのすべてをお伝え編~より)

 インタビュー内では、プリズムコンボについて振り返ったうえで、ABD(オートバトルデータ)戦法に関する調整も発表された。

 ABD戦法は、ダークソウルユニゾンと呼ばれるプレイヤーの操作を受け付けない暴走モードの仕様を悪用したもの。ダークソウルユニゾン中、ロックマンは「オートバトルデータ」というデータをもとに無差別に戦闘をおこなう。

 ABD戦法では、ダークソウルユニゾン状態で使用される“隠しパラメータ”を意図的に調整することで、高コスト・高火力の技を連発できる状態を作り出すことが可能となっていた。

 そのため『ロックマンエグゼ5』では、ダークソウルユニゾン状態を意図的に発動できるバトルチップ「ダークインビジ」が公式大会で使用禁止になるなどの措置もとられており、記憶に残っている読者の方もいるのではないだろうか。

 『アドバンスドコレクション』では、隠しパラメータが極端なチップ構成になっていた場合に通常チップを使用するなどの措置がとられ、通信対戦などでは使用できるようになっているとのことだ。

公式大会で禁止コンボ・チップの調整情報など、ネットバトラーの疑問に答える『ロックマンエグゼ アドバンスドコレクション』公式ブログ_003
(画像は改造カードあり!新情報公開!『ロックマンエグゼ アドバンスドコレクション』江口名人に聞く!~アドコレのすべてをお伝え編~より)

 そのほか、記事内では『ロックマンエグゼ5』、『ロックマンエグゼ6』で話題になった「フォルテクロスロックマン」の情報も掲載。「開発初期から絶対に入れたい要素」だったと江口氏の口から語られた。

公式大会で禁止コンボ・チップの調整情報など、ネットバトラーの疑問に答える『ロックマンエグゼ アドバンスドコレクション』公式ブログ_004
(画像は改造カードあり!新情報公開!『ロックマンエグゼ アドバンスドコレクション』江口名人に聞く!~アドコレのすべてをお伝え編~より)

 フォルテクロスの改造カードは2005年に公開された『劇場版ロックマンエグゼ 光と闇の遺産(プログラム)』の来場者特典として配布されていたもので、現在となっては入手が困難だ。

 同作は『劇場版デュエル・マスターズ 闇の城の魔龍凰』と同時上映する形で公開されており、『デュエルマスターズ』とコラボしたチップが存在していた。

 江口氏は、このコラボチップに関して「あのカードゲームとのコラボチップもバッチリ登場しますよ!!」と明言。ファンとしてはうれしい要素となるだろう。

公式大会で禁止コンボ・チップの調整情報など、ネットバトラーの疑問に答える『ロックマンエグゼ アドバンスドコレクション』公式ブログ_005
(画像は【デュエプレ×ロックマンエグゼ】コラボ記念! 15年前の劇場版コラボ記事を振り返る!!より)

 なお、オンライン対戦に関してはいくつか制限があるようで、「出来るだけ使用禁止のカードは無しでいきたい所なんですが」と前置きしつつも、「オールガード1/2」「オールガード2/2」の2種類のチップが使用禁止となることが発表された。

 これらのチップは同時使用で常にガード状態になってしまうことから、健全な対戦環境を築くために必要だったのだろう。
 その代わり、改造カードや配信チップはゲーム開始時からすべて解放されている状態のため、贅沢に使ってロックマンを改造してほしいとしている。

 『ロックマンエグゼ アドバンスドコレクション』は4月14日発売予定、対応プラットフォームはPS4、Nintendo Switch、PC(Steam)となっている。

ライター
最近ゲーム業界にサメ映画ブームが来ている気が・・・え? 『スター・ウォーズ』のゲームが出すぎて手が回らない毎日。1日36時間欲しい。

本ページはアフィリエイトプログラムによる収益を得ている場合がございます

Amazon売上ランキング

集計期間:2024年4月12日19時~2024年4月12日20時

新着記事

新着記事

ピックアップ

連載・特集一覧

カテゴリ

その他

若ゲのいたり

カテゴリーピックアップ