いま読まれている記事

『NEEDY GIRL OVERDOSE』コミカライズが3月21日から「マンガクロス」で連載決定。『吸血鬼すぐ死ぬ』の盆ノ木至氏が原作を担当

article-thumbnail-230317f

 週刊少年チャンピオン編集部の公式Twitterアカウントは3月16日(木)、『NEEDY GIRL OVERDOSE』のコミカライズ作品を「マンガクロス」にて3月21日(火)から連載すると発表した。

 『NEEDY GIRL OVERDOSE』は、最強のインターネットエンジェル(人気配信者)を目指すヒロイン「あめちゃん」との生活を描いたマルチエンディングアドベンチャーゲーム。プレイヤーは彼女の「ピ」となって毎日の行動を決め、30日の期限以内に「超絶最かわてんしちゃん」のフォロワーを100万人獲得することを目指す。

 キャラクターデザイン・メインビジュアルを担当した「お久しぶり」氏をもって「ゲームというよりひとりの女」と言わしめる、狂気的なまでのキャラクターの作り込みが大きな魅力のひとつ。

 2022年1月にPC(Steam)でリリースされ、発売から1か月で累計販売本数は30万本を突破、記事執筆時点ではNintendo Switch版もリリースされており、全世界での売り上げは75万本を突破しているという人気作だ。

『NEEDY GIRL OVERDOSE』コミカライズが3月21日に連載開始1
(画像はニンテンドーeショップ『NEEDY GIRL OVERDOSE』販売ページより)

 このたび発表されたコミカライズでは、原作を『吸血鬼すぐ死ぬ』を連載中の盆ノ木至氏が、作画を大倉ナタ氏がそれぞれ担当する。3月21日(火)の午前10時に第1話が「マンガクロス」に掲載される形となる。

 また、3月16日(木)に発売された「週刊少年チャンピオン 16号」では、ゲーム版の企画やシナリオを担当したにゃるら氏と、コミカライズの原作を担う盆ノ木至氏からのメッセージが掲載されているとのこと。気になる方は、ぜひ雑誌を購入してその内容をチェックしよう。

ライター
1998年生まれ。静岡大学情報学部にてプログラマーの道を志すも、FPSゲーム「Overwatch」に熱中するあまり中途退学。少年期に「アーマード・コア」「ドラッグ オン ドラグーン」などから受けた刺激を忘れられず、プログラミング言語から日本語にシフト。自分の言葉で真実の愛を語るべく奮闘中。「おもしろき こともなき世を おもしろく」するコンピューターゲームの力を信じている。道端のスズメに恋をする乙女。

本ページはアフィリエイトプログラムによる収益を得ている場合がございます

Amazon売上ランキング

集計期間:2024年7月20日06時~2024年7月20日07時

新着記事

新着記事

ピックアップ

連載・特集一覧

カテゴリ

その他

若ゲのいたり

カテゴリーピックアップ