いま読まれている記事

『エルデンリング』や『ダークソウル』を手がけた宮崎英高氏が米タイム誌の選ぶ「世界で最も影響力のある100人」に選出

article-thumbnail-230413z

 フロム・ソフトウェアの代表取締役社長を務める宮崎英高氏が、米タイム誌の定める「世界で最も影響力のある100人のリスト」(タイム 100)に選出された。

宮崎英高氏が米タイム誌の定める「世界で最も影響力のある100人のリスト」に選出_001
(画像はTIME100: The Most Influential People of 2023 | TIMEより)

 宮崎氏は2004年にフロム・ソフトウェアに入社し、『アーマード・コア4』シリーズで初めてディレクターを担当した。その後に『デモンズソウル』『ダークソウル』『ブラッドボーン』『SEKIRO: SHADOWS DIE TWICE』『エルデンリング』などをディレクターとして手がけ、現在はフロム・ソフトウェアの代表取締役社長を務める。

 同氏はこれまでにも日本国内では「日本ゲーム大賞 2022」の経済産業大臣賞、「CEDEC AWARDS 2022」の特別賞を受賞。海外でも「Golden Joystick Awards 2018」にて生涯功労賞(Lifetime Achievement)を受賞するなど、国内外を問わず非常に高い評価を獲得してきたゲームクリエイターだ。

 特に同社の最新作である『エルデンリング』は「Golden Joystick Award」、「The Game Awards」、「D.I.C.E. Awards」、「Game Developers Choice Awards」といった主要4大ゲームアワードすべてでゲーム・オブ・ザ・イヤーに輝く快挙を達成している。

宮崎英高氏が米タイム誌の定める「世界で最も影響力のある100人のリスト」に選出1
(画像はSteam『エルデンリング』販売ページより)

 日本国内で“世界で最も影響力のある100人”と呼ばれる「タイム100」は有識者による議論のもと、タイム誌が2004年から毎年発表している人気企画のひとつ。選出された合計100名の人物は「アイコン」「パイオニア」「タイタン」「アーティスト」「リーダー」「イノベーター」の計6カテゴリに分類されており、宮崎氏は今回“革新者”を意味する「イノベーター」カテゴリでの選出となっている。

 過去にはこれまで、Appleの創業者であるスティーブ・ジョブズ氏やマイクロソフトの共同創業者であるビル・ゲイツ氏、テンセントのCEOである馬化騰氏など、名だたる業界人が選ばれてきた。今回、その一角に宮崎氏も名を連ねた次第である。

 選出にあたり、アドベンチャーゲーム『The Last of Us』シリーズで知られるゲームクリエイターのニール・ドラックマン氏は下記のような選評を寄せている。

初めて宮崎英高のゲームを遊んだとき、私は惨めな気持ちになった。
最初の敵で何度も死に続けた。しかし、ゆっくりと、細部に気を配ってプレイしてみた瞬間、なにかがピタリとはまった。その敵を倒し、ゲームを先に進めることができたのだ。
そこで私はたしかに成長を実感し、快感さえ覚えたのだ!
そしてゲームを進めていくうちに、私はより慎重に、より注意を払って世界を探索するようになっていった。その見返りであるかのように、世界は緊張感や美しさ、驚きを私に与えてくれた。

これこそ、2022年に大ヒットした彼の『エルデンリング』が、世界にビデオゲームの素晴らしさを──テレビのような受動的なメディアでは決して再現できない、ゲームに固有な感情をプレイヤーに引き起こさせるその魅力を──伝える偉大なアンバサダーとなった理由である。彼の作るゲームをプレイしていると、達成感を感じたり、あたかも自分が賢くなったかのように感じる。そうした感情を得られるのも、すべては宮崎と彼ら開発チームの妥協のないやり方のおかげだ。彼はゲームメカニクスや世界観を決して過剰に説明することはない。なぜなら、彼はプレイヤーを信頼しているからだ。プレイヤー自身が、いつか自らの手で見つけ出すことを、信じているからだ。

 宮崎氏は2022年2月発売のアクションRPG『エルデンリング』でディレクターを担当。同作は全世界で累計2000万本を出荷するほどの大ヒットを記録しており、タイム誌編集部は「宮崎氏のゲームはプレイヤーに達成感や賢さを感じさせる。彼はメカニックや伝承を過剰に説明せず、プレイヤー自ら考えて解決する力を信頼している」と評価した。

 上記のほか、2023年の「世界で最も影響力のある100人」では、外交・防衛政策に力を入れた岸田文雄首相も「リーダー」カテゴリとして日本から選出。宮崎氏はサッカープロ選手のリオネル・メッシ氏やTwitter社を買収し黒字化を目指している最中のイーロン・マスク氏ら世界的な著名人と並んでの選出となった。

ライター
1998年生まれ。静岡大学情報学部にてプログラマーの道を志すも、FPSゲーム「Overwatch」に熱中するあまり中途退学。少年期に「アーマード・コア」「ドラッグ オン ドラグーン」などから受けた刺激を忘れられず、プログラミング言語から日本語にシフト。自分の言葉で真実の愛を語るべく奮闘中。「おもしろき こともなき世を おもしろく」するコンピューターゲームの力を信じている。道端のスズメに恋をする乙女。

本ページはアフィリエイトプログラムによる収益を得ている場合がございます

Amazon売上ランキング

集計期間:2024年6月16日15時~2024年6月16日16時

新着記事

新着記事

ピックアップ

連載・特集一覧

カテゴリ

その他

若ゲのいたり

カテゴリーピックアップ

インタビュー

インタビューの記事一覧