いま読まれている記事

AI人形に纏わる惨劇を描くホラー映画『ミーガン』続編(M3GAN 2.0)が海外で2025年5月16日に公開へ。映画版『ファイブ・ナイツ・アット・フレディーズ』を手掛けたブラムハウスの話題作、公開時期の延期を海外メディアが報道

article-thumbnail-240215q

映像制作会社のブラムハウスはホラー映画『M3GAN』の続編『M3GAN 2.0』を2025年の1月17日から5月16日に延期するという。

映像作品などを紹介する海外メディアScreenRantやホラーコンテンツを紹介するメディアBloody Disgusting米IGNなどが報じている。

※映像は『M3GAN』の予告編

『M3GAN』は2023年に公開された「AI搭載人形」にまつわる惨劇を描くホラー映画だ。

物語は交通事故で両親を亡くした少女・ケイディを研究者であるジェマが引き取り幕を開ける。研究者でありながら育児を行うハードルを感じたジェマは研究段階であるAI搭載型の人形「M3GAN(ミーガン)」をケイディに与える。ミーガンとの交流を経て徐々に心を開いていくケイディだが、ミーガンに芽生えたかケイディへの愛は徐々に狂気へと変貌していく……というあらすじだ。

本作は『パラノーマルアクティビティ』やジョーダン・ピール監督の『ゲット・アウト』、映画版『Five Nights at Freddy’s』などを手掛けたラムハウス・プロダクションズと映画『ソウ』や『死霊館』などで知られるジェームズ・ワン氏がタッグを組んで制作された。

日本でも公開されており、公開から3日間で興行収入1億4526万7900円、動員10万660人を記録した人気作となっている。

続編である『M3GAN 2.0』に関する詳細は明かされていないが、この度の報道以前には2025年の1月に公開予定であると発表されており、海外向けの公式ウェブサイトも開設されている。

また、Bloody Disgustingの報道によると、ジェマ役を務めたアリソン・ウィリアムズ、ケイディ役を務めたバイオレット・マッグロウが続投され、 『M3GAN』と同様にアキーラ・クーパー氏が脚本を手掛ける。、また、ジェームズ・ワン氏はプロデュースを担当する。

国内でも大きな話題を呼んだ作品であり、国内での上映にも充分に期待できる。そのため、興味がある読者は今後の続報を待とう。

ライター
ゲームアートやインディーゲームの関心を経て、ニュースを中心にライターをしています。こっそり音楽も作っています。

本ページはアフィリエイトプログラムによる収益を得ている場合がございます

Amazon売上ランキング

集計期間:2024年6月16日16時~2024年6月16日17時

新着記事

新着記事

ピックアップ

連載・特集一覧

カテゴリ

その他

若ゲのいたり

カテゴリーピックアップ

インタビュー

インタビューの記事一覧