いま読まれている記事

サイバー・パンクな世界でエスパーとして犯罪者を追うアドベンチャーゲーム『リードオンリーメモリーズ:ニューロダイバー』発売。全編通してレトロなグラフィックとおしゃれなFM音源が特徴的

article-thumbnail-240516e

5月16日、超能力者となって困難なミッションに挑むアドベンチャーゲーム『リードオンリーメモリーズ:ニューロダイバー』が発売された。対応するプラットフォームはPS5、Nintendo Switch、Xbox Series X/S、Xbox One、PC(Steam)となっている。

本作の主人公は、巨大IT企業ミネルヴァ社に雇われた若きエスパーの「ES88」だ。ES88は人々の記憶を破壊するサイキック「ゴールデン・バタフライ」を追うために、ネオ・サンフランシスコに住む住民の頭の中に潜り込んで調査を行う。

プレイヤーはエスパーのES88を主軸に、人工生命体ニューロダイバーとサイボーグの同僚ゲイトを連れて、人々の記憶を修復する。

本作は、2018年に発売されたサイバー・パンクアドベンチャーゲーム『2064:リードオンリーメモリーズ』の続編だ。ネオ・サンフランシスコを舞台に、前作とは異なる新たなキャラクターが物語を織りなす。なお、Steamストアページによると、前作をプレイしているユーザーは懐かしい顔ぶれに会えるという。

また、本作のBGMはFM音源で制作されており、サウンドトラックはPC-8801/PC-9801パソコンシリーズに搭載されたFM音源チップ、OPNA/YM2608のサウンドに影響を受けているという。

『リードオンリーメモリーズ:ニューロダイバー』はPS5、Nintendo Switch、Xbox Series X/S、Xbox One、PC(Steam)に向けて発売中だ。ダウンロード版は2200円、パッケージ版は3980円となっている。リリース記念セールとして、全プラットフォームで10%オフのセールも開催中だ。

なお、Steamには体験版も配信されている。本作が気になった方は、ぜひ公式サイトや販売サイトを参照してみてほしい。

ライター
MOTHER2でひらがなを覚えてゲームと共に育つ。 国内外問わず、キャラメイクしたりシナリオが分岐するTRPGのようなゲームが好き。 Divinity: Original Sin 2の有志翻訳に参加。 ゴーストオブツシマの舞台となった対馬のガイドもしている。 Xアカウント(旧Twitter)@Tsushimahiro23

本ページはアフィリエイトプログラムによる収益を得ている場合がございます

Amazon売上ランキング

集計期間:2024年6月18日05時~2024年6月18日06時

新着記事

新着記事

ピックアップ

連載・特集一覧

カテゴリ

その他

若ゲのいたり

カテゴリーピックアップ

インタビュー

インタビューの記事一覧