いま読まれている記事

『ドラゴンボール ファイターズ』がSteamにて国内から購入可能に。加えて『ドラゴンボールZ KAKAROT』と『ドラゴンボール ゼノバース2』も含め日本語に対応して購入できるよう制限が解除される

article-thumbnail-240523c

5月23日、バンダイナムコエンターテインメントがSteamにて配信していた『ドラゴンボール ファイターズ』が日本から購入可能になっている。加えて、『ドラゴンボールZ KAKAROT』『ドラゴンボール ゼノバース2』の2作品も購入可能だ。

バンダイナムコエンターテインメントのSteamリストでは、『ドラゴンボール ザ ブレイカーズ』を除きこれら3作品は日本からは購入できない状態が続いていたが、この度購入も可能となった。各作品の対応言語には、日本語も含まれている。

『ドラゴンボールZ KAKAROT』は、プレイヤーが原作の漫画『ドラゴンボール』の主人公である「孫悟空(そんごくう)」を操作して、舞空術による空中散歩や迫真のバトルを楽しめるアクションRPGだ。

ドラゴンボール ゼノバース2』は自らアバターを作り『ドラゴンボール』の世界に生きる住人に教えを請い強者を目指すアクションゲームの続編で、『ドラゴンボール ファイターズ』はいわゆる格闘ゲーム形式で戦えるゲームとなっている。これら3作品は、それぞれが家庭用機に向けて発売されていたタイトルだ。

また、『ドラゴンボール ゼノバース2』には最新のダウンロードコンテンツである「FUTURE SAGA Chapter 1」の追加に加え、無料アップデートが5月24日(金)に配信を控えている。同日、ゲーム本編がXbox Series X/S、Xbox One版も発売される予定だ。

『スーパードラゴンボールヒーローズ ワールドミッション』と初代『ドラゴンボール ゼノバース』に加え、開発中のタイトル『ドラゴンボール Sparking! ZERO』の3タイトルは未だ日本からSteamでは確認できない状態となっている。

『ドラゴンボールZ KAKAROT』、『ドラゴンボール ゼノバース2』、『ドラゴンボール ファイターズ』の3作品が日本からSteamにて購入可能となっている。なお、記事執筆時点で、ドラゴンボール公式Xアカウントやバンダイナムコエンターテインメント公式Xアカウントでの告知はされていない。

ライター
MOTHER2でひらがなを覚えてゲームと共に育つ。 国内外問わず、キャラメイクしたりシナリオが分岐するTRPGのようなゲームが好き。 Divinity: Original Sin 2の有志翻訳に参加。 ゴーストオブツシマの舞台となった対馬のガイドもしている。 Xアカウント(旧Twitter)@Tsushimahiro23

本ページはアフィリエイトプログラムによる収益を得ている場合がございます

Amazon売上ランキング

集計期間:2024年6月22日20時~2024年6月22日21時

新着記事

新着記事

ピックアップ

連載・特集一覧

カテゴリ

その他

ランキング

若ゲのいたり

カテゴリーピックアップ

インタビュー

インタビューの記事一覧