Nintendo Switch 1周年。発表から発売までの狂騒曲を“当時のニュース”から振り返る

 “それ”が発表されたのは、2015年3月17日のことだった。

(映像はYouTube | 任天堂株式会社 株式会社ディー・エヌ・エー 業務・資本提携 共同記者発表会より)

 予告なくこの日に公表された、任天堂とディー・エヌ・エーの業務資本提携、任天堂の人気IPを使ったスマートフォン向けゲームアプリの開発。
 当時スマートフォンゲームの国内市場規模は8000億円台(2014年度 矢野経済研究所調べ)に急成長を果たしており、両社の提携発表はそれに追従した動きを予感させるものだった。

 たとえばこの会見の直後、ロイターの記事に登場したCLSAキャピタルパートナーズのアナリストJay Defibaugh氏は、「任天堂はゲーム専用機から3~5年以内に撤退するだろう」と予測。
 この予測がどのような計算のもとはじきだされたのかには疑問が残るが、任天堂のスマホゲーム参入表明にはこのような大胆な発言が飛び出すほどのインパクトがあったと言えるだろう。

J-CAST | 任天堂、ゲーム専用機から3~5年以内に撤退  ロイターの大胆予測がネットで話題に
【引用】 一方、スマホゲームに戦略が移れば任天堂のゲームファンもそちらに流れるため、従来のゲーム機事業の売り上げがさらに下がることは必至であり、事業自体の終了が迫っている、という内容だった。

 しかし当時の任天堂社長・岩田聡氏は、「家庭用ゲーム専用機の未来をけっして悲観してはおりません」と会見で語っており、ゲーム専用機を見捨ててスマートデバイスへ移行したわけではないと説明した。「いままで以上に専用機ビジネスに展望や情熱を持っている」と。

 その証明のごとく同時に発表されたのが、“全く新しいコンセプトのゲーム専用機プラットフォーム”こと、開発コード“NX”。のちにNintendo Switchと呼ばれ、発売10ヶ月、全世界にて1486万台を販売するゲームハードである。

(画像はNintendo Switch公式サイトより)

 翌4月の投資家向け説明会では同ハードが2017年3月にリリースされることや、5月の朝日新聞の取材ではNXがニンテンドー3DSやWii Uの後継機ではないことも明らかにされた。

 2018年3月3日で2015年の発表から約3年、Nintendo Switch発売からちょうど1年を迎える。発表から発売まで、Nintendo Switchはどのような軌跡を残したのか。
 この記事は、過去のニュースを掘り起こしつつ、時系列ごとにNintendo Switch発売までの狂騒曲的な歴史を振り返ろうとするものである。

文/ishigenn

2016年10月20日、Nintendo Switch映像初公開

 ゲームハードが新たに世に登場する前には、必ずといっていいほどリーク情報と銘打たれたさまざまな噂がささやかれる。
 Nintendo Switchもその例に漏れず、NX発表前には「Androidベースのタブレットを開発中」であるとか、「ニンテンドー3DSの次世代機が登場」といった出自不明の噂がインターネット上に浮上しては消えていった。

 2015年3月のNX発表後にその流れは一気に過熱。自称をふくむ開発者らが流した「スペックが高い、低い」といった情報にはじまり、任天堂の申請したいくつかの特許情報は「NXに採用されるかもしれない」と掘り起こされ、ユーザーがわざわざフェイクニュースのために作った偽のNX画像がインターネット上を駆け巡った。
 “全く新しい”という岩田氏の言葉が想像を掻き立てたのか、けっして好調とは言えなかったWii Uに続く任天堂ハードの全貌に注目が集まったのか。異様な熱気を帯びたNX予想合戦が電子の海では繰り広げられていた。

NXのコントローラーとして出回ったニセモノ
(画像はYouTube | Making the “leaked NX controller”より)

 E3や東京ゲームショウにて発表されるのではないかといった憶測が噂される中、Nintendo Switchという名前であることが明かされたのは、2016年10月20日である。あの“カチンッ”と鳴る特徴的なロゴアニメーションとともに、ハードウェアの外観や概要が映像とともに公開された。
 4gamerに掲載された西川善司氏の記事を筆頭に、1度目の答え合わせの瞬間だったと言ってもいいだろう。

任天堂が申請した特許からコントローラーが分離する構造を有しているのではないかという見方は映像公開前から根強かった。噂が飛び交う中、的確に情報を射抜いたのは海外メディアのEurogamerで、掲載されたモックアップ画像は非常にNintendo Switchの原型に近く、カートリッジ式ゲームソフトを採用している点もピタリだった。
(画像はEurogamer | Nintendo NX is a portable console with detachable controllersより)

 この映像に対しユーザーたちが抱いた感情は? NXの公表から1年以上を経て発表されたNintendo Switchの姿を好意的に受け止めたユーザーが十分にいたように筆者は記憶している。
 翌日にはNVIDIAが技術面で協力していたことを明らかにし、主要なゲームエンジン企業であるUnityやUnreal EngineのEpic Gamesも協賛を示すなど、過去の任天堂ハードにて不安視されてきたサードパーティーとの連携も万全であることを予感させた。

 しかし国内の投資家たちの反応は冷ややかで、この翌日に任天堂の株価は急落。日経新聞をふくめ、非ゲームメディアの報じたNintendo Switchへの投資家の印象には、“失望”や“戸惑い”といったキーワードが散りばめられていた。登場した投資家のほとんどの反応は、目新しさが感じられないというようなものだ。

J-CAST | 任天堂株急落を招いた「Nintendo Switch」 投資家はここに失望した
【引用】 ただ、「持ち運び」のための兼用ゲーム機という発想は、ゲームのプレーを大きく変えるほどのインパクトはなく、想定の範囲内ともいえ、かえって「守り」の印象をもたれた可能性は否定できない。「持ち運ぶ」のであれば、スマホでも十分ということなのかもしれない。

産経ニュース | 任天堂株が一時7%超の急落 新型ゲーム「スイッチ」に失望感か
【引用】 証券アナリストは「携帯型に切り替えられるものの、据え置き型への強いこだわりが感じられ、目新しさがなかった」と評価。節約志向を背景に業界では無料で遊べるスマホゲームが中心となるのは明らかとし、「ファンがいるので最低限は売れるだろうが、今後の業績へのプラス効果は限定的だ」と見通した。

日経新聞 | 任天堂株が大幅安 新ゲーム機の評価に戸惑い
【引用】  スマートフォン(スマホ)向けゲーム「ポケモンGO」の人気で息を吹き返した任天堂株だが、投資家はヒット連発となるかは自信を持ちきれていないようだ。

 Nintendo Switch発売まで、あと134日。Nintendo Switchのさらなる詳細は、2017年1月の発表会にて明かされることとなる。

※据え置き機と携帯機、そして気軽に持ち運びできる据え置き機という3つのプレイスタイルを持つNintendo Switchの初公開映像。

2017年1月13日、Nintendo Switchプレゼンテーション実施

 東京ビックサイトにて施された発表会は、期待と不安のどちらも伴う内容となった。

(画像はYouTube | Nintendo Switch Presentation 2017より)

 具体的には発売日と価格の発表にはじまり、スマートフォンを介したオンラインサービス、さまざまな機能を搭載したコントローラー「Joy-Con」、スクウェア・エニックスやアトラスを含むサードパーティーの新作タイトルなどが公開された。
 Nintendo Switch向けの新作を約束したグラスホッパー・マニファクチュアの須田剛一氏は、壇上でプロレスラー武藤敬司のモノマネを披露し会場は驚き戸惑ったが、それは武藤が過去に新団体を立ち上げたように、同ハードが新たな潮流を生むことを期待したものだったのかもしれない。

 発表されたローンチタイトルは『ゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルド』と『1-2-Switch』のみ。その後も春の『ARMS』、夏の『スプラトゥーン2』、冬の『スーパーマリオ オデッセイ』以外で発売時期が明確に決まったビッグタイトルが存在せず、タイトルラインナップを不安視する声も聞かれた。
 また当初から決まっていたとはいえ、最大の商戦期であるホリデーシーズンから外れる3月という発売日設定も、あらためて不安を煽った。

REUTERS | アングル:任天堂「スイッチ」によぎる不安、発売後2週間が鍵
【引用】
ただ、発売時期は最大の商戦期となる年末ではなく3月だ。価格設定、タイトル数、モバイルとの連携のいずれも市場の高い評価を得たとは言い難く、不安もよぎる。

IT Media | 「Switch」にサプライズなし? 任天堂の株価、急落
【引用】 任天堂が1月13日、家庭用ゲーム機の新型「Nintendo Switch」を3月3日に2万9980円(税別)で発売すると発表したが、株式市場では同社株価が急落した。同時発売タイトルが少なく、今後を期待させるサプライズもなかったという評価のようだ。

 一方で、アナリストや投資家たちの冷ややかな視線と反比例するように、Nintendo Switchに好意的なユーザーたちの熱量を感じさせるニュースも続く。1月14日と15日に開催された1回目となるユーザー体験会では、開場前から2000人を超える長蛇の列が形成された。
 人気タイトルの続編である『スプラトゥーン2』の試遊券は即座になくなり、任天堂はプレイできなかったユーザーたちにTwitter上で謝罪している。

 また、1月21日に開始された予約販売では、4Gamerなどが報じたように実店舗での長蛇の列や即時売り切れといった現象が起きた。
 ただしこの点については、2016年10月に任天堂から公表された年度内200万台の出荷計画や、WierdでNintendo of Americaのレジナルド・フィサメィ社長が伝えたように、ピークシーズンではないためローンチ時の出荷台数が世界全体で少ない数に絞られていたことは考慮しなければならない。
  Nintendo Switchの品薄状況は、部品調達争いの結果、任天堂が意図した台数よりも少なくなってしまったのか、Nintendo Switchを求めるユーザーの多さが予想外のものだったかはわからないが  【※】、発売後も長く続くことになる。

※ 2017年5月にはThe Wall Street Journalが「任天堂とAppleとのあいだで部品生産の取り合いが起きている」と報道。また2017年9月の中間決算発表では、任天堂の君島達己・代表取締役社長が「Nintendo Switchには多くの部品が必要で、メーカーに増産してもらうのも大変だ」とコメントしている。2017年のニュースを通じて見ると、Nintendo Switchの品薄はスマートフォン事業で活況な電子部品生産の確保ができなかったためという見方が強い。

(2018/3/4 13:00 更新)Nintendo Switchの品薄状況における文言を「任天堂が意図したものなのか予想外のものだったのかは判断しかねるが」から、「部品調達争いの結果、任天堂が意図した台数よりも少なくなってしまったのか、Nintendo Switchを求めるユーザーの多さが予想外のものだったかはわからないが」へと修正しました。

(2018/3/4 16:30 更新)この更新文章の位置を記事下部から更新箇所下部へと移動しました。

ファミ通 | Nintendo Switch 体験会 2017いよいよスタート! 開場1時間前の時点で2000人超の大行列!【Nintendo Switch 体験会 2017】
【引用】 開場1時間前となる午前9時の段階で、行列は途切れることなく東京ビッグサイトの入り口まで続いており、ざっと数えたところ2000人以上! ちなみに列は、体験プレイをしたいゲームごとに分かれており、『Splatoon2( スプラトゥーン2)』、『ゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルド』、それ以外のタイトルの3列。午前8時30分の時点では『Splatoon2( スプラトゥーン2)』の列に並ぶ人が圧倒的に多かったが、開場時にはどの列も大行列となっていた。

ITmedia | 任天堂新型機「Switch」予約スタート 販売サイトにアクセス殺到、店舗にも行列
【引用】 Amazonでは30分以内に売り切れ、オムニ7でも10時ごろに完売したほか、ヨドバシやビックカメラは午前10時現在もアクセスが集中しており、ページが表示されなかったり決済画面に進めない状態が続いている。Twitterでも話題になっており、10時時点で「Switch予約」「ヨドバシ」「オムニ7」などがトレンドに入っている。

 1月23日には任天堂公式のマイニンテンドーストアがNintendo Switchと周辺機器の販売を開始したが、アクセスが殺到し503エラーが頻発。
 余談ではあるが、そのエラーページに登場する怪獣が話題を呼び、Nintendo Switch購入の前に立ちはだかるかわいい生き物を人々は親しみを込めて「ニン・ゴジラ」と呼んだ。

 ニューヨークではNintendo Switchを一番最初に買うため、1か月前から店に並ぶという男性も登場、いよいよ発売へ向け購入を切望するユーザーたちの熱量は最高潮に高まっていく。

2017年3月3日、Nintendo Switch発売

 2017年3月3日。東京では前日雨が降っていたが快晴となり、夜はまだ冷え込むものの一桁を推移していた最高気温は16度へと一気に上昇。昼間は分厚いコートを着ていると汗ばむような熱気を反映してか、Nintendo Switchの快調なニュースが各所から届く。

engadget日本版 | 任天堂Switch発売、量販店の状況は?『すでに完売』『次回入荷は未定』
【引用】 当日販売を実施していた都内のビックカメラ有楽町店の店員に在庫状況を尋ねたところ、取材した午前10時半時点で『すでに完売』。次回入荷は未定と話していました。

Game Watch | 任天堂の新型ゲームコンソール「Nintendo Switch」が米国でも発売開始!
【引用】 
GameStop Market Street店のNintendo Switchの在庫は、予約者向けに数百台を用意。予約者の来店に備えて、店舗済みの倉庫にNintendo Switch本体がうずたかく積み上げられていた。一方、当日販売枠はわずか18台しかないという。にもかかわらず当日枠に50人近くが並んでいるが、彼らに並んでいる理由を尋ねたところ、ソフトだけでも買って帰りたいと、いかにも米国のゲームファンらしい前のめりのセリフを聞くことができた。あわよくば筆者も1台と考えていたが、甘い考えだったようだ。

Bloomberg | 任天堂:新型ゲーム機「スイッチ」が発売-店頭に列、売り切れも
【引用】 3日の任天堂株は5日ぶりに反発し、一時前日比4.1%まで上昇した。ジェフリーズのアナリスト アツール・ゴーヤル氏は「今のところ滑り出しが順調なことで市場に安堵(あんど)感が広がっている」と指摘。「発売前から大失敗が予測できたWii Uに比べ、デザインや価格、発売されるソフトなどの面ではるかに期待が持てる」としている。

 ファミ通の発表によると、Nintendo Switchの国内での推定販売台数は発売3日間で33万台、本体と同時にリリースされた『ゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルド』は19万3060本を記録。
 また海外の調査企業SuperDataもgameindustries.bizを通じ、このファミ通の数字も折り込みつつ世界では初週で150万台が販売されたというデータを公開した。ニューヨークタイムスの記者の取材を受けたレジナルド・フィサメィ社長によれば、北米では発売から2日間の販売台数記録がWiiを超えたという。

  3月の発売から数日。Nintendo Switchのカートリッジが苦いことがインターネット上で話題となり、メディアはもちろんYouTuberやSNSを利用する個人ユーザーまで、ゲームソフトを(ときにはゲームハードすらも)舐める人々が続出する珍現象が起きた。

J-Cast | ニンテンドースイッチのソフト苦い騒動 任天堂に「真相」を聞いてみたら…
【引用】 健康に害はありませんのでご安心ください。Nintendo Switchのゲームカードには、苦み成分(デナトニウムベンゾエイト)が塗られています。

 またMetacriticなどを参考に各メディアのレビューを見てもわかるように、ローンチタイトルの『ゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルド』はシリーズ過去作と比較しても類を見ない高評価を浴び、後にThe Game Awards(※参考記事)やD.I.C.E. Awards(※参考記事)といったアワードを中心にゲーム・オブ・ザ・イヤーを席巻することになる。

『ゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルド』が「D.I.C.E. Summit」のゲーム・オブ・ザ・イヤーを獲得。ゲーム業界人が選ぶゲームのアカデミー賞、『時のオカリナ』以来20年振りの栄誉

 2017年4月27日、任天堂は2017年3月期の決算短信の中で、Nintendo Switchの販売台数が全世界で274万台になったことを発表した。
 任天堂が公表していた販売目標などを考慮しても、発表から続いた市場や投資家たちの冷ややかな視線をくつがえした、成功の滑り出しだったと言えるだろう。

発売1周年、そしてこれから

 発売以降もNintendo Switchの好調は続く。任天堂の短信決算を追っていくと、2017年4-6月期で197万台、2017年4-9月期で489万台、2017年4-12月期で1213万台を売り上げている(※これらは3月のローンチ月を除いた期間内の販売台数)。

 今年1月には、全世界での合計販売台数は1486万台に達し、Wii Uの1356万台を超えたことが明らかにされた。
 発売後長きにわたり続いた品薄状態と転売の盛況も、2017年末から徐々にNintendo Switchの生産が安定。発売後も続いた狂騒曲は、2018年に入って徐々に落ち着き悠然としたテンポになり始めている。

(画像はゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルド公式サイトより)

 事前の不安を乗り越え、発売後1年間に渡って大きな成功を納めたと言えるNintendo Switch。その成功には、おそらくいくつかの理由が挙げられる。
 だがその中でも、『ゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルド』や『スプラトゥーン2』、そして『スーパーマリオ オデッセイ』といった強力なラインナップが各シーズンに発売されたことは、大きな理由のひとつになるだろう。

 そういったビッグタイトルが今後も登場していくのかどうかは、発売から1周年を経て、2018年3月3日以降もNintendo Switchが今後躍するのかどうかの鍵を握る。
 発売時期こそ決定していないものの、Nintendo Switch向けには『ポケットモンスター』や『メトロイドプライム4』が発表されており、4月20日には新しい遊びを提案した新商品“Nintendo Labo(ニンテンドーラボ)”の発売が予定されている。また、またサードパーティー製であれば『真・女神転生V』といった作品が開発中となっており、今後もNintendo Directより発せられる情報には注目が集まることだろう。

関連記事:

まず2Dゲームで開発、社員300人で1週間遊ぶ!? 新作ゼルダ、任天堂の驚愕の開発手法に迫る。「時オカ」企画書も公開! 【ゲームの企画書:任天堂・青沼英二×スクエニ・藤澤仁】

任天堂がゲーム情報をどう発信してきたか、総括しよう――ほぼ日『MOTHER3』中止の“反省会”を転機に、今年CEDECの伝説的な8講演に至る道のり

執筆
ニュースから企画まで幅広く執筆予定の編集部デスク。ペーペーのフリーライター時代からゲーム情報サイト「AUTOMATON」の二代目編集長を経て電ファミニコゲーマーにたどり着く。「インディーとか洋ゲーばっかりやってるんでしょ?」とよく言われるが、和ゲーもソシャゲもレトロも楽しくたしなむ雑食派。
Twitter:@ishigenn
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

SNSで話題の記事

新着記事

新着記事

連載・特集一覧

カテゴリ

ゲームマガジン

関連サイト

脳ゲーマー ヒデヲ
若ゲのいたり

カテゴリーピックアップ