エムツーからゲーマーの皆さまへ、早くもお年玉!?井上淳哉氏描き下ろし『エスプレイド 限定版』パッケージイラストを公開!!限定版につけて欲しいアイテムの要望も募集開始

 『エムツーショットトリガーズ』のタイトルとして、コンシューマーゲーム機(PS4?)への初移植が決定し、今から発売が待ち遠しい名作シューティングゲーム『エスプレイド』。
 本作は、「発売決定前に移植作業をはじめてしまう」ことで知られるエムツーが制作をしているだけに、なんと発売日が決まっていないにもかかわらず“限定版用完成イラスト”が完成したという。

 「電ファミ読者さんへ、ちょっと早いけどお年玉です」とメッセージ付きでいただいたイラストが、これだ。ドーン!

 仕事が早いぞエムツーさん! そしてイラスト担当の井上淳哉先生も!

【井上淳哉先生からのイラストに関するコメント】

 

 僕にとって特別な作品なので、全力で描き込みました。
 ショッピングモールは今となっては珍しいモノではなく、湾岸も開発が進みました。湾岸自衛隊やESP者は現れていませんが、夜叉のようなグローバル組織は一般にも知られるようになってきたと思います。20年前に想像した未来に今、僕たちは立っているんですね(感)。
 いちアーケードゲームに無駄に世界観を作り込んで自己満足に浸ったつもりが、予想以上に皆さんに受け入れてもらって感激です。間違いなく人生を変えた作品です。
 まだまだ描き下ろしますので、進展にご注目ください。

 

井上淳哉

 ふつくしい……ゲーム中で繰り広げられる激しい戦闘とはうってかわり、なかなか見られない主人公たちの穏やかな日常シーン。
 井上先生が約20年ぶりに手掛ける主人公たちのイラストも、より今風のタッチになっていて美しい。

 このイラストに関して、エムツーにコメントを寄せていただいた。


Q:井上先生に『エスプレイド』移植決定のお話をされたときは、どんな反応でしたか?
 非常に前向きと言いますか、かなり熱い返答をメールでいただきましたね。嬉しかった反面、これは下手な物は作れないな……というのを開発チーム一同で感じました(笑)。

Q:このイラストを発注したときは、どのようなイメージを伝えましたか?
 最初に公開したイラストが戦闘シーンだったので、それに対になる構図……つまりは2018年12月に戦闘がないifの世界をお願いします、とお伝えしました。

Q:上がってきたイラストを見てどうでしたか?
 『エスプレイド』において彼ら(彼女ら)の日常を描いたイラストというのは今まで殆ど無かったんじゃないでしょうか? 原作ファンとして非常にありがたいです!(プランナー・久保田和樹氏)
 あり得たかもしれない平和な日常……いいですよね。主人公たちの関係性も感じられて最高ですね!(プログラマー・福井将之氏)
 これがパッケージに印刷されて店頭に並んでいたら即買いするしかないな、と思いましたね。(広報・駒林貴行氏)

Q:というか、限定版の発売はもう決まっているんですね!?
 やります! というか、やるしかないでしょう!

Q:井上先生の『エスプレイド』マンガを特典につける、なんてどうでしょう?
 いやあ、どうですかね(笑)。こちらとしてはぜひお願いしたいと思いますが、ここは井上先生のスケジュールしだいかなあと思います。井上先生! どうでしょうか!?

Q:井上先生からエムツーガジェットやゲーム内容についての要望はありましたか?
 先生の事務所にお伺いしたときに、色々とお話をさせていただきましたが、そのときにかなりのアイデアをいただきましたね。


 エムツーショットトリガーズ版『エスプレイド』は、ユーザーの期待が高いうえに、エムツー社内にもファンが多く、これまでと同等かそれ以上の力を入れて制作にあたっているようだ。

 そのため、より多くの方の要望にそった商品にするべく、限定版につけて欲しい特典について意見を募集したいとのこと。
 「こんなアイテムを付けてほしい!」という要望のある方は、下記ツイートにリプライの形で書き込んでほしい!

文/Ron
編集/なかJ

【プレゼントのお知らせ】

 エムツーからのお年玉!『ケツイ』PS4ソフト2本・ポスター5枚のいずれか1点を7名様にプレゼント!
 詳しい応募方法は電ファミニコゲーマー公式Twitter(@denfaminicogame)をチェック!

関連記事:

さあ、『エスプレイド』&『アレスタ』が復活だ!全シューターの悲願を叶えたエムツーが明かす“移植決定の舞台裏”と“移植に賭けるたぎる想い”【『エスプレイド』新規イラストラフ画も公開!】

電ファミ移植希望アンケートで堂々1位のシューティングゲーム『エスプレイド』が開発決定!@エムツー初の自社開催イベント「エムツーショットトリガーズ弩感謝祭」

『魔法大作戦』や『バトルガレッガ』…眠れる名作オールドゲームを現行ハードへ――“移植”の匠集団「エムツー」に聞いたゲーム保存事情【移植希望タイトル募集!】

おはようからおやすみまで、ゲームのことを考えたり考えなかったりしながら暮らしているフリーランスのライター・編集者。
「電撃Nintendo」を中心に長年ゲーム雑誌の仕事をしつつ、最近は他ジャンルのお仕事もいただいています(取材もの中心)。
『デザエモン』を使ってすらまともなシューティングが作れない私にとって、オリジナルのシューティングが作れる人はプロ・アマ問わず尊敬の対象ですよ。 
唯一それなりに作れたゲームですら「クソゲー」と大好評ですから(笑)、ゲーム作りは本当に難しいと思います。 
私が作ったゲームをニコニコ動画にアップしてくださった方がいたので、ご参考までに自らさらしておきます(笑)。『クマンゲリオン』
編集
「電撃セガサターン」、「電撃PS2」、「電撃オンライン」、「電撃レイヤーズ」、「iモードで遊ぼう!」、「mobileASCII」、「デンゲキバズーカ!!」と数々の媒体を渡り歩いて来た40代ファミコン世代の編集者。好きなハードは「ファミコンバージョンのゲームボーイミクロ」。
Twitter : @nkjdfng
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
電ファミのDiscordでこの記事について語ろう!

関連記事

SNSで話題の記事

新着記事

新着記事

連載・特集一覧

カテゴリ

ゲームマガジン

関連サイト

その他

若ゲのいたり
榎本俊二の現代ゲーム用語大全

カテゴリーピックアップ