まお「世界観が日常に近いほど怖い」『クロックタワーゴーストヘッド』【ホラゲレビュー百物語】

※画像はゲームアーカイブス版です(プレイステーション® オフィシャルサイトより)
※画像はゲームアーカイブス版です。(プレイステーション® オフィシャルサイトより)

【ゲーム概要】
 前作までの欧風ゴシックホラー、サイコサスペンスホラーの世界観と異なり、日本を舞台としたJホラー的な雰囲気が特徴のアドベンチャーゲーム。内気で大人しい平凡な女子高生・御堂島優に、さまざまな恐怖が襲い掛かる。

まおのひとことレビュー

 今までの『クロックタワー』シリーズは外国でのお話だったので、まだ幾分よかったのですが、3作目となる今作は、最悪なことに日本が舞台となっております。プレイヤーの日常生活に世界観が近ければ近いほど、プレイするのはキツくなっていきます。登場人物の名前が和名、しかも身近にいる人の名前と被ってた日には、もう感情移入しまくりで、夜怖くて寝ることができなくなります。

 さらに今作ではシザーマンとは別の、新たな怖い人たちが襲い掛かってきます。どんなヤツが出てくるかは、実際プレイして頂いたほうがいいかなと思いますが、一言申しておきますと、全員アルティメットヤバイです。さまざまなギミックを操作が難しいポインターで操作するシステムは変わっておりません(ほめ言葉)。ぜひプレイしてみてほしい作品です。

(動画投稿:まおさん)

プロフィール
 ホラーゲームを中心とした実況プレイ動画投稿、および歌ってみた、生放送で活動。ニコニコではゲーム実況「CALLING ~黒き着信~ 絶叫プレイすると 思うよぉ part1」で390万回再生、ウォッチリスト数は84,000人、動画総再生数は9,000万回。好きな食べ物は、天津飯。

クロックタワー ゴーストヘッド

発売年月日 開発元/発売元 プラットフォーム
1998年3月12日 ヒューマン PlayStation
特記事項
ゲームアーカイブス版(2012年)あり

(C)HUMAN 1998

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
電ファミのDiscordでこの記事について語ろう!

関連記事

SNSで話題の記事

新着記事

新着記事

連載・特集一覧

カテゴリ

ゲームマガジン

関連サイト

その他

若ゲのいたり

カテゴリーピックアップ