見た目は地味だがハマり度高し。武器パーツをぺたぺたくっつけて強くなる、思わずやり込む2スティックシューター登場【レビュー:Bullet Voyage】

 パーツをぺたぺたくっつけてパワーアップ! 長期的な強化と難しさで病み付きになる、全方向スクロールのスマホ用2スティック制シューティングゲームが公開されています。
 『Bullet Voyage』です。

 10月末にApp Storeの「今日のゲーム」で紹介されていたアプリですが、普段ならまったく紹介されそうにない内容で、逆に目立っていました。

 Appleが取り上げるアプリの多くは芸術性や雰囲気に優れるか、知的な要素があるか、もしくは話題作、およびすでに高い評価を得ているもの。
 しかしこの作品は個人制作で、見た目は簡素。そこまで話題ではなく、シューティングなので思考性があるわけでもない……。

 でも、やってみると確かに面白く、中毒性も高い。
 慣れないとすぐにやられてしまう高難度のゲームですが、やるほどに上手くなり、豊富な武器と強化もあって、やめられないゲームになっています。

 アプリ本体は無料。ただし動画広告があります。
 強制の広告は5秒で消せるので、それほど邪魔ではないのですが、コンティニューやボーナスを得るのにも動画広告の視聴が必要。
 ただ、480円の課金でどちらの広告も撤廃できるので(コンティニューやボーナスは無条件で得られるようになる)、長く遊ぶなら広告除去の課金をおすすめします。
 スタミナはありません。

 大量に出てくる敵を撃退しながら狭いフィールドを逃げ回る、耐久型のシューティングゲーム。
 画面左のスティックで移動し、画面右のスティックでショット方向を変えます。
 ショットは自動で連射されます。

 自機は単発のショットを撃つのみで、単体ではすごく弱いのですが、フィールドにランダムに配置される武器パーツを「くっつける」ことで強くなります。
 武器パーツにはシングルショットやダブルショット、レーザーやミサイルなどがあり、たくさんくっつければ、その分だけさまざまな攻撃が発射されます。

 ただしパーツには向きがあり、横向きや後ろ向きにくっつけると、横や後ろに弾を撃つようになります。
 それはそれで側面や後方の敵に対処できるのですが、最初は前方への攻撃力を高めたいところ。
 また、回転ノコギリのような近接武器もあり、これは自機から少し離れた場所につけないと使いづらい。
 向きと位置を考えてくっつける必要があり、それがゲームの要点になっています。

わかりにくいですが、前後左右に武器パーツをつけて、十字方向に弾を撃てるようにしているところ。横や後ろにも少し撃てるようにしたほうが、生存率は上がります。パーツの向きを判断し、慎重にくっつけましょう。

 残機制で、自機が敵に触れるとミス。パーツも敵に当たるとダメージを受けます。
 パーツは一撃では壊れませんが、大量にくっつけると自機が大きくなるので、外側のパーツはどうしてもダメージを受けやすくなります。

 いくつかのゲームモードがありますが、メインモードはステージクリア制で、30秒間耐えることで次に進めます。
 無理に敵を掃討する必要はありませんが、画面を埋め尽くすほどの大量の敵が迫ってくるため、破壊しまくらないと生き残れません。
 また、中ボスはステージが変わっても追いかけてくるので、ずっと放置していると中ボスだらけになって窮地に陥ります。

 とにかく難しいゲームで、最初のうちはあっという間にゲームオーバーになるでしょう。
 逃げ方が悪いと追い詰められるし、ヘタに動き回ると湧き出てきた敵に衝突。
 ステージが進むと敵が包囲してきたり、一列に並んで突っ込んでくるなど、対処法を考えないと耐えられない攻撃も出てきます。

 ただ、各ステージの敵の攻撃パターンと避け方がわかれば、確実に先に進めるようになります。
 上達を実感できるゲームでもあり、それが、延々とやってしまうハマり度に繋がっています。

レーザーを出しながら回転する、巨大な球体が登場するステージ。それに合わせてぐるぐる回らなければなりませんが、攻撃力が十分なら、撃って破壊することができます。ステージごとの攻略法を見つけましょう。
これは画面の隅で粘っているところ。大量の敵が湧き出てくるステージはあまりうろうろせず、隅でじっとしていた方がよいです。ただし、動かないとパーツやクレジットを回収できないのが悩みどころ。

 ゲームオーバーになるとホーム画面に戻ります。
 ここはスマホの人気作『TIME LOCKER』のメニュー画面に似ていて、「難しいけど繰り返してしまう」、「多様な武器を同時に使える」といったゲーム性も『TIME LOCKER』のそれを目指しているように思えます。

 武器のアンロックやパワーアップには「クレジット」が必要で、これはゲーム中に集められます。
 各武器には威力や連射、出現率や射程など、複数の強化項目があり、残機やパーツの装備数、ボムなども強化可能。
 武器の数は(2018/11時点で)17種類も用意されていて、強化要素は豊富です。

 これとは別に「カード」があり、装備することで自機が強化されたり、さまざまな支援効果を得られます。
 ただし、カードは買うと高価で、しかもガチャのように何が出てくるかはランダム。
 基本的には購入ではなく、敵のドロップで集めていくことになります。

『TIME LOCKER』的なホーム画面。自機を操作して強化するパーツや、挑戦するゲームモードを選択します。
不要な武器は再ロックして出現しないようにさせられるので、まずは一度アンロックして使ってみましょう。

 楽しめるゲームですが、色々と文句を言いたくなる点も多いです。
 パーツを大量にくっつけると自機の位置がわかりづらくなるし、パーツの向きも判別しづらい。
 できれば自機は光るか色違いにして欲しいところ。

 「対戦モード」「協力モード」がありますが、対戦モードは相手が見つかるまでボーッと待たないといけないので、まずマッチングされない。
 協力モードはステージ10に到達しないとマルチプレイにならないのですが、そもそもステージ10まで行くのが難しい。そのため、10以降になっても誰も入ってこない。

 カードはアルファベットの略称しか書かれていないので、パッと見では効果がわからないうえに、その大半は対戦用。対戦が機能としているとはいえない現状、多くのカードは単なるハズレ。

 ホーム画面で上部の端に行くと宇宙空間をさまよう「TAKE A VOYAGE」、下部の端まで行くと母星に急行する「TOWARDS TERRA」というモードを遊べるのですが、これらは最初から異様な高難度。
 当面は挑戦しても、意味もわからず瞬殺されます。

 しかし荒削りとはいえ、それでもやってしまう魅力があるのも確か。
 意欲的なアップデートが続いていて、当初よりかなり遊びやすくなっており、個人作成ゆえのフットワークの軽さを感じるので、今後も改善は進んでいくことでしょう。

「TAKE A VOYAGE」モード。無限に広がる宇宙でバトルを楽しめますが、敵の攻撃が激しく、しかも硬い。
使い捨て機体の購入や、広告視聴による強化などを併用しないと戦うのは困難。
救難信号の受信や賞金首の発見といったさまざまなイベントが起こり、それをこなしてスコアを稼いでいきます。

 見た目で避けてしまう人も多いと思いますが、ゲームはかなり楽しめます。
 シューティングといっても弾幕系ではないので、弾を撃ってくるボスもいますが、シューティングが苦手な人でも遊べるはず。
 それでいて、プレイヤーの実力も物をいいます。

 簡単ではありませんが、ついやりたくなってしまい、やりはじめると延々と続けてしまう、そしてやればやるほど味の出る「スルメゲー」ですね。

Bullet Voyage

強化と難しさがクセになる全方向シューティング

・2スティック制 全方向シューティング
・Takn.Factory(日本、個人)
・本体無料、広告あり

文/カムライターオ

関連記事:

電ファミ移植希望アンケートで堂々1位のシューティングゲーム『エスプレイド』が開発決定!@エムツー初の自社開催イベント「エムツーショットトリガーズ弩感謝祭」

ガンダムの名シーンが「シューティングゲーム」という言葉を生んだ!? アクション、シューティング…ゲームのジャンル分けの歴史を徹底考察!

著者
『Ultima Online』や『信長の野望 Online』、『シムシティ4』など、数々のゲームのファンサイトを作成してきた。
 iPhone アプリのレビューサイトを経て電ファミニコゲーマーのお世話に。 
 シューティングとシミュレーションが特に好き。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
電ファミのDiscordでこの記事について語ろう!

関連記事

SNSで話題の記事

新着記事

新着記事

連載・特集一覧

カテゴリ

ゲームマガジン

関連サイト

その他

若ゲのいたり

カテゴリーピックアップ