カイロソフトの最新作は4Xゲーム。町の開発と冒険、戦闘が融合したやり込み建国シミュレーションだ【レビュー:冒険キングダム島】

 モンスターに支配された島に町を築き、人と物資を集めて建物を建て、冒険を繰り返しながら規模を拡大していく、カイロソフトの建国シミュレーションゲームがスマホ向けに公開されています。
 『冒険キングダム島』です。

 開発・冒険・RPGの各要素が盛り込まれた運営シミュレーションゲームで、今風にいうと「4Xゲーム」になるでしょう。

※「4X」は探険(Explore)、拡張(Expand)、開発(Exploit)、殲滅(Exterminate)の4つの要素を備えたシミュレーション(ストラテジー)ゲームを指す言葉で、代表的なものは『シヴィライゼーション』シリーズ。

 もちろんカイロソフトの作品なので、4Xといっても難しくはありません。
 簡単に町の運営を行え、説明も丁寧、親しみのあるドットキャラがちょこまか動いて開拓や収集を行う様子は、眺めているだけでも楽しめます。

 ただ、町を広げていくには探険を繰り返し、手強いボスを打倒する必要があり、モンスターの襲撃を受けることもあります。
 基本は開発シミュレーションですが、RPG要素も非常に強いゲームです。

 既存のカイロソフトのゲームでいうと『冒険ダンジョン村+開拓サバイバル島+大海賊クエスト島』といった感じ。
 カイロのRPG型ゲームの最新作にして集大成といった感がありますね。

 本体無料でスタミナ制の課金型ゲームですが、課金は必須ではありません。
 ただ建物の強化などに待ち時間があり、そしてガチャもあって、その結果でゲームが左右されてしまいます。
 しかし非常に深くやり込める、長く楽しめるゲームでもあります。

 まずは町の中心となる「タウンホール」を設置します。
 そこから一定の範囲が町の敷地となるため、広い平野の中心に置くようにしましょう。

 そして土地(宅地)や倉庫、お宝の鑑定を行う解析所など、町の運営に必要なものをそろえていきますが、この辺りはチュートリアルで案内されるので迷うことはないはず。
 とりあえず木材と野草の倉庫さえあれば、開発は行えます。

 住民は、自動で町の開拓や素材収集を行います。
 草むらを刈ったり、木を伐ったりして野草や木材を集め、建物を建てられる土地を広げつつ、物資を倉庫に運んでくれます。
 疲れたら勝手に休み、夜になったらテントで寝てくれるので、特に何かを与える必要はありませんが、できればベンチや家を早く用意してあげたいところ。

 しかし施設を作れる数には限りがあり、最初は種類もわずかしかありません。
 これを増やすには「研究」を行う必要がありますが、それには「研究所」と「研究家」が必要。
 住民にはそれぞれ職業があり、町人は宝物の鑑定が可能、農民は草刈りや伐採を早く行えます。

 でも、住民を増やすには町の「ランク」を上げなければなりません。
 ランクアップの早道は探険と戦闘。
 そのためには、衛兵や騎士などの戦闘職も欲しいところです。
 主人公的な「国王」もそれなりに戦えますが。

 住民は「派遣」というコマンドで、町の外に出すことができます。
 このゲームのスタミナ(エナジー)は、主にこの派遣で消費されます。

 派遣により郊外にある宝箱や果樹、町の外をうろついている探検家などからお宝を得られ、そして霧に覆われている未探索地域に向かわせることで、そのエリアの調査を行うことができます。
 奥まで探索を進めていけば、いずれボスを発見できるでしょう。

 打倒に成功すればエリアの全貌を明らかにでき、この繰り返しで探険できる土地を増やしていくことができます。

 そのうちモンスターの巣となっている「洞窟」が現れ、町への襲撃を受けるかもしれません。
 それに対抗するためにも、探険を経て戦闘職を鍛えておく必要があります。

 見つけたお宝からは、さまざまなアイテムを得られます。
 どのアイテムも住民に与えるとパワーアップさせることができ、特に食べ物は戦闘に関するステータスを高められます。
 育成も非常に重要で、いずれは経験値を得られる施設も作れるようになるでしょう。

 ただアイテムが増えてくると、今度は倉庫が足りなくなります。
 その研究と増設のためには素材が必要になり、こうして探険・収集・建設を平行して行いつつ、王国を発展させていくことになります。

 かなり盛りだくさんなゲームで、モンスターのタマゴをゲットして仲間に加えたり、ショップを開店して観光客を招き収入を得るなど、豊富な開発・育成の要素があります。
 いずれはふたつ目の町を建設して、物資のやり取りを行えるようにもなるでしょう。

 ただ、やっていて気になるのは「鉱石」「魔石」
 このゲームのメイン素材は「野草・木材・食料・鉱石・魔石」の5つで、草と木は入手しやすく、食料もちょっと大変ですが、生産手段は用意されています。

 しかし鉱石と魔石は、ガチャで当たる発掘施設がないと当面は入手困難。
 鉱石は郊外の砂漠や岩場で手に入れることもできますが、細々としか手に入らず、魔石に至っては滅多に発見できない。

 ところが、鉱石がないと武器屋や防具屋を、魔石がないと技屋やアクセサリ屋をまともに運営できません。
 でも、これらを用意しないと装備の調達手段が限られ、技の習得も困難になります。
 つまり、ゲームの中心的な仕様が、ガチャに左右されます。

 ゲームの進行で課金通貨の「ダイヤ」をかなり頻繁に入手できるので、施設ガチャをやりまくればいずれ入手できるかもしれませんが…… しかしあくまで運次第。
 それに、魔石の鉱山はレアリティ「A」なので厳しい(鉱石はB)。
 引きまくっても鉱石の鉱山さえ出なかったら、ゲームはかなりつらくなります。
 キャラクターもレアリティ「A」と「D」ではかなり強さが違う。

 カイロのアプリで「ガチャ運で左右されるゲーム」は見たくなかったのも本音です……。
 一応、高ランクになれば鉱山は「研究」で入手可能、キャラクターも大量のダイヤと「職業紹介所」という施設があれば、レアリティや職業を選択できるようになりますが……。

 カイロアプリの中でも特に人気が高い「大海賊クエスト島」の後継ともいえる作品。
 開発も戦闘も楽しめて、やり込みも豊富。延々と遊んでしまう作風は相変わらずです。

 ガチャで運営が左右される、建物の移設がない(壊して再設置のみ)、ミスると取り返しのつかない部分がある(町の設置位置など)、カイロ系としてはやや難易度高め(育成でミスって行き詰まっている人もちらほらいる)、といった点が気になりますが、カイロのゲームは一度失敗してリトライし、プレイを最適化するのも楽しみといえるでしょうか。

 Androidで先行公開された当初は不備な点も多かったようですが、アップデートが繰り返されており、今後も改善と拡張は続いていくと思われます。
 カイロファンはもちろん、そうでない方にもイチ押しの作品です。

冒険キングダム島

開発、戦闘、育成、探検、盛りだくさんの建国SLG

(画像は 冒険キングダム島 – AppStore より)

・開発シミュレーション+RPG、4X
・カイロソフト(日本)
・本体無料、課金・スタミナ・ガチャあり

文/カムライターオ

関連記事:

世界新記録の秘訣は世界遺産とパンとストライキ? 『Civilization IV』で紀元前に宇宙へ旅立つ偉業が達成される

“中毒性の魔術師”はいかにして「あと1回」のストラテジーゲームを作るのか?『FTL』、『Into the Breach』で高評価を得たSubset Gamesに聞く「足すのではなく引く開発」の極意

著者
『Ultima Online』や『信長の野望 Online』、『シムシティ4』など、数々のゲームのファンサイトを作成してきた。
 iPhone アプリのレビューサイトを経て電ファミニコゲーマーのお世話に。 
 シューティングとシミュレーションが特に好き。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
電ファミのDiscordでこの記事について語ろう!

関連記事

SNSで話題の記事

新着記事

新着記事

連載・特集一覧

カテゴリ

ゲームマガジン

関連サイト

その他

若ゲのいたり
榎本俊二の現代ゲーム用語大全

カテゴリーピックアップ