新着記事

「おもしろいゲームが売れないときはプロデューサーがヘボい」──『ケイオスリングス』、『ミリオンアーサー』、『鈴木爆発』安藤武博氏に実況者ksonが訊く、プロデュースのノウハウ “ニコニコ自作ゲームフェスMV作~る放送”第3回

 2016年11月2日に催された、“ニコニコ自作ゲームフェスMV作~る放送”第三回の中から、ゲームプロデュースについて語られた部分を抜粋してお届けする。

 イシイジロウ氏に聞く第一弾河野一二三氏に聞く第二弾に続き、第三弾には『鈴木爆発』、『拡散性ミリオンアーサー』などのプロデュースで知られるゲームDJ、安藤武博氏が登場。プロデューサーとは何なのか? ゲームプロデュースとは? 自作ゲームの場合はどう人に広めていくか? などのノウハウを尋ねる回となった。今回も人気の海外実況者ksonが生徒となり、その核心に迫る。

ケッコンしてないからずっと着れますから大丈夫

安藤武博氏(以下、安藤):
 どうもこんばんは。

kson氏(以下、kson):
 こんばんわー。

MC:
 安藤さんとksonさんです。「今日はどんなコスなの?」というコメントが届いていましたが……これは何ですか?

kson:
 これはニンジャとアメリカを足して2でわりました。

MC:
 振り袖も入ってますよね?

kson:
 フリソデ? フリソデとゆーのは?

MC:
 振れる袖がある。

安藤:
 振り袖は結婚すると着られなくなるんだよ。知ってた?

kson:
 ケッコンしてないからずっと着れますから大丈夫です。

MC:
 自分で作ったんですよね?

kson:
 作りました。これはゲームのキャラクターの形をまねしましたからそれは知らなかったです。またかしこくなってしまいました……。

MC:
 ハロウィンだからその衣装なんですか?

kson:
 ハロウィン? ハロウィンはリアジューのイベント。わたしにはカンケイないよね。

安藤、MC:
(笑)。

ゲームプロデューサーは、何をする人か?

MC:
 では安藤さんをご紹介します。ゲームDJ、ゲームプロデューサーをされています。代表作は『鈴木爆発』(2000年)、『ヘビーメタルサンダー』(2005年)、『ケイオスリングス』(2010年)、『拡散性ミリオンアーサー』(2012年)、テレビ番組『実在性ミリオンアーサー』(2014年) など。そして『シシララTV』や『シシララTV ニコニコチャンネル』というメディアを運営されています。皆さんご存知のタイトルですね。

安藤:
 こう見えて、けっこう長いことゲームを作っています。

MC:
 「鈴木爆発とか面白かった」、「実在性で見た」、「ミリオンアーサー好き」、「結構知ってるタイトルあった」などのコメントが。『鈴木爆発』がいちばん知られているんですね。きっとちょっとおっさんが多いんですね。

kson:
 オッサン。

安藤:
 『鈴木爆発』は16年ぐらい前のゲームだね。

MC:
 プレイステーション黎明期のタイトルでしたね。そんな安藤さんに、今日は“自作ゲームのプロデュース”についてお伺いしていきたいと思います。

安藤:
 マジメな話ですね?

MC:
 マジメです! じつはこの番組はめちゃくちゃマジメでして、マジメすぎて、たいてい視聴者を置いてきぼりにしています。

安藤:
 それは本当ですか?  みんなksonのおっぱいが目当てで観ているんでしょ?

MC:
 ええ。目はこちら、耳はこちらという感じです。

安藤:
 そういうことなんだ。

kson:
 そーゆーことですよ。

安藤:
 わかりました、じゃあksonを観ながら、俺のマジメな話を聞いてください。カメラはずっとksonを映していていいですよ。 ではゆっくり喋りたいと思います。

kson:
 Thank you!

MC:
 さてksonさん、プロデューサーって何をする人かわかりますか?

kson:
 プロデューサーは……何をするかはあんまりわからないと思います。

安藤:
 これはプロでも正確にはっきりと説明できる人が少ない、とても不思議なお仕事なんですよ。

MC:
 ゲーム番組などでは、プロデューサーと名乗る、何をしているかわからないけど偉い感じの人を見ますね(笑)。

安藤:
 偉い人には見えますね。たとえば音楽や芸能でも、秋元康さんや、小室哲哉さん、つんくさんなど、“偉い人”というイメージがありますよね。

MC:
 秋元さんは今度は二次元をプロデュースされるということで、ますますプロデューサーという役割が何をするものなのかわかりません。

安藤:
 ええ。プロデューサーは本当に不思議な役目で、人によってやる仕事は変わります。偉い人であることは多いですね。

MC:
 そのあたりの話を今日はお伺いして、それを自作ゲームに応用したいのですが……自作ではプロデュースも何もすべてひとりでやることが多いのですが、役に立つのでしょうか。

安藤:
 プロデュース能力は自作ゲームを作るうえでも、とても大事ですよ。だから今日はそこを勉強しましょう。たとえばksonはプロデュース能力が高いと思いますよ。自分のことがよくわかっている。

kson:
 おー。エラい人。

安藤:
 プロデューサーって、自分を自分よりも大きく見せるような“お祭り”を起こす人なんですよ。プロデューサーがイケていたりイケていなかったりで、ゲームの発売日にお祭りが起こったり起こらなかったりするんです。ゲームが発売されるときに、「今週は『龍が如く』が出るから楽しみ~」ということってあるでしょ?

kson:
 あります。

安藤:
 でもゲームによっては、「あれ? いつの間にか出ていた」ということもある。これは、ちゃんとお祭りになったかどうかの違いです。そのお祭りを起こす人がプロデューサーなんですよ。ksonも、こうして自分でちゃんと「日本とアメリカを取り入れよう」と衣装を考えて着てくるから「かわいい」と言われるわけで。 kson自身をお祭りにしているわけです。

MC:
 僕はこのあたり(胸元)にもお祭り感を感じます。

kson:
 大きく見せます。

安藤:
 これがスウェットだと目立たない。つまりプロデューサーとは、スウェットにせず、ちゃんとこういう衣装をゲームに着せてお祭りカラーに彩っていく人なんです。

MC:
 本人を120%、150%に……。

kson:
 大きくして見せるということですね。

安藤:
 魅力的に見せる人ですよね。

  • 電ファミ公式twitter
  • LINE@開設しました

この記事へのコメント3

コメントを書く
  • “みんなが遊びたいもの”と“誰かが作りたいもの”をマッチングさせる行為、という説明がわかりやすかったし、考えさせられる。
    読んでると、分かりやすく説明するのが上手い人だなぁと感じた。それがプロデューサーなんだろうね。
  • プロデューサー業についていいお話し。プロデューサーは役割であり役職ではない
  • ご自身で話が上手いと言うだけあって、分かりやすくて興味深い内容ばかりでした。特にプロデューサーとディレクターの違いは、すごくしっくりきました。

関連記事

新着記事