人喰いの大鷲“トリコ”を身体測定──体長はティラノサウルスの2倍。やっぱりデカかった!

イラスト/近藤ゆたか

 『人食いの大鷲トリコ』は、リアルな描写に吸い込まれそうなゲームだ。なかでも廃墟から外に出たトリコが、明るい光を浴びながら、羽毛を風に吹かれる場面が美しい。このゲームの世界に、自分も行ってみたいと思った。

画像はプレイステーション オフィシャルサイトより。

 トリコは大鷲の名の通り、全身は羽毛に包まれ、背中には小さいながらも翼がある。ところが、4本の足で歩き、長い尻尾を持つ。鳥類と哺乳類の両方の特質を備えているのだ。そして何よりデカイ。明らかにアフリカゾウを上回る

現生する陸棲動物では最大種のアフリカゾウ。
(画像はWikipediaより)

 ゲームは、主人公の少年が、見覚えのない廃墟で目覚めるところから始まる。そしてトリコに気づくと、体に刺さった槍を抜き、鎖のついた首輪を外し、エサの入った樽を運んでやる。こうして心を通わせていくのだが、あまりにも勇敢ではないだろうか。筆者なら、トリコを見た瞬間、腰がスッポ抜けると思います~。

 この勇気ある少年のように、トリコの世話をすることは、どれほど大変なことなのか。それは、トリコがどんな生物かによって、大きく変わってくるだろう。

ティラノサウルスよりデカイ!

 まずは、トリコの大きさを求めよう。
 少年がトリコと向き合ったシーンで測ると、トリコの頭頂から顎までの長さは、少年の身長の1.7倍もある。少年は10歳ぐらいに見えるから、その身長を10歳男児の平均に近い140cmとすると、トリコの頭頂から顎までは2.2m! 同じぐらいの高さのものを探すと、大型の2tトラックの運転席の屋根がそれに近い。つまり、頭部だけで2tトラックほどもある!
 すると、全身はどんな大きさなのか。トリコの全身が映った場面で同様の計算をすると、頭からお尻までの「頭胴長」が13m、肩の高さが6m、尻尾の長さが8m。アフリカゾウの最大個体でも頭胴長は7.5mだから、その2倍に迫る

 恐竜と比べると、どうか。ティラノサウルスは最大で体長13mだったと言われるが、それは尻尾まで含めた「体長」だ。トリコは頭胴長だけで、ティラノサウルスと同じ大きさがある!
 では、体重は? トリコは全身が羽毛に包まれているが、足が4本あり、全体のフォルムはオオカミに近い。オオカミは、大きなもので頭胴長1.6m、体重50kg。もし、頭胴長13mのオオカミがいたとして、トリコの体重がそれと同じだったとすれば、仰天の24tである! ティラノザウルスは最大で7tと推定されているから、その3倍を超える。トリコが実在したら、地球史上最強の陸上動物と恐れられるだろう

1日に必要なエサの量もスゴイ!

 この巨体で、エサはどのくらい食べるのか?
 トリコの目は、顔の正面についている。これは獲物までの距離を目測するのに適した、肉食動物の特徴だ。おそらくトリコは肉食で、あの樽にも肉が入っているのだろう。
 肉食となると、ますますオオカミが参考になる。トリコの体重はオオカミの480倍だが、オオカミの480倍も食べるわけではない。動物の体が大きいほど、体重に比べてエサの量は少なくなるのだ。体重が480倍の場合、エサの量は100倍ほどと考えられる。野生のオオカミは、1日に6kgの肉を食べるから、トリコはおそらく1日に600kgぐらい食べるだろう。

ヨーロッパオオカミ
(画像はWikipediaより)

 その場合、エサの樽はどれくらい必要なのか? 樽の各部のサイズや、ギリギリで水に浮かんでいた点などから計算すると、樽の内容量は60kgと推定される。1日に600kgを食べるトリコの場合、この樽が1日に10個は必要ということだ。
 樽はマップのあちこちに置いてあり、周りを青いチョウがヒラヒラ舞っていた。少年は、このシステムに感謝したほうがいいと思う。肉牛1頭からは平均370kgぐらいの肉が取れる。もし樽がなかったら、少年はトリコにエサをやるために、毎日肉牛クラスの動物を2頭ほど倒さねばならなかった! よかったなあ、樽があって。

少年が抱えているのが、トリコのエサとなる樽。
(画像は『人喰いの大鷲トリコ』紹介映像より)

少年が強すぎる!

 『トリコ』でもう1つ驚くのは、少年の身体能力が半端ではないことだ。
 まず、10歳の少年が重量60kgの樽を運べる時点ですごい。10歳男児の平均体重は33kgだから、これは70kgの成人男性が127kgの荷物を運ぶようなもの。しかもアキレることに、この少年、一度に樽を2つ運ぶことさえある! これは大人が一人でピアノを運ぶようなものであり、驚天動地の怪力だ。
 持久力にも目を見張る。ゲームが進行しているあいだじゅう、ずっと走っているか、壁や鎖を登っているか。とにかく、休むことを知らないのだ。

『人喰いの大鷲トリコ』における主人公の少年。
(画像はプレイステーション オフィシャルサイトより)

 高いところから飛び降りても平気である。筆者が確認できたなかでは、廃墟の高いところから飛び降りて、着地するまで1.2秒かかっていた。『トリコ』の舞台が地球とするなら、落下にこれだけの時間がかかる高さとは7mである!

 さらに、少年がトリコの頭に乗っていたとき、トリコが頭を左右に振ったため、ブン回されて、片手で羽毛をつかんだ状態で体が水平になるシーンがあった。心の通った2人がじゃれ合っているようにも見えるが、この光景の実態は、そんな生易しいものではない。振り飛ばされなかったということは、この少年、握力が92kgもあったはずなのだ!

『トトロ』のメイと、どっちがスゴイ?

 大きな動物との心の交流と言うと、思い出すのは『となりのトトロ』だ。

 筆者の測定によれば、この森に昔から住んでいる不思議な生き物は、身長2m53cm体重2.2t。トリコよりは小さいが、体重は、わが国に生息するなかで最大の陸上動物・エゾヒグマの10倍もある! 4歳のメイは、この巨獣が昼寝をしているのを見つけると、怖がるどころか、喜んで接近していった。うひょ~っ、これも筆者にはできません!

『となりのトトロ』に登場するトトロとメイ。
(画像は日本テレビ 金曜ロードシネマクラブより)

 この恐れを知らぬ幼女がもっとも危なかったのは、トトロの尻尾に飛びついた直後。トトロが寝返りを打ったため、尻尾の先端につかまったまま、大きくぶん回された!
 アニメの画面で測ると、メイはトトロの体の中心を回転軸に、半径1.8mほどの円運動をしている。これに、胴の直径が1.5mもあるトトロが転がる運動が加わって「トロコイド」と呼ばれる複雑な曲線を動いたはずだ。おお、トトロでトロコイド

 喜んでいる場合ではない、計算すると、メイが動いた距離は10mにも及ぶ。要した時間は1.8秒。この場合、最高点を通過するときの最大スピードは時速47kmもしここでメイが手を離したら、原チャリならスピード違反となる速度でぶっ飛ばされたはずなのだ。
 同時に、体重の3.7倍、すなわち3.7Gの遠心力を受けたはず。メイの体重を4歳女児の平均と同じ16kgとすると、遠心力の強さは59.2kgだ。彼女は両手でつかまっていたから、その半分の29.6kgの握力が要求されたはず

 いくら心が優しい動物でも、それが巨大な場合は、心を通わせるのに『トリコ』の少年やメイぐらいの超人的な体力が必要ということだ。筆者が『トリコ』や『トトロ』の世界に行ったら、1分ともちません。【了】

プロフィール
理系作家。空想科学研究所の主任研究員として、書籍の執筆を続ける一方で、各地での講演、ラジオ・TV番組への出演など精力的に活動。2007年には『空想科学 図書館通信』の無料配信を始め、現在も継続中。代表作『空想科学読本』シリーズは、現在17巻まで刊行。明治大学理工学部の非常勤講師。
空想科学研究所公式サイト:www.kusokagaku.co.jp
Twitter:@KUSOLAB





  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

SNSで話題の記事

新着記事

新着記事

連載・特集一覧

カテゴリ

ゲームマガジン

関連サイト

脳ゲーマー ヒデヲ
若ゲのいたり

カテゴリーピックアップ