ね、簡単でしょ? 『Rainbow Six Siege』で人質の血を使って屋根を鮮やかに染めたファンが登場

 『Rainbow Six Siege』のサブレディットに、「Thought I’d give the roof a repaint.(私は屋根を塗り替えようと思った)」という文章とともに1枚のスクリーンショットが投稿された。真っ赤な屋根の上にぽつんと座る人質のスクリーンショットだ。

(画像はRedditより)

 このマップはゲーム内では「民家」と呼ばれている。E3 2014で初めて公開された本作のゲームプレイトレイラーで使われた、本作における象徴的なマップでもある。

 スクリーンショット右側の壁を見ても分かるように、これは人質の血糊を使って塗られたものだ。この画像が投稿されたスレッドは大盛り上がり。本作の登場キャラクターのひとりである狙撃手グラズの紹介ムービーの「You know what an artist and a sniper have in common?」(芸術家とスナイパーの共通点はなんだと思う?)というセリフが投稿されたり、「You Monster -100000000」(人質を2回以上負傷させた場合にYou Monsuterという言葉とともにスコアが-100される)と投稿されたりしている。

 また、「ボブ・ロスも誇りに思うだろう」という書き込みに対して、作者のAlbionBoi氏はジャクソン・ポロックの名前を出している。ポロック氏は後にアクションペインティングと呼ばれる表現方法の先駆者として知られている。
 人質を銃で撃ち、その血液でキャンバスを染めるという方法は、アクションペインティングと呼べるのかもしれない。

著者スクリーンショット。

 作者はどうやって屋根の塗替えをしたのかは明らかにしていないが、テロリストハントの人質救出ミッションを利用しているようだ。マップ内のテロリストを排除してから人質を屋根に連れて行く。テロリストハントには時間制限はなく、マップ内で弾薬を補給できるので時間をかければ誰にでもできるのだろうとはいえ、人質を撃ち、少しずつ移動させ、倒れたら助け起こし、稀に襲ってくるテロリストを倒し、弾が切れたら取りに行くという行為の繰り返しは辛い作業となる。

 芸術の秋でハロウィーンも間近に迫っている。あなたも『Rainbow Six Siege』でこの猟奇的な芸術に挑戦してみてはいかがだろうか。

文/古嶋 誉幸

ライター
一日を変え、一生を変える一本を!学生時代Half-Lifeに人生の屋台骨を折られてから幾星霜、一本のゲームにその後の人生を変えられました。FPSを中心にゲーム三昧の人生を送っています。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
電ファミのDiscordでこの記事について語ろう!

関連記事

SNSで話題の記事

新着記事

新着記事

連載・特集一覧

カテゴリ

ゲームマガジン

関連サイト

その他

若ゲのいたり

カテゴリーピックアップ