純白紳士(デスキャノン)「アクションゲームとしても高評価」『バイオハザード4』【ホラゲレビュー百物語】

※画像はWii版です。(バイオハザードポータルサイトより)
※画像はWii版です。(バイオハザードシリーズラインナップページより)

【ゲーム概要】
 ラクーンシティの壊滅から6年後、エージェントとなっていた『2』の主人公レオンが行方不明となっていた大統領の愛娘を追って、ヨーロッパの寒村を訪れる物語。シリーズの親である三上真司氏がディレクションをしており、それまでのシリーズが閉ざされた空間でクリーチャーに立ち向かう抑圧の怖さをまとったアドベンチャーであったのに対し、広いフィールドで意思の疎通できない村人に追われる怖さなど、本作はアクション要素の強いシューティングに変化。武器商人からのアイテム購入やアタッシュケースによる武器所持、QTEの導入など大胆な改革が好評を博した。主人公の肩越しに敵を捕らえるTPSとFPSのあいだを取った画角が、『ギアーズ オブ ウォー』などに影響を与えていることも有名だ。

純白紳士(デスキャノン)のひとことレビュー

 “怖くて先に進めない”ーー購入した当日に起きた出来事でした。それまでの『バイオハザード』をプレイしてきた私が、『4』も当然のようにクリアしようとした矢先のことです。水色の服のおばちゃんが怖すぎて、しばらくプレイできませんでした。挙句、寝ていると夢にまで出てきてうなされる始末…。そんな夜がしばらく続いたある日、悪夢を打ち破ってくれたのはプレイ動画でした。
 巧みなプレイでバタバタと敵をなぎ倒していくレオンを見て、再びコントローラーを握る勇気をもらいました。それでも怖かった私は、いちばん簡単な難易度で攻略本とにらめっこしながら、何十時間もかけてクリアしたのを憶えています。

 そんな私も今ではHP1ナイフクリアーもできるようになりました。最初こそ怖かった『4』ですが、慣れてくるとアクションゲームとしての完成度の高さと、良い意味でB級ホラー映画のような面白さや爽快感、そしてエロスに気づかされます。プレイしていると“ここはみんな大好きなあの映画のオマージュだな”と思い1人でニヤけてしまうことも。

 皆さんもぜひ、怖いもの見たさ、そしてアシュリーのスカートの中見たさに、『4』をプレイして恐怖と面白さを体感してください。

(動画投稿:純白紳士(デスキャノン)さん)

プロフィール
 2009年から現在まで『バイオハザード4』のゆっくり実況プレイ動画『ゆっくりレオンのバイオハザード4』シリーズを投稿中。投稿間隔が毎回延びる呪いに悩まされている。『4』の検証をするのが楽しみ。「僕もまた『バイオハザード4』におどらされただけの犠牲者の一人にすぎないってことさ」。

バイオハザード4

発売年月日開発元/発売元プラットフォーム
2005年1月11日カプコンニンテンドーゲームキューブ
特記事項
PlayStation 2(2005年)、Windows(2007年)、Wii(2007年※『バイオハザード4 Wii edition』)、Playstation 3・Xbox360(2011年※『バイオハザード リバイバルセレクション』に収録、2012年※単品販売)あり

(c)CAPCOM CO.,LTD.2005 ALL RIGHTS RESERVED.

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

新着記事

新着記事

ユーザー協賛プロジェクト

世界征服大作戦

電ファミの記事は協賛者の皆さまの支援によって成り立っています!

世界征服大作戦とは?

電ファミのファンクラブです。ゲームを中心にしながら、ひいてはマンガやアニメなど、エンタメ全般を扱うファンクラブへの成長を目指します。主要メンバーとして、元週刊少年ジャンプの編集長・Dr.マシリトこと鳥嶋和彦氏なども参加。面白いコンテンツによる世界征服を本気で企むコミュニティです。

詳しくはこちら

ピックアップ

連載・特集一覧

カテゴリ

その他

若ゲのいたり

SNSで更新情報をお届け!

カテゴリーピックアップ