Revin「本当に怖いのは“人間関係”なのかも……」『学校であった怖い話』【ホラゲレビュー百物語】

※画像はWiiU バーチャルコンソール版です。(任天堂ホームページより)
※画像はWiiU バーチャルコンソール版です。(任天堂ホームページより)

【ゲーム概要】
 圧倒的なボリュームと個性的なキャラクター、“学校”という身近な舞台設定が受け、好評を博したサウンドノベルタイプのゲーム。プレイヤーは高校の新聞部の新人・坂上修一となり、校内新聞の企画である『学校の七不思議』の取材の聞き手として、ときには学校の怪談を聞き、ときには実際に体験していくことになる。

Revinのひとことレビュー

 「怖いの?」と問われると、素直にうなずくのは難しい。どっちかというと「笑える」ゲームだ。
 本当の恐怖に直面したとき、人は笑ってしまう――というほどのことでもない。作中で語られるエピソードは「そんなことあるわけないだろ」というような与太話が大半なのだが、話を聞いた後、主人公の身にそれが実際に起こってしまうのだ。そりゃ実際に起こられちゃあ、恐れおののくしかない。反則である。ゲームの中にいる主人公は、そうやって餌食になってしまうが、プレイヤーである我々には、さすがに起こらない。だから笑っていられる。

 このゲームの多くを占める「お化け」とか「霊魂」が怪奇の主体であるエピソードなら、それで済むのだが、曲者なのは「いじめ」がテーマのものだ。他の荒唐無稽な話に比べて相対的にリアリティがあるせいか、妙に生々しくて、それをきっかけに起こる怪異は、なんだか笑って済ませられない。ときどき、その犯人にされたりして、後味が悪い。

 本当に怖いのは、やっぱり人間関係なのかもしれず、そこをキチンと組み入れている。このゲームはホラーではなくコメディと呼ばわっているが、一筋縄ではいかない作品だと思う。

(動画投稿:Revinさん)

プロフィール
 ニコニコ動画でさまざまな動画を投稿している。ゲーム実況では「学校であった怖い話に屈しない」で90万再生など。現在では駅探訪シリーズ「ランダム駅」や、VOCALOID動画などを投稿するほか、「Ustream Checker」で生放送をする日々。最近は「クトゥルフ神話TRPG」が非常に盛ん。趣味は将棋観戦。好きなアイドルは一ノ瀬志希。職業はベンチャー企業でスマホアプリ『ミリオンダウト』を開発中。

学校であった怖い話 

発売年月日開発元/発売元プラットフォーム
1995年8月4日パンドラボックス/バンプレストスーパーファミコン
特記事項
PlayStation版(1996年※『学校であった怖い話S』)、スーパーファミコン版(1997年※ニンテンドウパワー)、ゲームアーカイブス版(2007年)、Wii版(2008年※バーチャルコンソール)、Wii U版(2014年※バーチャルコンソール)あり。

(C)PANDORA BOX (C)BANPRESTO 1995

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

新着記事

新着記事

ユーザー協賛プロジェクト

世界征服大作戦

電ファミの記事は協賛者の皆さまの支援によって成り立っています!

世界征服大作戦とは?

電ファミのファンクラブです。ゲームを中心にしながら、ひいてはマンガやアニメなど、エンタメ全般を扱うファンクラブへの成長を目指します。主要メンバーとして、元週刊少年ジャンプの編集長・Dr.マシリトこと鳥嶋和彦氏なども参加。面白いコンテンツによる世界征服を本気で企むコミュニティです。

詳しくはこちら

ピックアップ

連載・特集一覧

カテゴリ

その他

若ゲのいたり

SNSで更新情報をお届け!

カテゴリーピックアップ