ガッチマンが『SIREN2』を語る「楽勝だなと油断していたが、後半で絶望感に打ちひしがれた」【ホラゲレビュー百物語】

画像は【ニコニコ動画】【解説実況】SIREN2をさくさく進めますpart1より
画像は【ニコニコ動画】【解説実況】SIREN2をさくさく進めますpart1より

【ゲーム概要】
 日本の土着・民俗的な恐怖を題材とした3Dアクションゲーム第2作。舞台を日本近海の孤島・夜見島へと移し、怪異に巻き込まれてしまった主人公たちの群像劇が描かれている。敵やほかの人間の視界を盗み見ることで敵から隠れたり、謎を解いたりする「視界ジャック」システムは前作から引き継がれているが、操作するキャラクターによっては単に盗み見るだけでなく、視界をジャックしながら移動ができたり、過去の出来事を見ることができたり、視界ジャックした敵を操ることができたりと、バリエーションも増加している。

ガッチマンのひとことレビュー

 『SIREN2』では主人公たちの中に自衛隊員がいたりもして、前作に比べてプレイヤー側のアクションが強くなっています。だから最初の方では一方的に敵を倒しまくれて「これ楽勝だな」って思うんですよ。でもこのゲームの面白いところは、そうして油断していると、後半で武器が通用しない強敵が出てきて絶望感に打ちひしがれていくんです(笑)。

 特にハンパなかったのが、デカイ顔の犬みたいな敵キャラ(※「闇人乙式」のこと)ですね。

 『SIREN』シリーズって基本的には「視界ジャック」で視界を盗めるので、そこに敵がいることが事前にわかってしまうんですね。だから、「来たら撃ち殺してやろう」という心構えで、ある意味安心して挑めるんです。でも、そいつと初めて対面したときは、そのあまりの見た目のインパクトに仰天しちゃって(笑)。

 犬のような身体に対して顔面が異様に巨大なんですよ。そのくせ正面からじゃ銃が全く効かないんです。そういう意味では、前作に比べて敵キャラがバラエティ豊かだし、なおかつビジュアル面での気色の悪さは強化されています(笑)。

 『SIREN2』は難易度設定もできるので、「2はクリアできた」という声をよく聞きます。とはいえ『SIREN』シリーズは全体的に、あの頃の家庭用ゲーム機の中でもとびぬけて難しいゲームだと僕は思いますね。まあ……インディーゲームまで含めるとなると、世の中にはもっと鬼畜なゲームが一杯あるんですけれど(笑)。

 ちなみに、このゲームには途中で中学生くらいの女の子を助けて一緒に行動する部分があるんです。

 彼女はいわゆるプレイヤーが守らなければいけない存在なんですけれども、実況中、私が手をこまねいている間に、その子が「屍人」を全滅させてたんですね(笑)。中学生なのになぜか頼れる味方みたいになっていたのがおかしくて、とても印象に残ってます。

(動画投稿:ガッチマンさん)

プロフィール
  ニコニコ動画で活躍する実況プレイヤー。ホラー系ゲームを「怖くないように見せる」プレイスタイルが評判。自らを「ゲーム紹介おじさん」と称し、ゲームの良さを前面に出したその実況スタイルは評価も高い。

SIREN2

発売年月日開発元/発売元プラットフォーム
2006年2月9日ソニー・コンピューター・エンタテインメントPlayStation 2
特記事項
廉価版(2007年※『SIREN2 PlayStation 2 the Best』)あり

(C)2006 Sony Computer Entertainment inc.All Rights Reserved.

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

新着記事

新着記事

ユーザー協賛プロジェクト

世界征服大作戦

電ファミの記事は協賛者の皆さまの支援によって成り立っています!

世界征服大作戦とは?

電ファミのファンクラブです。ゲームを中心にしながら、ひいてはマンガやアニメなど、エンタメ全般を扱うファンクラブへの成長を目指します。主要メンバーとして、元週刊少年ジャンプの編集長・Dr.マシリトこと鳥嶋和彦氏なども参加。面白いコンテンツによる世界征服を本気で企むコミュニティです。

詳しくはこちら

ピックアップ

連載・特集一覧

カテゴリ

その他

若ゲのいたり

SNSで更新情報をお届け!

カテゴリーピックアップ