「追跡者が突然現れたとき、恐怖と緊張で頭の中が真っ白に」『DEMENTO』【ホラゲレビュー百物語】

画像はプレイステーション® オフィシャルサイトより
画像はプレイステーション® オフィシャルサイトより

【ゲーム概要】
 錬金術にまつわる狂気を題材とした、アクションアドベンチャー。プレイヤーは謎の古城に拉致された少女・フィオナを操作し、ホワイトシェパードのヒューイと協力して、さまざまな即死トラップや追跡者から逃れつつ脱出を目指す。元々は『クロックタワー』シリーズの続編として制作されており、ゲームシステムや演出などは、同シリーズから受け継いだ部分が多い。

編集部ひとことレビュー

 『DEMENTO』は、ヒューマン、のちにカプコンから発売された『クロックタワー』シリーズの続編として企画され、新作として成立したタイトルという。
 そのためか、『クロックタワー』の最終作『3』と『バイオハザード』シリーズのゲームシステムをどちらからも受け継いでいる作品だ。

 それだけに、遊びやすさはピカイチ。それは没入感の手助けともなり、いつの間にか『DEMENTO』という作品の持つ“ゴシックテイスト”の本格的なサイコホラーに引き込まれていくことになる。

 恐怖のポイントは、『クロックタワー』の血を引く“追跡者から逃れる”怖さ。
 残酷&グロテスクな演出に耐えるというよりも、何者かの追跡から逃れ続けねばならない緊張感と絶望感が、メインに据えられているのだ。
 ほっとひと息ついたところで突然目の前に追跡者が現れたとき、恐怖と緊張で頭の中が真っ白になるだろう。

 広大な屋敷を探索して、集めたアイテムとヒントを組み合わせて謎を解いていく、アドベンチャーゲームとしての質の高さも魅力。
 愛犬のヒューイを活用した仕掛けの突破や敵の排除にも、本作ならではの個性が光る。

 身の毛もよだつ恐怖はもちろん、良質な謎解きを楽しみたい方にもオススメしたい一品なのだ。

(動画投稿:バッカスさん)

DEMENTO

発売年月日開発元/発売元プラットフォーム
2005年4月21日カプコンPlayStation 2
特記事項
廉価版(2006年『デメント カプコレ』)、PlayStation 2アーカイブス版(2015年)あり

(C)CAPCOM CO.,LTD.2005 ALL RIGHTS RESERVED.

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

新着記事

新着記事

ユーザー協賛プロジェクト

世界征服大作戦

電ファミの記事は協賛者の皆さまの支援によって成り立っています!

世界征服大作戦とは?

電ファミのファンクラブです。ゲームを中心にしながら、ひいてはマンガやアニメなど、エンタメ全般を扱うファンクラブへの成長を目指します。主要メンバーとして、元週刊少年ジャンプの編集長・Dr.マシリトこと鳥嶋和彦氏なども参加。面白いコンテンツによる世界征服を本気で企むコミュニティです。

詳しくはこちら

ピックアップ

連載・特集一覧

カテゴリ

その他

若ゲのいたり

SNSで更新情報をお届け!

カテゴリーピックアップ