「稲川淳二の話力についつい引き込まれる」『稲川淳二 恐怖の屋敷』【ホラゲレビュー百物語】

画像は【ゆっくり実況】続ゆっくり怪談聞きませんか?「稲淳 の屋敷」その1より
画像は【ゆっくり実況】続ゆっくり怪談聞きませんか?「稲淳 の屋敷」その1より

【ゲーム概要】
 1998年に発売された『大幽霊屋敷 ~浜村淳の実話怪談~』に続くアドベンチャーゲーム。稲川淳二が語る怪談を聞く、サウンドノベル形式で物語が進む。怪談は、聞くタイプのものはフルボイス、読むタイプのものはテキスト表示になるが、どちらも途中に選択肢は登場しない。

編集部ひとことレビュー

 リリース当時、テレビなどで夏の風物詩と化していた稲川淳二の怪談が楽しめるPlayStation用のソフトです。

 とはいっても、選択肢によるストーリー分岐など、ゲーム的な要素はまったくなく、単純に怪談を楽しむだけのサウンドノベル。
 導入など、要所で稲川淳二の姿をムービーで見ることはできますが、実際の怪談に入ると背景は1枚絵の画像に……。
 肝心の音声も音割れしていて、なんだかかなり微妙な感じがあります。
 それでも再生しているとついつい引き込まれてしまうのは、稲川淳二の話力と、それなりに効果的なBGMのせいでしょうか。

 当時はまだDVDが普及していなかったので、こんなソフトでも一定の存在価値があった…んでしたっけ?
 もし今、彼の怪談を聞きたいなら、素直にDVDを購入した方がいいんだろうなー。

(動画投稿:獅子乙女(♂) さん)

稲川淳二 恐怖の屋敷

発売年月日開発元/発売元プラットフォーム
1999年7月1日ビリケンソフト/ヴィジットPlayStation
特記事項
廉価版(2000年)あり

(C)VISIT/ビリケンソフト 1999

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

新着記事

新着記事

ユーザー協賛プロジェクト

世界征服大作戦

電ファミの記事は協賛者の皆さまの支援によって成り立っています!

世界征服大作戦とは?

電ファミのファンクラブです。ゲームを中心にしながら、ひいてはマンガやアニメなど、エンタメ全般を扱うファンクラブへの成長を目指します。主要メンバーとして、元週刊少年ジャンプの編集長・Dr.マシリトこと鳥嶋和彦氏なども参加。面白いコンテンツによる世界征服を本気で企むコミュニティです。

詳しくはこちら

ピックアップ

連載・特集一覧

カテゴリ

その他

若ゲのいたり

SNSで更新情報をお届け!

カテゴリーピックアップ